写真からカレンダーを作ってみよう

写真からカレンダー作りにチャレンジ!5つの作り方

写真からカレンダーを作ってみませんか?無料で作ることのできるアプリやテンプレートがあり、簡単にカレンダーを作成することができます。プロにお願いしても低価格で作れるので便利です。自分で写真からカレンダーを作る場合、いくつかの方法がありますので、ぜひ試してみてください。

写真からカレンダー作りにチャレンジ!5つの作り方

写真からカレンダーを作ろう!完全オリジナル!

写真でカレンダーを作りませんか?1年間撮りためた家族写真から翌年のカレンダーを作り、自分たちだけではなく、おじいちゃん、おばあちゃんにプレゼントすると喜ばれることでしょう。

子供が生まれると、本当に毎日が記念日だらけです。はじめてママと言ってくれた日、パンを食べた日、公園デビューした日、遊泳んちや動物園にいった日など、毎日の生活の中にたくさんの記念日が増えていくのです。

せっかく撮影した写真なのですから、現像してアルバムに整理したり、写真立てに飾るだけでは非常にもったいないです。そこでおすすめするのが「カレンダー」にする方法です。

年末になると企業が自社のカレンダーを作って得意先に配りますが、企業だけではなく、個人でもカレンダーを作ることができます。子供の写真や家族全員の記念写真、思い出の場所の風景、ペットの写真など、どんな写真でも手軽にカレンダーにできますので、一度試してみてはいかがでしょうか。

 写真をカレンダーにするメリットとは?

写真からカレンダーを作るのは難しいことだと思っていませんか?子供や家族、ペットの写真などをスマホやアルバムの中に閉じ込めておくのではなく、カレンダーにすることでいつでも目の留まるアイテムに変身します。一度オリジナルカレンダーを作ったら意外と便利なアイテムだったと、毎年作成しているという人もいます。さて、写真をオリジナルカレンダーにするメリットとは、どんなことなのでしょうか。

メリット1.日常の写真が特別なアイテムに変身する

家族でアルバムの写真を見る

子育て中はなにかと写真を撮影する機会も多いので、自然とスマホやデジカメの中に保存されているデータが増えてきてしまいます。「とりあえず撮影しておけばいつか確認するだろう」「あとでまとめて現像すればいいや」となり、たまに時間が空いた時にカメラフォルダをチェックしたり、アルバムを見返す程度になってしまう場合も珍しくはありません。

でも、子供や家族の写真を用いてカレンダーを作ってお部屋に飾っておけば、お気に入りの写真をいつでも確認することができます。日常の何気ない写真が特別なアイテムに変わるのは嬉しいです。

写真の整理もできる

とりあえず撮って放置していた写真を整理するチャンスでもあります。同じような写真が何枚もある場合、カレンダーにする画像を選びながら、データの整理ができます。不要だと思われる写真は削除し、残しておきたいデータはデータ媒体に保存しておきましょう。

メリット2.世界でひとつだけのアイテムができる

幼稚園の園児の写真を貼ったカレンダー

大切な我が子や家族、ペットの写真を使って作ったカレンダーは、世界でたったひとつだけのアイテムです。日付の確認やスケジュール記入目的だけならば、市販のカレンダーを購入した方が手間もお金もかかりません。しかしながら、写真入りのオリジナルカレンダーを作る目的は、ただの日付確認だけではありません。手間と時間やお金をかけてでも、家族だけのアイテム、世界でたったひとつだけのカレンダーができるのは、とても喜ばしいことです。

メリット3.カレンダーは実用性が高い

「家族だけのオリジナルアイテムをなにか作りたい」「記念になるアイテムって、何かないかしら?」と迷っているパパやママには、オロジナルカレンダーをおすすめします。

特注でオリジナルアイテムを作ったけれども、なかなか使う機会がないとなるのはとても残念です。世界に一冊だけの写真集を作ったけれど、1年に1回見る程度でしまい込んでいて残念、というケースも珍しくはないでしょう。

オリジナル性と実用性を兼ね備えた「カレンダー」ならそんなことはありません。自分たちで撮った写真入りのカレンダーなら、写真を飾る・スケジュール管理という2つの目的を同時に叶えられます。

カレンダーは実用性のあるアイテムなので、使わないでどこかにしまい込んでしまった…なんてことにもなりません。常に壁にかけておいたり立てかけておけるアイテムなので、無駄にはならないでしょう。

