勉強がはかどる部屋を考える

勉強部屋の理想の形とは?子供のやる気を引き出す部屋作り

「勉強がはかどる部屋を手に入れたなら、無理なく毎日の学習が出来るのでは?」勉強部屋を作ろうと思い立ったとき、そんな風に考えてしまう人は少なくないと思います。勉強に集中出来て、効率が上がる部屋なんてあるのでしょうか?勉強のための部屋をどのように考えたら良いのか、詳しく解説します。

勉強部屋の理想の形とは?子供のやる気を引き出す部屋作り

そろそろ1人の勉強部屋が必要だな…と思ったら

来年には小学校に上がるし、そろそろ本格的に勉強をさせたい。そのためには部屋が必要だよね…。大半の家庭で、子供の勉強部屋について考える日々がはじまります。どうせ用意するのなら、パーフェクトな勉強部屋を作りたいですよね。

でも、学習机を用意して、その次に何を考えれば良いのか分からない。勉強部屋って一体どんな風にレイアウトしてあげればいいの?そんなお悩みの方のために、勉強部屋を考える上で大事なポイントをまとめてみました。

最近はリビング勉強するのが良いと言われている

小学校低学年の時期はリビング学習がメリット大

近年の流行りなのか、それとも実際に効果があるのかはともかくとして、「子供はリビングで勉強するのが良い」と言われていることを、ご存じでしょうか?

そのせいか、家を建てるときなど、子供のためにリビングに勉強スペースを設ける人が多いようです。
ご家庭の環境によって、リビングがいい、いや勉強部屋を作った方がいい、というのは変わってくる問題でもあります。

いつもTVのついているリビングや、キッチンにいる親から子供が見えないリビング、ちょっとの勉強道具を置いておくスペースもない狭いリビング。これらの場合は「絶対にリビングで勉強するのが良い」とは言えません

しかし、それらを考慮した上でも、「リビングで勉強する」ことには、やはりたくさんのメリットがあるのです。一番は、親の目が行き届きやすいことでしょう。すぐに声をかけてあげられる、子供が今何を勉強しているのか把握しやすい、そして親の目があることで安心感と、適度な緊張感が生まれることです。
一方、勉強部屋を持つことにも利点がありますが、これはまた次で詳しくご説明します。

頭の良い子に育てるには親子のコミュニケーションが大切
頭の良い子に育てるには親子のコミュニケーションが大切
頭の良い子になってほしいという方必見。頭の良い子が育つために何が必要なのかをご紹介します。これを実践すれば頭の良い子に育つのは間違いなしです。頭の良い子が育つ家庭環境もご紹介していますので実践してみて下さい。

小学校低学年の時期はリビング学習がメリット大

年齢によって、リビングでの勉強がいいのか、部屋での勉強がいいのかは違ってきます。
小学校低学年のうちは、親の目がいつでも行き届くリビングでの学習が一番です。家事をしていても、呼ばれればすぐに覗いてあげられる。そばにいて一緒に勉強している感覚が部屋よりも強いことは、小さい子供にとって安心感を得られます。
「自分を見ていて欲しい」という欲求がまだまだ強い小さい子供には、リビング学習がオススメなのです

また、小学校低学年のうちは、自分で自分の学習習慣や内容を管理することが出来ません。親の目が届いて子供の学習内容が把握できることも、リビング学習の大きなメリットと言えるでしょう。

勉強する小学生

小学校高学年からは勉強部屋を用意したほうが良い

小学校高学年になったら、そろそろ勉強部屋を与えても良い頃でしょう。「自分の部屋が欲しい」という要求も出てくる頃です。友達が来たときや、自分1人の趣味に浸りたいときなどにも、部屋は必要になってくるでしょう。

1人で勉強をする上で、ある程度の学習習慣がついている子であれば、兄弟などが立てる騒音を気にせず学習に集中することも出来るようになります。また、自分の部屋を持つことで自立心が育ち、整理整頓などにも気を配れるようになるなど、学習意外にもメリットがあるでしょう。

ただし、ドアを閉めて完全に閉鎖された空間になることから、サボりやすくなるというデメリットもあります。可能であれば、勉強部屋のドアは開け放しておいた方が良いかもしれません。

勉強部屋を与えたからといって、親が全く関与しないのではなく、適度に子供の様子をうかがうことも必要になってきます。

友達と部屋で遊ぶ子供

自分専用の部屋を持っている小・中学生は約半数

とある教育機関のアンケートでは「自分専用の部屋を持っている」と答えた小・中学生は全体の半数に及んだという結果が出ています。兄弟と一緒に使っている割合を含めると更に多く、実に7割以上の子供が専用の部屋を持っていると回答しています。

