トイレ収納を使いやすくする方法

トイレ収納をおしゃれ+スッキリな空間にする方法

トイレの収納は狭いスペースなだけに主婦を悩ませます。単に物を仕舞うだけでなく、おしゃれでスッキリした空間にしたい。そう思うママは必見です!賃貸でも収納棚がなくてもOKの収納術をご紹介!トイレでは避けたい収納や、新築でトイレをデザインするときの注意点もまとめました。

トイレ収納をおしゃれ+スッキリな空間にする方法

トイレの収納どうしてる?限られたスペースをフル活用するコツ

トイレという狭い空間にどのように必要なものを収納するか、私たち主婦を悩ませる大きな課題です。おしゃれなトイレやスッキリ清潔感のあるトイレにしたいけれど、トイレットペーパーのストックを置くだけで、生活感が丸出しになってしまいます。

そこで、限られた空間でじゅうぶんな収納を作るコツや、おしゃれなトイレになる収納アイディアをご紹介します。また、トイレでは避けたい収納や、新築をするときのトイレ収納に関する注意点も教えます!

トイレの収納アイディア12選

トイレの限られたスペースで、どうやっておしゃれにすっきり収納するか、12のアイディアをご紹介します。賃貸や、現在収納がないお家でもできることはたくさんあります。さっそくチェックしてみましょう!

1.BOX使って収納に統一感を出す

BOX使って収納

トイレ収納の基本ですが、ラタンボックスやストレージなど、収納するケースを統一するだけで、トイレはスッキリ見えます。どんなに収納力のある棚が設置してあっても、統一感なくただ並べられた収納は、乱雑なイメージを与えます。

棚のサイズを測り、丁度いいBOXを探して統一させましょう。今あるものでどうにかしたい場合は、リメイクシートを利用すると、同じデザインに統一できます。おしゃれな柄を選ばず、真っ白にするだけでも、とてもスッキリした印象になります。

オープン棚で、どうしてもゴチャゴチャする場合は、カーテンやロールスクリーンを取り付けると、一瞬でスッキリしたトイレに早変わりします。

2.定番の突っ張り棚で天袋を作成

突っ張り棚に置かれたトイレットペーパー

定番の突っ張り棚や突っ張り棒は、収納のないトイレには助かるアイテムです。トイレの第一印象を良くしたい場合は、トイレドアの上に設置すると、入ったときに視界に入らず、トイレが広くスッキリと見えます。

突っ張り棚の弱点は、デザインが悪いところです。そこをカバーするには、棚を囲うように木の板を張り付けたり、リメイクシートを貼って対応しましょう。少々手がかかりますが、賃貸で穴をあけられないお家には最適です。

簡単に隠したい場合は、少し長めにカーテンなどで目隠しするといいでしょう。

突っ張り棒は、1本だけでもトイレットペーパーを収納できます。壁に近い位置に1本突っ張り棒を渡して、壁に立てかけるようにトイレットペーパーを置けば、見た目にもシンプルでゴチャゴチャした感じを受けません。

3.収納棚がなければ既製品を取り付ける

既製品の収納棚を取り付け

トイレに棚がない場合、既製品の収納棚を取り付けると簡単でとても便利になります。既製品の収納は、低価格で買えるようになったので、思い切って購入してみましょう。女性でも想像以上に簡単に取り付けできます。

棚を購入するときは、トイレに限定して探すと割高になることがあります。また、似たデザインのものしかない場合もあるので、サイズをしっかり計り、色んな棚を見て回りましょう。奥行きをしっかりチェックしないと、出っ張りが邪魔になるので注意してください。

4.おしゃれな袋に入れて見せる収納

自立する物入れカバン

ママの生理用品や消臭剤のストックは、おしゃれな袋に入れて置いておくと見せる収納ができ上がります。100均でも、ランチバッグとしておしゃれな紙袋が売られているのでチェックしてみましょう。

固めの素材でできている袋なら自立するのでとても便利です。トイレットペーパーを入れて床置きしておくだけで、おしゃれな収納になります。

ハンドメイドが好きなら、好みの生地でトートバッグを作って置いておくのも素敵です。ストレージ風にすれば、あなた好みの個性的な収納になります。

5.収納がないなら壁に掛けて収納

壁にバッグを掛けて収納

棚や収納がないトイレでは、トイレットペーパーや掃除用品のストックを収納できません。そこで、エコバッグくらいの大きさの袋を3つほど準備し、壁面に並べて掛けて必要な物を収納すると、見た目にもおしゃれです。

