まじめな子の性格・特徴

まじめな子の特徴は?良い面と悪い面を子育てに活かす方法

まじめな子というと勉強ができて親のいう事を聞く優等生タイプを思い浮かべるかもしれません。まじめな子にも良い面と悪い面を知ることで育児に活かすことができます。まじめな子の特徴や性格、かかりやすい心の病気などまじめな子の育児に役立つ情報を紹介します。

まじめな子の特徴は?良い面と悪い面を子育てに活かす方法

まじめな子の特徴は?良い面悪い面や心配事

「まじめな子」というのはいい意味で使われることもありますが、あまり良くない印象に聞こえることも多い言葉です。まじめな子はやんちゃな子と比べると元気がないかもしれませんが親のいう事を聞く良い子に育ちます。しかし表現が乏しいため心の病気にかかる可能性もあります。

まじめな子の特徴を親が理解して子育てに活かす方法を紹介します。

まじめな子を見守るママ

まじめなタイプはどう見える?

まじめなタイプの印象は『明るい』『親しみやすい』というイメージはあまりありませんが、実際にどのように見られているのでしょうか?
実際にはまじめなことが悪いことではないはずですが、ここではまじめなタイプの印象を3つご紹介します。

話しかけ難い

まじめな子は話しかけ難いと言います。まじめなので何を話していいのか分からない、また、話しかけたとしても話の内容がつまらないというのが上げられます。そのため、友達の輪になかなか入れないということもあります。
冗談を言っても笑わなかったり冗談を真に受けてまともに返答したりするなどして「場が白ける」と言われることもあります。ただこれは受け手によって印象が変わるわけですから、まじめな話が面白いと思われることもありますよね

消極的に見える

消極的に見える、まじめな子

まじめな子はじっくり考えてから行動するので消極的に見えます。他のみんなが楽しそうにしているのにその場でじっとしていて、どうしたんだろうと思われることもあります
実際にはただそこにいるだけではなく、どうしようか考えているんですよね。こうした行為を消極的だと判断されがちですが、じっくり考えることは悪いことはありません。何も考えずに行動するよりも良いでしょう。

意外性がない

まじめな子はまじめに行動するので意外な行動をすることが少ないと言えます。そのため、見ていても面白くない、意外性が無いと言われます。
ただ、これも意外な行動を取ればいいのかと言えますし、言われたことをしっかりできることは重要だともいえます。言われたことすらしっかりできないのに新しいことができるわけがないという意見もありますよね。

まじめな子の特徴・いい面悪い面は表裏一体

決して良い印象を持たれないまじめな子ですが、まじめな子の特徴とはいったいどのようなものでしょうか。また、まじめな子のいい面と悪い面は何でしょうか。

まじめな子はこんな面が優れている

まじめな子は良い面もたくさんあります。何事もしっかりやるわけですから、結果はついてきます。そのため、勉強での評価が高いことが多いです。まじめな子の優れた面を最大限伸ばしてあげるようにしましょう。

勉強がよくできる

勉強がよくできる、まじめな子

勉強で大切なことはまじめにコツコツやることです。どんなに頭が良い子でも勉強をしなければできるようにはなりません。それに対してまじめな子は毎日コツコツ勉強します。そのため、結果も出やすいと言えます。
勉強は学習した内容以外からは出ないわけですから、まじめにやった子が勝ちます。まじめな子に勉強ができる子が多いのは当然ですね。

言われたことをしっかりできる

まじめな子は言われたことはしっかりできます。そんなことは当たり前にできると思われがちですが、実際には毎日言われたことをやり続けることは簡単ではありません。勉強で毎日書き取りをやりなさいと言われて、どれぐらいの子供が毎日書き取りをやるでしょうか。
割合としては少ないでしょう。言われたことをしっかりやるというのは誰にでもできそうなことで実はできない、勉強ができるためには最も大切な要素だと言えます。

まじめな子のマイナス面は

前述したとおり、まじめな子にはマイナス面もあります。ただどんな子でもマイナス面はあります。まじめでない子にはマイナス面がないということはありませんよね。
どの子も同じですが、マイナス面は少しでも減らし、プラス面を伸ばしていけるように頑張りましょう。

