親子リンクコーデを上手に楽しむ方法

親子リンクコーデでペアルック!子供とお揃いを楽しもう!

親子リンクコーデをする時に、ママが押さえておきたいポイントを紹介します。素材やアイテム別のリンク方法や、パパも一緒にファッションをリンクする方法、リンクコーデに使えるお店選びを取り上げています。子供も喜んでくれる親子リンクコーデで、お揃いのファッションを楽しみましょう!

親子リンクコーデでペアルック!子供とお揃いを楽しもう!

親子リンクコーデを楽しもう!子供が小さいころしかできない!

親子リンクコーデとは全く同じ服を着るペアルックとは違い、色やアイテム、テイストで親子のファッションをリンクさせることをいいます。

最近ではSNS映えすることもあり、親子リンクコーデを楽しんでいるママと子供の姿をよく目にします。子供が大きくなると親子でリンクコーデをするのは嫌がるようになってしまうので、小さい今しかできないコーデです。

子供が大人になって写真を見返した時に、親子で今しかできないファッションを楽しんでいる姿はいい思い出にもなることでしょう。

親子リンクコーデは子供も喜ぶ

母親と娘がリンクコーデで買い物

親子でリンクコーデをするのは、ママと同じ服を着たり、お揃い風の服を着ることができ、子供も特別な気持ちになりってワクワクして楽しいものです。

なかなか着替えをしてくれないイヤイヤ期の子供も、ママとファッションがお揃いというだけで、スムーズに服を着てくれたり機嫌を取り戻してくれることがあります。

親子でリンクコーデが出来るブランドやお店を探す

店で服を選ぶ親子

親子リンクコーデをするにはアイテムを揃えなければいけません。大人と子供の流行は全く同じではありませんし、似たデザインやアイテムを見つけるのも大変です。

ブランドやお店にとらわれずに、それぞれが好みのお店で親子リンクコーデに使えるアイテムや同系色のもの、素材が同じものを購入することも親子リンクコーデになります。

親子リンクコーデに使えるチェックするべきブランドやお店の特徴を紹介します。

  • ファミリー向けでサイズ展開をしているブランド
  • 親子リンクコーデを提案しているママ向けやマタニティー向けのブランド
  • キッズブランド(小柄なママなら入るサイズ有り)
  • オンライン限定のプチプラのお店

親子リンクコーデは何をリンクさせるかが決め手

親子リンクコーデをする時に、親子で何をリンクさせるかを決めましょう。難しい時はお揃いのアイテムを1か所だけ取り入れて、慣れてきたら色やアイテム、素材とリンクする箇所を増やして、親子リンクコーデをバージョンアップしてみましょう。

親子リンクコーデ初心者は色でリンクしよう

ピンクのシャツで揃える母親と娘

親子リンクコーデの初心者におすすめなのが、色でファッションをリンクさせることです。同じアイテムを持っていなくても、子供のトップスとママのバッグの色を合わせたり、トップスをホワイトで統一してみたり、親子でファッションのどこかに同系色を入れることで、リンクコーデが完成します。

子供の服を購入する時に、ママの好きな色をチョイスすることが多いのではないでしょうか。もちろんママも自分の手持ちの服に親子リンクコーデで色をリンクさせられる同じ色の服があるでしょう。

親子リンクコーデを素材でリンクする方法

親子リンクコーデで、素材を合わせてリンクコーデをする方法です。無理に同じものを買う必要がなく、大人も子供もそれぞれのお店で購入するだけで親子リンクコーデが可能です。特徴のある素材だとよりリンクしていることが分かりやすく、ファッションをコーディネートすることができます。

レースは女の子とリンクコーデしやすい

レースでリンクコーデした親子

春夏の素材で取り入れたいのがレース素材です。トップスやスカート、ワンピース、レースのカーディガンでも素敵です。レース素材は女の子に限られてしまいますが、上手にリンクすることができると可愛い素材です。

カットソーは夏向き

夏はカットソー素材の出番が多くなります。Tシャツやマキシワンピのように、アイテムが違っても素材や色を揃えると、親子で並んだ時にリンクしていることが分かります。

ニットはリンクコーデしやすいアイテム

親子でニット

冬はどのお店やブランドからも、暖かいニットが売り出されます。ケーブル編みのニットやリブ編みのもの、その年によって流行りのニットがありますが、ニット素材というだけで親子でリンクが可能なアイテムです。色を揃えてみたり、編み方やデザインを揃えてみたり、幅広いリンクコーデが可能です。

モコモコ&ファー素材はポイント使いがコツ

モコモコ素材のものや、ファー素材をファッションのどこかに取り入れることで、冬の親子リンクコーデが完成します。同じファー素材のマフラーを付けてみたり、髪飾りや帽子のポイントとしてリンクさせるのもおすすめです。今年はエコファー素材のアイテムも多く出ているので、子供にも取り入れやすいのではないでしょうか。