バッグは形が変形しますし、収納するものがなければコンパクトに仕舞うこともできます。掛けていて絵になるようなバッグを選ぶと、おしゃれ度もアップ!ボックスの形をしているバッグや、くったりした生地のものなど、あなたが仕上げたいイメージ合ったものを選びましょう。

6.DIYでピッタリの収納を作る

大道ですが、DIYの良さは我が家にあった収納を作れる点です。しっかり採寸してホームセンターに行けば、担当の人が木材を指定の長さにカットしてくれたり、作業場を借りてカットや組み立てできるサービスなどがあり、ホームセンターのサービスを活用すれば、自宅を散らかさなくてもDIYが可能です。

DIYビギナーは、組み立て式の収納などからスタートしてみてもいいでしょう。手作りした収納は、例え組み立てただけでも、愛着が湧くものです。気に入らない点があれば、リメイクシートや好みの布を貼ってリメイクしましょう。

7.センスに自信がなければ木箱でOK

白木の木の箱

おしゃれなトイレにしたいけど、センスがなくて何をどうすればいいのか分からない!そんな人は、とりあえずサイズの合ったシンプルな木箱を準備しましょう。木箱は、どこに置いてもどんな用途でも失敗しません。

木箱が物足りなくなったら、ステンシルで文字や絵を書くことも可能です。色も好きなだけ変えることができるので、赤や黄色といったポップな色にもできます。子供の成長や、家族の年齢に合せて変化させることができるので、長く使える棚になります。

8.面倒でも何も置かない選択も大切

アパートなどの狭いトイレでは、収納するスペースが限られます。また、壁に穴を開けることもできないので、トイレットペーパーなどを収納するのが難しくなります。便利さを優先して、トイレットペーパーを無造作に置くより、他の収納に仕舞ってトイレには何も置かないという方法もあります。

多くの家は、トイレの横が洗面所になっていることが多いので、トイレ用品は洗面所に収納すると、トイレは何もないスッキリとした空間になります。慣れてしまえば、ストックを別の部屋に取りに行くことが面倒に感じなくなります。

9.トイレ用品にこだわってあえて見せる

収納やスペースがなければ、掃除用具やトイレットペーパー自体をおしゃれなものに変えると、トイレ全体がおしゃれな雰囲気になります。収納がなければ、収納しなくてもおしゃれに見えるグッズを探しましょう。ブラシなどは陶器のものは、そのまま置くだけでおしゃれです。

ペーパーをおしゃれなものにすると割高になるので、カバーを作りましょう。英字新聞やクラフトペーパーなどでくるむだけでも様になります。紙袋に入れるだけでもいいでしょう。あえて出しておきたくなるような、素敵なトイレグッズを探してみましょう。

10.100均を上手く活用する

100均のワイヤーで棚を作成

100均を活用すれば、安くて便利な収納が手軽に作れます。例えば、木箱を重ねて階段状に置けば、それだけで見せる収納の完成です。リメイクシートやカバーを工夫すれば、見せる収納と隠す収納のでき上がりです。

ワイヤーボックスや、カゴなどを上手く活用して、あなたのお家にピッタリの収納を工夫してみましょう。また、現在ある棚の収納力をアップさせるアイテムもあります。トイレは狭いので、できるだけ収納を増やさないのが基本です。100均グッズで快適なトイレを目指しましょう。

11.ファイルボックスを使って取り出しやすい収納

本来、ファイルを立てて収納する用途のボックスに、生理用品や縦長のお掃除用品を収納しておくと、扉のない収納棚でも統一感が出てスッキリ見えます。ファイルを取り出しやすくできるよう作られているので、当然トイレ収納としても取り出しが楽です。

そのまま白などで統一するのもいいですし、ステッカーやステンシルなどでリメイクすれば、よりおしゃれなトイレになります。

12.タンクに掛ければ収納いらず

どこにも収納スペースがなければ、トイレのタンク部分に吸盤フックを取り付け、そこに掃除用具やペーパーをストックする方法もあります。その際は、できるだけ便器の色を統一させると、ゴチャゴチャ感がありません。

フックに掛けるものも、色や素材を統一させて、無理しない収納を目指しましょう。

好みにもよりますが、収納の量にこだわりすぎて、おしゃれだけどゴチャゴチャしているトイレにならないよう注意しましょう。子供がいる場合は、どこに何があるか分かるシンプルな収納にすることも忘れずに!

