転勤族の妻が抱える悩みを解決

転勤族の妻ならではの悩みを解決へと導く方法

転勤族の妻には、旦那の転勤が多いからこその悩みがたくさんあります。慣れない土地での子育てや友達がいないことで寂しい思いをするママもいるでしょう。子供や夫婦にとってストレスにならない単身赴任のタイミングや安心な働き方、就職に役立つ資格、転勤先で家族が心地よく過ごす方法を教えます。

転勤族の妻ならではの悩みを解決へと導く方法

転勤族の妻が抱えるお悩み解決法

夫の仕事の都合で転勤をしなくてはならないという場合は一つの土地に定住することができないため、子育てや仕事、マイホームのことなど様々な悩みが出てきます。転勤族の妻ならではの悩みの解決方法やおすすめの仕事形態や役立つ資格をみていきましょう。

転勤族の妻ならではの子育ての悩み

転勤のために引っ越しの準備をしてる家族

転勤族の場合、引っ越すたびに子育ての環境が変わるので子供への影響や進学先に悩むところです。転勤による子供への対応と単身赴任に切り替えるタイミングを知っておきましょう。

子供がうまく馴染めるか

転勤族の妻が心配しているのが、転勤のたびに子供を転園・転校させなくてはならないことです。子供はその度に新しい環境に馴染んだり、友達関係を作り直したりすることになります。昨今では子供同士のトラブルがニュースで報道されることもあり、親にとっては悩みの種です。

しかし、転勤族だからといって子供の人間関係がうまくいかないとは限りません。子供は大人以上に順応力が高いため、大人が心配しているよりも案外すんなり馴染めることもあります。転校生に興味津々な子供も多いため、進んで転校先の子供達が仲良くしてくれることもあります。

地域に早く慣れるために地域のワークショップやイベント、お祭りに参加するのもおすすめです。学校以外の地域のつながりを作ることで、子供の視野を広げ新しい環境に親しみを持つことができるでしょう。

子供の様子をよく観察することが大切

転園・転勤する期間があまりにも短期間で繰り返されると、子供も疲れてしまいます。子供によって環境の変化に順応できる能力には差があるので、しっかり子供の様子を観察しておきましょう。

子供が転校することにつかれている様子であれば、夫に単身赴任してもらえないか相談したり、家族みんなで対策を練りましょう。

学校以外の居場所を作ることも大切です。今は様々なコミュニティがありますし、ネット上で友達を作ることもできます。親がしっかり観察しながら学校以外の友達を見つけるのも良いでしょう。

単身赴任に切り替えるタイミングはいつ?

子供が成長するにつれ、転校を嫌がることがあります。中学や高校受験があれば、家族揃って夫の転勤についていくことは難しくなってくるでしょう。

小学校時代に中学受験をする場合は合格したタイミング、公立の中学校に入学した場合は受験が始まる前の中学2年生になったタイミングで単身赴任に切り替える家庭が多いです。

私立中学、公立中学どちらに進んだ場合でも受験の無い小学生までに単身赴任に切り替えるパターンが多いです。子供が小学生のうちに家族間で話し合っておくことがポイントです。

ママ友付き合いの悩み

子供を連れてママ友と一緒にでかけてる母親

転勤族の妻は新しい土地に馴染まないといけない上に、親族や友達もいない土地で暮らしていかなくてはならず不安になることも多いでしょう。

育児の悩みを共有できるママ友を作りたいけれど、すぐに離れなくてはならない状況だと仲良くするのをためらってしまう方も多いです。転勤族の妻のママ友付き合いはどのようにするのがベストなのでしょうか?

子供が未就園児の場合

子供が未就園児の場合は無理にママ友付き合いをする必要はないでしょう。しかし、子供と家で引きこもってばかりだとストレスが溜まりがちです。地域の児童館や交流センター、公園など子供が安全に遊べる場所へ出かけてみましょう。

子供が集まる場所に行けば、同じ年頃の子供を持つママに出会えます。しっかりと挨拶をした後、笑顔で「お子さんおいくつですか?」と話しかけてみると良いきっかけになります。

小さい子供を持つママはなかなか出かけることができず、同じような悩みや孤独感を抱えているケースも多いです。気軽に話しかけると相手も喜んで話してくれるでしょう。同じ年頃の子供を持つママと会話をするだけでも気分転換になりますので、気軽に話しかけてみましょう。

子供が0歳児であまり出かけられない場合は、子育てサイトの掲示板などで相談をしてみるのもおすすめです。先輩ママや、同じ悩みを持つママと話しをすることで気持ちが楽になります。

子供が園児の場合

子供が保育園や幼稚園に入園すると自然とママ友付き合いが増えます。まずは朝の登園時と帰りの降園時に笑顔できちんと挨拶することが大切です。

子供達の交流やママ同士の交流、役員活動が活発な縁もあれば、すれ違う時に挨拶をする程度の付き合いという園もあります。周りの様子をよく観察して上手に合わせていきましょう。