完璧主義になってしまう

完璧主義な、まじめな子

まじめな子は本当にひとつひとつをしっかりとこなしたいという思いがとても強い子が多いです。そのため、完璧主義に陥ってしまうこともいます。「これではダメ」と妥協ができないので、体調を崩すまで頑張る子もいます。
ただ、完璧主義は悪い面として捉えがちですが、決して悪いわけでもありません。ただ行き過ぎると良くないので、うまく周囲がサポートしてあげて「今日はもうこれぐらいにしておこう」と制御してあげる必要があるでしょう。

融通がきかない

完璧主義と関係があるのですが、まじめな子は融通がきかないことが多いです。こうと決めたことは変えたくないので、途中で何か問題が起こっても変更しようとはしません
ついつい「融通がきかないなあ」とか「頭が固いなあ」と言われることが多くなります。物事に柔軟に対応するのは難しいことですが、周囲の意見を聞きながら変えるところは変えられるようになると良いですよね。

まじめなだけでは不安?まじめな子の育て方

まじめな子には良い面も悪い面もあるのは先ほど述べました。これは別にまじめな子に限った話ではなくて、誰にでもあることだと思います。
しかし、子育ての仕方によってはまじめな子を追い詰めることにもなりかねません。ここではまじめな子を育てる際の注意点をご紹介します。

子供に完璧をおしつけていませんか?

前述したとおり、まじめな子は完璧主義の子が多いと述べました。それは性格としてそうである場合が多いのですが、子育てによって子供が完璧主義になってしまっている場合もあります。何事も完ぺきにこなそうとすると大人でも疲れてしまいますよね。

時には手を抜くことも教えよう

助言する親

宿題はしっかりとやってほしいというのは親ならば誰でも考えることですが、そこに完璧さを求めすぎると子供も大変になります。特にまじめな子はそもそも完璧にやろうとしているわけですから、さらに「もっとしっかりやりなさい」と言われてしまうと、辛くなります。
「今日はこれぐらいでやめておこう」と途中で止めることも必要です。子どもに完璧なものを求めてしまう人は少し冷静になって子どものやっていることを信じて認めてあげましょう。まじめな子は言われなくても、ほぼ完ぺきにこなしていますよ。

自己肯定感を高めよう

まじめな子は完璧なものを求めがちですので、どうしても自己評価が低くなります。「本当はもっと完璧なものを作りたいのにできない」となってしまうと、自己肯定感も低くなります。
それを防ぐためには何が必要でしょうか。ここでは自信をどのように付けるか、その方法を教えます。

根拠ない自信を身につけさせよう

完璧主義で自己肯定感が低い場合は、とにかく根拠のない自信を身につけてもらいましょう。これは何かができるかできないかという根拠のある自信とは関係ありません。「あなたは素晴らしい人間だよ」と親から言われれば、なぜ素晴らしいかは分からないかもしれませんが自信になります
こうした言葉が「自分は必要とされているんだ」「自分は自信を持って良いんだ」という気持ちに繋がり、自己肯定感も高まります。まじめな子を育ている保護者の方はぜひ実践してみてください。

自己肯定感を持たせる

まじめな子を育てていて感じた不安&心配

まじめな子を育てていると不安に感じることもあります。まじめな子は学校生活になじめなかったり、睡眠障害を起こしたりすることもあると言われています。

学校生活になじめない子もいる

まじめな子は話しかけづらいと言う話は先ほど述べました。そのため、あまり友達ができず、学校生活になじめないということもあります。
実際に学校になじめない子どもたちは多いのでしょうか。ここではまじめ子がなりやすいというひきこもりや不登校、うつ病についてご説明します。

学校が辛いと打ち明けられた時の子供に寄り添った対応
学校が辛いと打ち明けられた時の子供に寄り添った対応
学校生活が辛いと子どもに告白されたとき、あなたはどう受け止めてあげられますか?学校が辛いという子どものリアルな現状を探り、親としてどう対応すべきなのか、学校以外の選択枠などについても詳しく解説します。

ひきこもりとは

ひきこもりとは、自宅に引きこもって社会に出ない生活を6ヶ月以上しており、精神障害がその原因の第一のものであると定義されています。外の人と接触がある人や家族と仲良く過ごしている人はひきこもりには該当しません。
親に対して暴力をふるうなど、社会問題として取り上げられることが多くなりました。学校に通っている子供に対してはひきこもりと同時に、不登校という問題として取り上げられることもあります。家族には突然このような現象が起こるので、何が原因なのか分からないことが多いようです。