子供に部屋を与えるタイミングは小学校入学時が最も多く、ランドセルや学習机などと一緒に、子供部屋も用意しようという親が多いのだろうと予想されます。専用の部屋を用意しない家庭は、間取りの問題や、子供がまだ欲しがらないから、まだ必要ないと思うからなど、様々な理由があるのでしょう。

ですが、せっかく子ども部屋を与えたのに、勉強どころかリビングでのんびりとテレビを見ている。これで少しは自立してくれるかと思えば、なかなかきちんと片付けられるようにならない。このように、専用の部屋を与えても、親が望むような結果がすぐに出ないということもあります。
子供の成長には個人差があるのが当たり前。あせらずに見守ってあげることも大切になってくるでしょう。

環境から勉強部屋を考えてみる

学習にプラスになる子供部屋作り。ただ学習机を置けばいいってものではないですよね。部屋の環境について、少し考えてみましょう。

学習机のその後は勉強部屋のレイアウトに悩む

自分の部屋をもらった小学生

小学校入学と同時に買った学習机。すごく色々考えて買ったのはいいけれど「そういえばここに置こうという以外、何も考えてなかった」というママも多いですよね。ランドセルはラックがついているし…あとは何が必要なの?

大物は机とベッドでしょうか。場合によってはタンスや本棚もあるかもしれませんね。家具の配置は快適な勉強を作るために大変重要です。ドアや窓の位置に合わせるのはもちろん、エアコンの吹き出し口が机の方を向いていないかなども、忘れがちなポイントです。

ベッドは机に向かったときに視界に入らない方が良いと言われていますが、6畳以下の広さであった場合、なかなか配置が難しいものです。寝る部屋と勉強部屋を別にしてしまうという手もあります。
あれこれ頭で考えていても、結局どう配置すれば良いか悩むという場合は紙の上で考えてみると良いですよ

大体で良いので、部屋の形を書き、その中に配置するベッドや学習机を紙で切ってみて置いてみるのです。頭の中でだけ考えているだけでは気づかなかった、画期的なレイアウトが見つかるかもしれません。ご家庭にあった方法で、色々なレイアウトを考えてみましょう。

集中力がアップする!学習机の配置

勉強のやる気を出す方法~子供のモチベーションを上げるには
勉強のやる気を出す方法~子供のモチベーションを上げるには
勉強のやる気とはどうやってだすもの?子供が勉強を意欲的に取り組めない理由とは?「やらなきゃいけない」から手に付かない、勉強する気にならない…そんなとき試したい勉強のやる気をアップする方法。

大きめの学習机、シンプルで小さめの学習机、子供の好みでそろえたものから、親の趣味で決めたもの、机の種類も様々だろうと思います。

せっかくこだわって買った勉強机ですから、学習にとって最大の働きをしてもらいたいですね。部屋のどのあたりに机を持ってきたら、勉強をするのに適しているのかを考えてみましょう。
集中力を高めたいというのでしたら、机に座った際に、背中が出入り口を向いていない配置が良いでしょう。というのも、壁や家具などを背にしている方が、落ち着いて勉強に集中出来ると言われているからです。

また、目の前や少し視線をそらした先に勉強に関係のないものがたくさん見える(趣味のものが置いてある棚など)場所も避けた方が良いでしょう。部屋の中で温度差が激しい場所(エアコンの真下)なども、避けるべき場所です。

机に座る小学生

インテリアを考える

壁・壁紙

集中出来る色と言えば、青や緑の寒色系が良いと言われていますが、壁紙一色を青にするのも好みの問題があると思いますので、一部分に使用したり、その他の小物に取り入れるなどしてみると良いでしょう。

全体的な壁紙の色でオススメなのは、うすい緑色や、ベージュなどです。他にも板張りが落ち着くという人もいれば、壁紙は漆喰の白でなければ!という人もいると思います。後から変更するのが大変な部分なので、あくまで子供が「気持ちよく勉強できる」と感じる色を、最初から選択すると良いでしょう。

カーテン

壁と同じ理由で、寒色系の色がオススメですが、これでなくてはいけないという色はありません。
ですが、やめておいた方がいいという色はあります。それは、赤色です。赤や黄色、オレンジなどの暖色系の色は興奮度を高め、寒色系の青色の鎮静効果とは真逆の効果をもたらします

リビングなど、人が集まって暖かさを感じる場所には向いているかもしれませんが、勉強部屋には積極的に取り入れない方が良い色ですね。

子供部屋

照明

自然光をたくさん取り入れたいと言っても、直接机に太陽の光が当たるのではまぶしすぎて日中の勉強に支障が出ます。自然光を取り入れたい場合は、机の側面に窓が来るように配置しましょう。右利きの人でしたら左側から光が入る方が影になり難いです。同様に、机の上に設置するスタンド式のライトも、聞き手と逆の方向から光を当てるように設置するのが良いでしょう。

