お礼の電話のかけ方の疑問を解決

お礼の電話はいつどうかければ良い?失敗しない電話の仕方

お礼の電話はいつどうかければ良い?お礼の電話のかけかたの例、留守番電話に繋がった時の対応方法を紹介します。相手や用途に合わせてお礼の仕方を選択しよう。電話が苦手な人でもポイントをおさえれば上手く電話がかけられるようになります。相手が心温まるようなお礼が出来るようになりましょう。

お礼の電話はいつどうかければ良い?失敗しない電話の仕方

お礼の電話はいつどんなときにどうかければ良いの?

相手が心を尽くしてしてくれたことに対してお礼をしたい時、失礼のないようにする為にはどのようにすれば良いのか悩んでしまうことがあるのではないでしょうか。お礼をして相手に不快に思われてしまっては勿体ないことです。

お礼をする相手が心温まることが出来るように、相手と自分の関係を考え、お礼の電話で感謝の気持ちがしっかり伝わるような、失礼のない電話のかけ方をしなければいけません。

どんな時にお礼の電話をかけるべきなのかの目安

どんな時にお礼の電話をかけるべきなのでしょうか。贈り物を頂いた時や、おもてなしを受けた時等にお礼の電話をかけることが普段から習慣になっている人も居れば、電話は苦手で出来れば避けたい、どうかけて良いのかが分からないという人もいます。

お礼の電話をする際の目安

  • お中元やお歳暮が届いた
  • 相手のお宅へ伺って帰宅した時
  • 子供の入学祝や誕生日プレゼントをもらった
  • 出産祝いをもらった
  • 財布を落として拾ってもらった

お礼の電話をする境界線か分からない場合もある

お辞儀をする女性

直接お礼をしているのに、再度お礼の電話が必要なのか、親しくない遠い親戚にもお礼の電話は必要なのか、どんな時にどこまですれば良いのか境界線が分からないという人もいます。

何度も何度もお礼を言って相手に時間をとらせるのも良くありません。些細な物を受け取っただけなら、その場のお礼だけで十分です。丁寧も度を過ぎる面倒くさい人になってしまいますので気を付けましょう。

お礼の電話をすべきか悩むケース

  • 法事等の親戚の集まりで帰る時にお礼を言い、帰宅後もう1度お礼の電話をかけるべきなのか
  • 直接手渡しで贈り物をもらってお礼をしたが、再度電話でのお礼は必要なのか
  • 母を経由して母の友人から子供にプレゼントをもらった際は、お礼の電話は必要なのか

お礼の電話について受ける側はどう思っているのでしょうか

お礼をして欲しいということより、贈り物が届いたのか、遠方の自宅へ無事に帰宅出来たのかなど、電話には確認の意味が含まれています。しかしながら、親しい仲ではない場合、わざわざ電話をもらっても話の内容に困るという意見もあります。

お礼の電話を受けた側の気持ち

  • 常識のある人、礼儀正しい人だと思う
  • 贈ったものが無事に届いた、相手が無事に帰宅できたと安心出来る
  • 面識がない、特に共通の話題のない人からの電話は話が続かず困る

お礼の電話をするときは相手との関係を考えよう

お礼をする相手が親戚なのか、友達なのか、会社関係や年配の方、普段から付き合いのある方なのか、自分や家族にとってどんな仲なのかによってお礼の仕方も代わってきます。今後の付き合いもありますので、しっかり見極めて相手に失礼のないようにしましょう。

夫の仕事関係は夫本人が電話をかけるのが良い

電話するビジネスマン

夫の仕事の関係の人にお礼の電話をする場合は、夫にかけてもらいましょう。自分がお礼の電話をする場合は、必ず夫に確認し、先方には「○○の家内です」と名乗るようにしましょう。

親戚に電話する時は周りの兄弟に確認しておこう

親戚にお礼の電話をかける時は、兄弟や周りに「こんな時お礼の電話をしている?」と予め確認をしておきましょう。自分の家庭だけがお礼をしている、お礼をしていないということにならないように、周りと合わせた対応が出来るようにしましょう。

普段からメールやLINEでやり取りしている仲

メールを見て笑う女性

友人等で普段からメールやLINEで連絡を取り合う仲なら、改まって電話でお礼をしても相手に驚かれることもあるでしょう。メールやLINEだと相手も時間が空いた時に読むことが出来ますし、きちんとお礼を伝える文章であれば気持ちも伝わるでしょう。忙しい時間に電話だと迷惑かと思って、メールやLINEにしたよと言うことも伝えておくと、より丁寧です。