写真の飾り方8選!簡単アレンジで壁を楽しく飾ろう
写真の飾り方8選!簡単アレンジで壁を楽しく飾ろう

メリット4.プレゼントとして喜ばれる

オリジナルカレンダーを見て喜ぶ祖父と祖母

写真入りのオリジナルカレンダーは、自宅で使うだけではなく「プレゼント」にも喜ばれます。離れたところに住むおじいちゃんやおばあちゃんに、是非カレンダーをプレゼントとして贈ってあげましょう。

寝室やリビングなどに飾ってもらえば毎日孫の姿を見れることができますし、さらに実用性もあります。1か月ごとに写真が変わるタイプのカレンダーにすれば、「次はどのような写真が出て来るのかな?」という楽しみも生まれます。カレンダーで子供の成長過程も分かりますし、使い終わっても孫の成長記録として残しておくこともできます。

オリジナルカレンダーは高価なものではないので、贈る方も贈られた側も気を遣わなくて済みます。どのようなプレゼントをあげたらよいのか毎回迷ってしまう人は、毎年カレンダーをプレゼントしてみてはいかがでしょうか。目に入れても痛くないほど可愛い孫たちのカレンダーは、きっとおじいちゃんとおばあちゃんたちに喜ばれます。

メリット5.作成料金もお手頃

写真入りカレンダーはお手頃価格で作成することができるので、負担にはなりません。スクエアタイプやポストカードタイプなら2,000円以下で作成できるものがほとんどですが、A3サイズの壁掛けカレンダーの場合は2,980~3,980円程度で作成できます。

両親の誕生日や母の日、父の日など、一年を通してプレゼントを準備する機会は意外と多く、喜んでもらえるのは嬉しいけれども、プレゼントを準備するのは出費もかかります。カレンダーはお手頃価格ですし、1年に1度プレゼントすれば済みますので、是非プレゼントの候補に加えてみてはいかがでしょうか。

オリジナルカレンダーには、上記のメリットが揃っています。自宅用はもちろん、プレゼント用としても活用できるので、カレンダーは意外と便利です。

けれども、作成に時間や手間がかかるのは、子育て中は避けたいと思うママもいるでしょう。どうしても子供に手が掛かってしまうので、それ以外のことは効率よく済ませてしまいたい気持ちもわかります。パソコン作業に慣れている人であれば比較的簡単にカレンダーを作ることができますが、そうではない場合でも、簡単に写真からカレンダーを作る方法を紹介していきましょう。

子供写真の撮り方を覚えよう!スマホで上手に撮るコツは?
子供写真の撮り方を覚えよう!スマホで上手に撮るコツは?

 写真からオリジナルカレンダーを作る方法

写真入りのオリジナルカレンダーはどのように作成したらよいのでしょうか?大きく分けて5つの方法がありますので、自分に合った方法でカレンダーを作成してみましょう。

1.無料テンプレートをダウンロードする

無料テンプレート

写真からカレンダーを自分で手軽に作成してみたいという人には、無料のテンプレートをダウンロードする方法がおすすめです。インターネットで「写真 カレンダー 無料テンプレート」と検索すると、たくさんのテンプレートがヒットしますので、その中からお気に入りのものを選んで作成してみてください。お気に入りのテンプレートさえ見つかれば、簡単な操作で作ることができますのでおすすめです。

自宅用に試しに作成してみたい、自分の好きなときに作ってみたいという人は、インターネット環境さえあれば作れる、無料テンプレートを使う方法をお試しください。ただし、自宅のカラープリンターで印刷するので、精度によっては画質に影響がでる場合があります。その場合、「高画質」や「写真プリント」で印刷してみましょう。

2. Wordで作る

Wordは文章を打つためだけのソフトではありません。実はカレンダーも作れてしまう優れものです。ExcelやPowerPointではハードルが高くても、比較的Wordは使いこなせるという人も多いです。そこで、Word2016を使ったカレンダーの作成方法をまとめてみました。

wordでカレンダー作成手順1

wordでカレンダー作成手順2

wordでカレンダー作成手順3

wordでカレンダー作成手順4

wordでカレンダー作成手順5

Word2016のカレンダーの作成方法

  • Wordを開いて新規作成モードにする
  • 「挿入」タブの「表」の下部にある「クイック表作成」をクリックし、「カレンダー」を選択する
  • 作成したい月に合わせて「月」の部分を変更
  • 1日と2日を段落番号を使って「1.」「2.」を入れる
  • 「3.」を入れる箇所から下のマスを全選択して、再度、段落番号の「続き」設定するとマスの最後まで通し番号が入る
  • 段落番号の下部にある「新しい番号書式の定義」からドットのみを削除すると番号のみの表示になる
  • 不要な日付を削除し、(土)(日)(祝日)に色付けする
  • 挿入したい画像をドラッグして入れる
  • タイトルや記念日などをテキストで追加する
  • 作成したカレンダーを保存をして印刷すれば完成