デザインはお好みで、照明の種類は熱を発すること無くエコなLED。調光のきくタイプがやはりオススメです。

小物

基本的に勉強に必要のないもの、関係のないものは机の上に置かない方が望ましいです。
しかし、ワンポイントくらいでしたら、自分の好きなものを置いても良いでしょう。お花が好きでしたら片隅に花瓶を。好きな絵を壁に飾っても良いでしょう。勉強の合間に見れば思わず笑顔になってしまうような、ほっと一息つけるような小物があることは、ときに学習意欲の再燃焼に一役買ってくれます

ただし、好きな人の写真や趣味の想像力がかき立てられるアイテムは、やはり集中力の妨げになりますので、注意が必要です。机の上が殺風景で嫌だという子供には、かわいくて訳に立つ文具などを飾ってみるのも、良いかもしれません。

こんな方法で良い効果を

インテリアや効率的なレイアウト意外にも、気持ちよく勉強を進めるために知っておきたいことがあります。

風水で見る勉強のための部屋

インテリアを考える上で参考になるのが「風水」です。
風水なんて全く考えたことがない、という人も、少しだけ取り入れてみると不思議と良い効果があるかもしれません。

男の子には東の部屋、女の子には南東の部屋が良いとされている風水ですが、これが選択できなかったとしても、部屋の中に風水の要素を取り入れることは可能です。部屋の統一カラーで言うのなら、男の子も女の子も緑系の色が一番無難でしょう(風水の場合は方位によって色が決まるので、「集中力が高まる色」という考え方は当てはまりません)。

そして、学習机の位置ですが、ポイントは『部屋の隅におく』、『窓に向けない』、『後ろに窓やドアがない』この3つです。
さらに言えば、方位は水の気を持つ『北向き』が良いそうです。頭が冴えて、集中しやすくなると言われています。

アロマなど好きな香りを取り入れてみよう

集中力や記憶力を高める香りというものがあるのをご存じでしょうか?人は香りという刺激によって、様々な効果をコントロールすることが出来ると言われています。

アロマ、アロマテラピーという言葉から「癒やし」や「リラックス」という言葉を思い浮かべる人が多いことと思いますが、アロマの効果はそれだけではありません。
集中力を高めたいときには、ペパーミント、ローズマリー、ユーカリなどの精油を。記憶力を高めたいときには、ティーツリーやレモングラスなどの精油を。

スプレーボトルなどに水と精油を数滴入れて混ぜ、部屋の中に散布するだけで爽やかな香りが広がります。お気に入りの香りを見つけて、勉強の効率をUPさせましょう。

グリーンもオススメ

子供部屋に緑を

癒やしの効果、目に優しいなど、部屋の中に置くことで、様々な良い効果や潤いを与えてくれるのが、植物です。風水的にも観葉植物は良いとされています。明るい室内、暗い室内どちらでも育つ、耐陰性、耐寒性のある丈夫な観葉植物を積極的に取り入れてみましょう。グリーンは集中力を高めるのにも一役買ってくれます。

オススメは、ドラセナ、オリヅルラン、ヤシの仲間などです。乾燥にも強く、夏の暑さにも、冬の寒さにも強いこのような種類を選べば、お世話も楽でしょう。

集中出来る部屋、はかどる部屋は勉強の最強アイテム

勉強が楽しい子だけが知っている【勉強が楽しくなるコツ】
勉強が楽しい子だけが知っている【勉強が楽しくなるコツ】
「勉強は楽しいですか?」と聞かれれば、大体の子供は首を横に振るのではないでしょうか?何故勉強はつまらないものになってしまったのでしょう?たのしく勉強をすすめるために、必要なことを解説します。

勉強部屋には適度な緊張感が必要です。そういった意味では寝室や趣味の部屋のような、完全にリラックスしてしまうような部屋は学習環境として向いていないと言えるかもしれません。
しかし、実際は寝室と勉強部屋が同じという場合が多いでしょう。そんなときは、同じ部屋の中でも「勉強をするゾーン」「ゆっくり寝るゾーン」など、区別して配置するなど、考慮してみると良いかもしれません。

最近では自宅ではなく、図書館でも無く、勉強をするための「自習室」という空間で勉強をする人も増えています。これは、多少のお金を払ってでも、集中して勉強に取り組める環境が欲しいということの現れではないでしょうか?
集中して勉強に打ち込める部屋、勉強の効率が上がる部屋というのは、ある意味勉強のための最強アイテムと言えるのです。ご自宅に子供の勉強部屋がある方も、これから作る予定の方も、ぜひこれを機会に「良い勉強部屋」について、子供と一緒に思いを巡らせてみてはいかがでしょうか?

おすすめコンテンツ