紛失物を拾って貰った等の面識のない人へのお礼

財布や携帯を拾って貰ったり、紛失物を拾って貰った面識のない人へのお礼は、電話か礼状でお礼の気持ちを伝えましょう。面識がない分、相手の生活スタイルや都合が分かりませんので、長々と話すことはやめ、お礼の用件だけしっかり述べるようにしましょう。実際は菓子折り等のお礼を送る為に住所を聞いても個人情報なのでなかなか教えて頂けず断られることも多いです。

お礼の電話に対しての捉え方は育った環境に左右される

お礼の電話は当たり前だという人もいれば、特に重要に捉えていない人もいます。捉え方は育ってきた環境によって変わります。相手がどんな環境で育った、どんな環境にいるかは完全には分かりませんが、いつもきっちりされている親戚にはお礼の電話をしよう。仲の良い友人はメールでお礼を伝えよう。タイプによってケースバイケースで考えましょう。

お礼の電話は先延ばしせずに当日か翌日までにしよう

笑顔で電話する女性

お礼の電話はいつまでにすれば良いのでしょうか。自分の予定や時間帯を考えすぎて電話をかける時間が作れず、だらだらと長引かせているとタイミングを逃し、余計に電話がかけづらくなってしまいます。

当日か翌日までに、お礼の電話はすぐに済ませるようにしましょう。すぐにお礼を言われた方が何についてのお礼なのかもハッキリしていて相手にも伝わります。

電話をかける時間帯は何時くらいがベスト?

電話をかける時間は、基本的に電話をする相手の生活リズムを考えてかけましょう。忙しく手が離せない夕飯時間は避け、午後8時頃~遅くても9時頃を目安にかける人が多いです。

小さな子供のいる家庭は早めに就寝することも考えられますので、配慮して電話をかけましょう。あまり遅い時間に電話が来ると、緊急の電話や訃報ととらえる人も多く迷惑になります。

お礼の電話をかける時に話す順番と頭に入れておくポイント

電話の順番

電話をかけてからの流れや、お礼を伝えるポイントを頭に入れておきましょう。電話が苦手な人もポイントさえ押さえてしまえば、後は相手の返答に答えると会話が成り立ちます。

お礼の電話をする流れ

  • 相手を確認(必ずお礼を言いたい本人が出るとは限りません)
  • 挨拶
  • 自分の名前を名乗る
  • 相手の都合の確認
  • お礼を伝える
  • 近状報告や安否の確認
  • 電話を切る前の挨拶

ポイントを踏まえたお礼の電話のかけ方の例

ポイントを踏まえて実際の会話に置き換えてみましょう。大まかに話す内容を頭に入れておくと会話に困らず、具体的な内容を入れると事務的な印象を避けられます。

○○さんのお宅でしょうか?
こんばんは。夜分遅くにすみません。
△△と申します。
今、お時間大丈夫ですか?
この度は~なものを頂きましてありがとうございました。
家族も喜んでおります。(具体的な内容)
そちらは皆さまお元気にされていますか?(こちらの近状や具体的な内容)
それでは失礼致します。

お礼の電話をする前に用件をメモしておくと話困らない

ノート見ながらスマホで電話する女性

気の知れた仲ではない場合、顔の見えない電話は多少なりとも誰もが緊張をするものです。緊張して会話が続かなかったらどうしよう、恥をかいてしまうことになったらどうしようと考える方もいるでしょう。用件をメモしておくと緊張で言葉が出てこなくても、伝えることを確認することが出来ます。

子供に贈り物をもらった時は子供に電話をかわる

入学祝いや誕生日のプレゼント等、子供に贈り物をもらった時は、子供に電話を替わるとよりお礼を伝えられます。話の出来る歳になっているのであれば、事前にお礼の電話をするから「ありがとう」と伝えてね。と子供と話をしておきましょう。

特別な話をする必要はなく、贈り物をもらった本人がお礼を伝えることに意味があります。実際に筆者も子供時代にお礼の電話をかけたことがあります。今思うとなかなか会う機会の少ない祖母や叔母は電話で成長を感じることもでき、喜んでくれていました。

お礼の電話をかけたら留守番電話だった時の対応

お礼の電話をかけた時に、相手が不在で電話に出ないと留守番電話に繋がることがあります。特に自宅の電話にかけると留守番電話に繋がる可能性は高いのですが、留守番電話は録音時間も限られていますし、どうしたら良いのかとっさに判断できる人も少ないでしょう。慌てないよう、不在の時は留守番電話になることを頭において電話をかけましょう。

留守番電話になったら必ず伝えるべきこと

伝言をメモする女性

留守番電話は録音出来る時間が限られています。あれもこれも話だすと途中で切れてしまいます。留守番電話に繋がった時は、「名前」+「お礼」+「改めてお電話します」と言うことを残しておきましょう。その時に必ず忘れてはいけないのは「名前」です。相手の方が折り返し電話をしようと思っても相手が誰なのか分からなければ困ってしまいます。「○○です。先日は~ありがとうございました。お留守でしたのでまた改めてお電話させて頂きます。失礼します。」贈り物を頂いた時は「受け取りました」と言うことが分かるようにしましょう。