親子リンクコーデをアイテムでリンクする方法

親子リンクコーデでアイテムを使ってリンクする方法です。普段通りの服装でも、親子でアイテムさえ統一していればリンクコーデが可能です。サイズアウトしにくい小物類なら、服より長くコーディネートに使用することができます。

スニーカーでさりげなくリンクコーデ

スニーカーとファッションを揃えた母と娘

親子リンクコーデのアイテムとして使いやすいものがスニーカーです。サイズ展開の幅広いスニーカーは、親子で揃えることができます。色を揃えたり、デザインを揃えたり、同ブランドの物にするだけで親子でファッションをリンクさせることが可能です。

帽子はひとめでリンクコーデがわかるアイテム

親子リンクコーデの中で、帽子はリンクしていることが一目で分かるアイテムです。メンズライクなキャップは、男の子とのリンクコーデやカジュアルなファッションの時に利用したり、ベレー帽やニット帽で女の子可愛くリンクコーデすることができます。

靴下でさりげなく親子リンクコーデ

上級者はさりげなく靴下にもリンクポイントを持ってきています。ボーダーの靴下や目の引く色の靴下で、さりげなくリンクコーデしています。ママは靴下、子供はハイソックスにするなど、あともう1アイテムリンクさせたい時にも役立ちます。

バッグでもリンクコーデできる

手提げバッグで揃えた親子

親子リンクコーデをバッグでリンクさせるには、ママはハンドバッグ子供はポシェット、男の子ならリュックやサコッシュをリンクコーデに使うことができます。

親子遠足コーデ★子供との遠足を思いきり楽しめるスタイル
親子遠足コーデ★子供との遠足を思いきり楽しめるスタイル

親子リンクコーデをテイストでリンクする方法

親子リンクコーデファッションのテイストでリンクさせる方法です。親子リンクコーデをする時に同ブランドで購入したり、テイストを揃えることで統一感が出て、スッキリとリンクさせることができます。親子リンクコーデのテーマを決めて、それぞれがテーマに沿ったファッションをするだけで親子リンクコーデが完成します。

マリンコーデでさわやかリンク

マリンコーデの母と娘

夏はマリンコーデでリンクしてみてはいかがでしょうか。元気な男の子、女の子にぴったりのコーディネートです。ボーダーやホワイトを入れると簡単にマリンコーデにすることができます。

モノトーンコーデでシックにキメる

白で揃えた親子が一緒に外出

普段からモノトーンが好きな人は、服装もモノトーンが多いのではないでしょうか。ホワイトを多くして爽やかなファッションにしたり、ブラックを基調としてかっこよくコーディネートしても家族でオシャレにまとめることができます。

スポーティーコーデで元気な印象に

男の子のママは、スポーティーなファッションにチャレンジしてみましょう。レギンスが再ブームしていますが、リブレギンスだったり、ラインの入ったスポーティーなレギンスも多く出ています。オーバーサイズのトレーナーやパーカーと合わせたり、スポーツブランドを活用してみるのもいいでしょう。

親子リンクコーデの性別で変わるポイント

親子リンクコーデで男の子、女の子と性別によってプラスしたいポイントを紹介します。頭に入れておくだけで技ありな親子リンクコーデになりますので、ぜひ試してみてください。

親子リンクコーデ女の子とリンクする時のコツ

女子アイテム満載の親子リンクファッション

親子でリンクコーデをする時に、女の子とのリンクコーデは女子全開のファッションが可能です。ワンピースやスカートのような、女子アイテムをふんだんに使うことができます。

男の子には難しいレースフリルやビジューの付いた洋服を選ぶことができるのも、女の子のママならではのものです。女の子とのリンクコーデには、どこか女子らしさが入った洋服を選んで親子リンクコーデをしてみましょう。

親子リンクコーデ男の子とリンクする時のコツ

親子リンクコーデで男の子とリンクコーデをする場合は、どうしてもメンズライクなファッションになりがちです。そこで、ママは1アイテム甘めのものをプラスして、リンクコーデに女性らしさを足しましょう。

例えば、親子リンクコーデのアイテムにカーキーのブルゾンやパーカーをトップスに選んだ時は、ママはプリーツスカートやチュールスカートで甘めをプラスします。親子で合わせてデニムを履くのとは違い、柔らかい雰囲気が加わります。カジュアルでもヒールを履いてみたり、何か1点、甘めアイテムをプラスして男の子との親子リンクコーデを楽しみましょう。

パパも親子リンクコーデに挑戦しよう

親子リンクコーデにパパも挑戦してみましょう。パパとのリンクコーデだと、特に男の子の場合リンクさせやすいです。お出かけ、公園、テーマパークと何かテーマを決めて親子リンクコーデをすると、パパも喜んで挑戦してくれるのではないでしょうか。

親子リンクコーデでパパとはTシャツでリンクする

親子リンクコーデでパパが手を出しやすく、扱いやすいアイテムがTシャツです。子供とTシャツのデザインを揃えたり色を揃えて購入しておけば、普段服に無頓着なパパでも親子リンクコーデが完成します。

ボーダーTシャツは取り入れやすい

親子リンクコーデで笑顔でママを見る子供

親子リンクコーデでリンクしていることが分かりやすく、家族でも取り入れやすいのがボーダーです。Tシャツやニットなど、年間を通して取り扱いもあり、手に入れやすさもおすすめです。

デザインTシャツもお揃いならいける!