落ち込む小学生

ひきこもりや不登校が多い

ひきこもりや不登校が社会問題化したことで、どのような子どがひきこもりや不登校になりやすいのかと言う研究もされるようになりました。ひきこもりや不登校になる原因はさまざまあるとは思いますが、その原因のひとつにまじめさが関係していると言われています。

まじめな子は物事をまじめにこなそうとしますが、それができないとどうしようもなく自分がダメだと考えるようになります。学校に行くとダメな自分と向き合うことなると考えると、学校にはいきたくなくなりますよね。

引きこもりや不登校にまじめな子が多いというのはこれが原因でしょう。そのため、成績など結果からその子を解放してあげることが必要になります。その子にあった勉強の仕方や学校を見つけてあげることが良いでしょう。

まじめな子はうつ病になりやすい

誰にでも気分が落ち込んだり、やる気がでなかったりすることはありますよね。しかし、そうした状態が長く続くとうつ病だと診断されることがあります。うつ病には睡眠の異常や食欲の低下、疲労を感じるなどの症状も表れます。このうつ病は環境要因と身体的要因があって、幼少期の体験もその原因のひとつになります。

まじめな子はまじめに物事をこなそうとしますから、うまく手を抜くことができません。そのため、精神的にはかなり参っている状態でも休まずに頑張ってしまいます。結果として、うつ病を発症することもあります。まじめな人がうつ病になりやすいのはそのためでしょう。人間には休むことも必要であると、小さいときから教えてあげる必要があります。

ある大学生が急に学校に行けなくなりました。それまでとてもまじめで学校を休んだことなどなかったのですが、朝、急に起きられなくなりました。まじめ子が朝、急に起きられなくなって学校に行けなくなったら、その事実がまた本人を苦しめます。
「私は本当にダメな人間になってしまった」と自己肯定感がどんどん低くなってしまいます。その子はうつ病になっていたのです。何とか家族の助けを借りて、大学は卒業はしましたが、うつ病は完治が難しいところもあり、うまく社会には馴染めませんでした。

このような状態にならないように、小さい頃から適度に手を抜く方を教えてあげる方が良いと思います。周囲の人たちは自分を認めて自己肯定感を高める協力をしてあげましょう。

まじめな子はうつ病になりやすい

まじめな子は睡眠障害になりやすい

まじめ子が睡眠障害?と思う方もいるかと思いますが、まじめな子は手を抜けないので、頑張ってしまうのは分かりますよね。そうすると睡眠時間を削って頑張ることもあるわけです。結果として睡眠障害になる子がいます。

睡眠障害とは

睡眠障害というと不眠症ばかり取り上げられますが、過眠症も睡眠障害になります。ただまじめな子が起こしやすいには不眠症です。不眠症には入眠が困難になるものから、途中で何回もおきもの、すぐに目が覚めてしまうもの、熟睡した感じがないものなど様々な障害があります。こうした障害は環境要因や、身体要因、心の問題などで引き起こされます。

まじめな子は手を抜けない

まじめな子は手を抜けません。中学生になると部活と勉強の両立を目指し、特に頑張ってしまいます。結果として睡眠障害になる子供の中に、まじめな子が多いと言われるのです。何事もまじめにやるのは褒められるべきことで責められるものではありません。
ただ、何にしても健康が一番大切です。本人が無理をしてしまう性格であれば、保護者の方がその子の体調を管理してあげるしかありません。無理しているときには休むように促してあげましょう。

まじめな子どもの特性を大事にしましょう

その子の特性を生かしてあげよう

子供の性格は本当にさまざまです。まじめなことで困ることもあれば、まじめであって良かったねと思うこともあります。すべて子供の特性として、良い面は伸ばし、悪い面はなるべくなくなるように協力してあげましょう。
そうすることでまじめな子の能力はもっと伸びると思います。特にまじめな子は勉強ができる子が多いです。勉強ができて困ることはないですよね。そうしたプラスの面を高く評価して、子供ができないことを無理にやらせないようにしましょう。

おすすめコンテンツ