留守番電に改めてかけ直しますと入っていても、ほとんどの人が折り返しの電話をかけてきます。本来はこちらからかけるべき電話ですので、会話が長くならないように配慮が必要です。

お礼の電話をかけるのが苦手な人は比較的多い

今はメールやLINEが主流になっている時代ですので、わざわざ番号を押して電話をかけることもすくなく、年配の方と比べると電話をするという経験が少ないです。友人にかける電話とは違い、改まってお礼の電話となれば少し苦手意識を持つ人もいるでしょう。

電話が苦手でも話すのは数分です

電話するか迷う女性

電話は緊張する、苦手だと思っていても実際に電話で話をしている時間は数分です。お礼の電話をかけなくてはいけないな…と憂鬱な気持ちでいるより、早めに終わらせてすっきりさせた方が良いのではないでしょうか。

電話は一方的に話すだけではなく、かけてしまえば相手からの言葉に答えれば良いので、考えているよりも意外と簡単に終わるものです。

お礼の電話を避けて通れないのなら慣れてしまおう

大人になると、お礼の電話をするということは避けては通れないものです。お礼の電話一つで関係が良好に続けられるのであれば、かけないよりはかけた方が良いでしょう。苦手な人も避けて通らずに、回数をこなして少しずつ慣れていけるようにしましょう。

お礼を伝える方法は電話だけではないので相手によって使い分けよう

お礼を伝える方法は電話以外にも何通りかあります。相手によっては失礼に思われることもあるのでお礼を言う相手との関係を考えた上で、お礼の方法を選択しましょう。

  • 直接会って伝える、次回会った時に伝える:近くに住んでいて会う機会がある、近々会う予定がある人
  • 電話をかける:親戚や、普段からやり取りのある親しい仲の人
  • メールを送る:親しい友人や、年齢の若い方向きです
  • お礼状・手紙を送る:かしこまった間柄や遠方に住んでいて会う機会の少ない人

本来お礼は電話ではなく礼状でするものです

便箋と封筒とボールペン

本来、お礼は礼状でするものです。メールでお礼なんて非常識だと言う意見もありますが、電話でお礼をすることも略礼とされていますので、相手によっては失礼と取る方もいることでしょう。

時代の変化により、礼状から電話へ電話からメールへと変わって行き、現代では電話でのお礼やメールでのお礼が多くなって来ていることも確かですが、お礼の仕方が変化したと捉えずに、選択肢が増えたと考えましょう。

お礼をする相手が時代と共にお礼の仕方についての考えが変化していることは少なく、年齢や育った環境、今の環境、様々なパターンが考えられます。ケースバイケースで対応できるようにしましょう。

現代風にメッセージ入りのはがきやカード

デザインカードで礼状を出す

改まりすぎた書状でお礼を伝えるのは堅苦しいという人は、メッセージ入りのはがきやカードでお礼を伝えている人います。電話だと相手に時間を使わせてしまう点がありますが、手紙で届けば相手もさらっと読むだけで済みますし、お礼も伝えることが出来るので、相手のことを考えた日本らしいお礼の仕方と言えます。ありがとうというお礼の他に具体的な内容を一言添えるとより印象に残ります。

お礼は形より気持ちが伝わることが大事

お礼の仕方が違っても「ありがとうございました」と気持ちが伝わることが1番大切です。例えば贈り物をもらった場合、少なくともその贈り物を選んでいる数分は、自分のことを考えながら選んでくれています。そんな風に自分の元に届いた贈り物なので、相手の方に対して大切な時間を自分に使って選んでくれてありがとう。という思いでお礼が出来れば素敵です。形にとらわれ過ぎて本来の目的である感謝の気持ちを伝えることを忘れないようにしましょう。

お礼が電話であれ手紙であれ本来お礼は心温まるもの

本来お礼をされると喜んでくれていると感じ、心温まるものです。古い考えも根強く残っていますが、お礼の仕方が違うとか、非常識であるとか、相手を評価することや批判することは違います。

お礼を電話や手紙でする相手は、親戚関係が多いのではないでしょうか。親戚付き合いは面倒?夫の親戚と上手く付き合うコツを参考に、より良い関係を築いていきましょう。

お互いが良い関係を続けれるように相手が心を尽くしてしてくれたことに対して、背伸びする必要はなく自分なりの感謝を伝えることが出来れば良いのではないでしょうか。

おすすめコンテンツ