親子リンクコーデでデザインTシャツは、子供も喜ぶデザインを選んでカジュアルなテイストで合わせると、親子で可愛くコーディネートすることができます。

親子でリンクコーデをする時はキャラクターのTシャツをチョイスしてもママもパパも気兼ねなく着ることができます。

白Tシャツでさわやかコーデ

親子リンクコーデを爽やかに合わせるなら、白Tシャツがおすすめです。服装のテイストが違っても家族で合わせることができますし、着回しもききます。それぞれにチェックシャツやブルゾンでアレンジを加えるとオシャレを楽しめます。

親子リンクコーデパパの手持ちのデニムでリンクする

デニムでリンクする親子のファション

親子リンクコーデをする時に、ブランドやお店に関係なくリンクすることができる代表的なアイテムがデニムです。パパがデニムパンツ、子供がデニムワンピース、ママがデニムシャツなど、リンクできる幅も広く、デニムを持っている人も多いので買い足す必要もなく、自宅にあるもので可能なリンクアイテムです。

親子リンクコーデでテーマパークを楽しもう

親子リンクコーデや家族でリンクコーデをしてテーマパークへ行けば、思い出もSNS映えもバッチリです。普段は全てお揃いのコーデが恥ずかしいパパも、テーマパークという場所では親子リンクコーデなら気兼ねなくできるのではないでしょうか。

大人になったら家族でお揃いや、リンクコーデは難しくなります。テーマパークや遊園地で、今しかできない親子リンクコーデを楽しんでみてはいかがでしょうか。

親子リンクコーデをする時に気を付けること

親子リンクコーデをする時に気を付けること、すぐに成長してしまう子供の服のサイズアウト問題や、親子や兄弟でリンクコーデをする時に注意したいことがあります。服やアイテムを購入する時に頭に入れておきましょう。

親子リンクコーデで兄弟や姉妹の服は色違いがマスト

親子リンクコーデをする時に、兄弟や姉妹はお揃いアイテムが多くなります。兄弟でお揃いやリンクコーデをする時に、同じアイテムは色違いでの購入がおすすめです。

お兄ちゃんのおさがりが数年後に弟にまわってくる場合、弟は同じ服を何年も着続けることになります。できれば新鮮さが出るように、同じデザインでも色違いを購入しておきましょう。

親子リンクコーデは大人に合わせすぎると違和感が出る

大人と同じ帽子を被る子供

親子リンクコーデで失敗しがちなのが、大人の服ファッションに子供が合わせすぎて違和感があることです。トレンドのアイテムだからと取り入れても、大人っぽすぎるアイテムを子供が着ると違和感があります。

親子リンクコーデの良い点は、同じものを着なくてもファッションがリンク出来ることです。無理に大人のファッションに合わせずに、素材や色でリンクさせて、子供には子供らしいファッションを心がけた方が可愛くリンクコーデができるのではないでしょうか。

親子リンクコーデのサイズアウトの悩みは流行で解決しよう

親子リンクコーデにはサイズアウトという、リンクコーデができる期間が限られているという悩みがついてきます。せっかく親子でリンクコーデを楽しむために服を用意したのに、子供の成長が早くすぐにサイズアウトしてしまうことも多いのではないでしょうか。

サイズアウトしてしまうことを最初から踏まえて、親子リンクコーデに使うアイテムには流行を取り入れたものをおすすめします。子供の成長と流行の移り変わりのサイクルを合わせてしまえば、サイズアウトしてしまったけれど、流行も終わったからと手放すことができます。

姉弟コーデのコツ!さりげなくおそろいにするテクニック
姉弟コーデのコツ!さりげなくおそろいにするテクニック

親子リンクコーデで楽しく思い出を作ろう

親子リンクコーデは、毎日のファッションを親子で楽しむことで絆も深まります。大きくなると親子でリンクコーデやお揃いのコーディネートをすることは難しくなりますし、ママやパパのミニチュア版のファッションはそれだけで可愛いものがあります。

SNS映えはもちろんですが、写真に残すことで将来子供と一緒に更に見返した時にも楽しめるのではないでしょうか。

おすすめコンテンツ