※Wordのバージョンによって、ツールの表記や手順が違います。

スマホの中に入っている写真を使いたい場合は、1度スマホからパソコンに写真データを移しておいてください。Wordを使ってカレンダーを作る方法は、Wordがあまり使いこなせなくても、設定と画像編集程度ですのでそれほど難易度は高くありません。ExcelやPowerPointの場合、テンプレートが豊富にありますので、使える人は挑戦してみましょう。

3. 写真屋に直接出向いて注文する

写真屋に出向いて、写真からオリジナルカレンダーを作ることもできます。近頃は写真屋にセルフの注文機があり、スマホやデジカメ内の写真データを現像したり、年賀状やシールなどさまざまなアイテムを注文することができます。

写真屋に直接出向いてカレンダーを注文するのは、足を運ぶという手間と時間がかかってしまいますが、スタッフが常駐していますので分からないことをその場で解決できますし、間違いなく注文することができます。

あまり普段からパソコンを使わない人や、はじめて写真入りカレンダーを作るという人は、写真屋に直接出向いて作成してはいかがでしょうか。

4. 写真屋の公式ホームページからネット注文する

ネット注文する主婦

インターネットの普及により、自宅でも直接お店に出向くのと同じようなサービスを受けられるようになりました。日常的にインターネットを使う人は、いつでもどこでも注文ができる公式ホームページからのネット注文がおすすめです。

初回は氏名や住所の登録、クレジットカードの手続きなどが必要となるので少し時間がかかりますが、2回目以降の利用はすでに登録されている情報がありますので、注文手続きも簡略化されます。カメラ業界も厳しい価格競争が進んでいますので、値段を比較した上で、お気に入りのサイトを見つけてください。

5.写真入りカレンダー作成アプリ

さまざまなアプリが開発されている世の中ですから、当然アプリで写真入りのオリジナルカレンダーを作ることができます。アプリは無料でダウンロードできる場合がほとんどで、カレンダーだけではなく、写真集やポストカードなど、色々なアイテムを注文することができます。

1度アプリをダウンロードしておけば、2回目以降の注文がとても楽になります。アプリでのカレンダー作成なら、手間をかけないでクオリティの高いものが作れます。

プレゼント用のカレンダーでクオリティの高いものを作るなら、やはりプロに任せるべきでしょう。写真屋のカレンダーは、自宅でカラープリントしたものと比較して発色の良さが全然違います。

写真でシールを作ろう!スマホの中の写真を簡単にシール化
写真でシールを作ろう!スマホの中の写真を簡単にシール化

 現役パパ・ママのカレンダー活用法

家族写真をスマホで撮る一家

絶賛子育て中のパパやママたちは、家族写真を使ったオリジナルカレンダーをどのように使っているのかまとめてみました。

  • 両親の誕生日に、毎年孫との4ショットの写真を使ったカレンダーをプレゼントしている
  • 自宅にオリジナルカレンダーを飾ってみんなで眺めながら楽しむ
  • 子供が自分の写真が写っているカレンダーを興味深く眺めて何月何日かを確かめる習慣ができた
  • 毎年一部余分に作って将来的に子供にプレゼントする予定
  • カレンダーを子供部屋に貼ってコレクションにしている
  • 子供達一人一人の写真入りカレンダーを作ってそれぞれの予定を管理している
  • 写真があることですぐに誰の予定なのかが分かるから間違えることもなくとても便利

このように、オリジナルカレンダーはそれぞれのご家庭で、さまざまな活用をされているようです。普段使いできるアイテムが世界でひとつだけのオリジナルアイテムなのは、何だか嬉しい気持ちになります。

 写真から世界でたった1つのカレンダーを作ろう

いかがでしょうか?今回は「写真からオリジナルカレンダーを作る」というテーマでお話しました。スマホやアルバムの中に写真をしまっておくのではなく、カレンダーをオリジナルのアイテムとして、自宅用だけではなくプレゼント用として作ってみましょう。

世界でたった1つのカレンダーを作って、家族みんなで眺めながら楽しんではいかがでしょうか。写真屋で簡単に作れますし、インターネットを通していつでもどこでも注文ができるので便利です。カレンダーは一年を通して使えるアイテムなので、興味がある人は是非一度、作成してみてください。

おすすめコンテンツ