トイレでは避けたい収納

トイレと聞くと、風水や開運などを思い浮かべる人も多いでしょう。それらを考慮した上で、トイレの収納で、あまり良くないものをいくつかご紹介します。

本棚を設置する

トイレで本や雑誌を読む人もいますが、本来トイレで長居するのはタブーです。本棚もできれば設置しないようにしましょう。どうしても、トイレで読書をしたい家族がいる場合は、一時置き場程度はあってもいいでしょう。

奇抜な色の収納

赤い棚を付けたトイレ

トイレは狭い空間なので、奇抜な色の棚を設置すると、後に後悔することになりかねません。どうしても奇抜な色を使いたいときは、同じ色の画用紙を購入して、一度同じ大きさにして貼ってみましょう。

コンパクトなら、いいアクセントになりますが、面積が広くなるとトイレのイメージが悪くなります。他のトイレファブリックも選ばなくてはいけなくなるので、よく考えてから決断してください。

掃除のしやすさも考慮する

どんな収納であれ、トイレは汚れる場所なので、掃除がしやすくないとNGです。時間がある人や、掃除が趣味の人は別ですが、忙しい毎日でトイレの掃除に何十分もかかってしまうと、逆に不便になります。

特に、DIYで細々としたものを置くようになると、掃除が面倒になります。棚を置く場合やキャビネットを設置する場合は、掃除のしやすさも考慮して、デザインしてください。

隠しすぎて不便な収納

収納スペースが完備されたトイレ

収納の基本は、家族に分かりやすいことです。家族が掃除道具やトイレットペーパーのストックがどこにあるのか、すぐに分かるようにしておく必要があります。

また、来客が多いお家の場合も気配りが必要です。お客さんは、トイレットペーパーがどこにあるかを聞き辛いものです。すぐにストックの場所が分かれば安心です。あまりに隠しすぎて、収納した本人にしか分からない収納は、あまり良い収納ではありません。

新築でトイレに収納を付ける際の注意点

家を新築する場合は、できるだけたくさんのトイレをチェックして、家族に合ったものを選びましょう。毎日、しかも長年使うトイレなので、十分考える必要があります。

埋め込み収納を依頼する

トイレの収納を依頼するなら、埋め込み収納が便利です。壁に穴をあけて埋め込む収納なので、壁と同じ面に扉がきます。スッキリした収納になるので、狭いトイレを圧迫しません。

各メーカーごとに、埋め込み専用のキャビネットを販売していますし、DIY好きなら一緒に棚を制作させてもらうと素敵な想い出になります。取り付けたい棚が決まっていたり、デザイン上無理でなければ、埋め込みを検討してみましょう。

安易に収納を増やさない

大きい収納棚と重なるタオル

家を新築するときは、できるだけ収納を増やそうと考えます。トイレも同じで、できるだけ収納を増やせないかと考えるでしょう。しかし、その収納は本当に必要かどうか、一度考えてみましょう。

収納を増やせば、それだけストックが増えます。不要なストックまで買い込み、結局収納が常にパンパンになると思うと、あまり良いことではありません。本当に必要な収納でなければ、最低限家族に必要な量の収納でとどめておきましょう。

キャビネットはしっかり吟味する

トイレキャビネットは、さまざまなものが販売されています。キャビネット自体に手すりがついているものや、スリムで場所を取らないものなど、種類が豊富です。取り付ける際は、必ず実物をショールームなどで確認して、しっかり吟味しましょう。

安易にキャビネットをつけ、結局手洗いが小さすぎて手を洗うと周りが水浸しになったり、手すりが必要になることがあるからです。家族の年齢や、子供の手洗いの仕方などを考慮して、最適なものを選びましょう。

気に入ったものがなければ、カウンターに埋め込みで手洗いを付ければ、そのままでおしゃれなトイレが完成します。

トイレの収納は楽しくシビアなもの

限られた空間を、如何に便利で快適にするのか考えていると楽しいですし、やり甲斐もあります。収納は楽しみながらやって欲しい一方で、どうしても汚れる場所であることも考慮しなくてはいけません。

子供がいる家庭では特に、マメな掃除や分かりやすい収納は必須です。そこが面倒になる収納だと、どんなにたくさん収納できてもマイナスになってしまいます。家族に合った収納を模索して、おしゃれで快適なトイレにしてください!

トイレの収納にこだわってスッキリとした空間にするのはいいのですが、においにもこだわりましょう。せっかくおしゃれなトイレにしても、臭いトイレでは台無しです。トイレが臭い原因は?汚れに合った掃除法で悪臭退散!を参考に、トイレのにおいも完璧にしましょう!

おすすめコンテンツ