ママ友付き合いは深入りしすぎるとトラブルを招く可能性もあります。家庭の悩みや、夫の収入などプライベートな話はしないようにしましょう。

子供が小学生以降の場合

子供が小学生以降になると、ママ友と知り合う機会は少なくなります。小学校では送迎が不要なため、学校に行く機会は参観日や懇談会などの行事が年に数回ある程度です。

子供が小学生になり手が離れたタイミングで外に働きに出るママも多いので、幼稚園や保育園に比べてママ友付き合いはぐんと減ります。

PTA活動や交通当番など、保護者が参加するイベントが多い地域もあります。学校によって様々ですが、参加しなくてはならない回数など条件が決まられている場合もあります。負担に感じるかもしれませんが、地域の方と仲良くなれるチャンスと前向きに捉えましょう。

マイホームの悩み

マイホームの間取り図

転勤族の妻としては、マイホームを購入するかどうかも迷うところです。転勤族で一つの地域に住み続けることができない場合は、マイホームを購入しても長く住める保証がありません。

転勤族の妻だってマイホームが欲しい

いつかは夢のマイホームを持ちたいと考えていても、転勤族は一つの地域に長く住むことができないため、賃貸のアパートやマンションなどに住んでいることが多いでしょう。

年を取ってから引っ越しをする場合は、賃貸物件を探そうと思ってもなかなか見つからないものです。老後の安心のためにも、いつかはマイホームを購入したいと考える人が大多数です。

マイホームを購入するタイミング

転勤族の方がマイホームを購入するタイミングは、夫が単身赴任に切り替わる時や転勤をしなくて済む定年後がおすすめです。

単身赴任に切り替えるタイミングで、子供が小学校の時にマイホームを購入すれば、20年から35年の住宅ローンを組むことができます。老後のことを考えると定年時にはローンを返し終わっておきたいので、住宅ローンを組む場合には単身赴任に切り替わるタイミングがベストです。

退職金や貯金でまとまったお金が用意できそうな場合は、定年後もマイホームを購入するチャンスになります。定年後に購入すれば、リフォームや建て替えをする回数を減らせるのでコストパフォーマンスも良いでしょう。

転勤族の妻の働き方

スーパーでパートとして働いてる女性

子供が成長すると、習い事や塾にかかるお金やスマホ代などお金がかかるようになりますし、大学の入学費用もかかります。そのため子育てが落ち着いたら働きに出たいと考える奥さんはとても多いです。

大学によりますが、自宅から通学できる私立の文系大学では約500万円、私立理系では700万円ほどの資金が必要です。転勤族の妻でも気持ちよく働くにはどうすればいいのでしょうか?

専業主婦からパート復帰する不安を解消!先輩ママの働き方
専業主婦からパート復帰する不安を解消!先輩ママの働き方

パートタイム

転勤族の妻におすすめの勤務形態の一つがパートタイムです。子育て中は子供の熱や行事で休むこともあるので、給料は低めでも時間の融通が利くパートはとても人気があります。

地方で求人が少ない場合は、昼間の時間帯のパートタイムは争奪戦になります。求人情報が多い業種の資格を取得しておくと面接に受かりやすくなるでしょう。介護士や医療事務などの資格を持っていると、転勤先でも仕事を見つけられる可能性が広がります。

派遣社員

パートタイムよりも稼ぎたいという方に人気なのが派遣社員です。派遣会社に登録すれば、自分のスキルや希望に合った企業を紹介してもらえます。短期間の契約も多いので、転勤族の妻にぴったりの働き方といえるでしょう。

派遣会社に登録するときは、全国区の会社を選びましょう。全国区の派遣会社に登録しておけば転勤のたびに登録や面接をしなくても良いので手間を省くことができます。3~4社くらい登録しておくと仕事を選択する幅が広がります。

ステップアップ制度を採用している派遣会社ならスキルアップも狙えます。ネットを利用して経理・語学・パソコンなどの講座を受講することもできます。企業から求められる人材になることで、就職に困る心配がありません。

正社員

全国規模の企業であれば、夫の転勤に合わせて勤め先を変えてもらえる場合もあります。夫の転勤が決まったタイミングで対応してもらえないか相談してみましょう。

夫の転勤が5年スパンなど長めの場合はフルタイムの正社員でも働きやすくなります。正社員の仕事は一度ブランクが出来てしまうとなかなか再就職が難しくなります。正社員で働きたい場合は、ブランクができないようにすることが大事です。

正社員の場合、子供の急な発熱などに対応できない可能性があります。転勤妻の妻は身内の助けが望めないことが多いので、病児保育やベビーシッターなど万が一の場合に備えて万全の体制を整えておきましょう。

転勤族の妻に役に立つおすすめの資格

資格試験の受験票とテスト

転勤族の場合はパートやフルタイムで働きたくても、長く勤められることができないので就職が難しくなります。就職に有利な資格を持っていると、就職先に困ることは少なくなるでしょう。子育てや家事をしながら取得できる転勤族の妻におすすめの資格をみてみましょう。

主婦が資格を取得した体験談15!おすすめの資格はコレ!
主婦が資格を取得した体験談15!おすすめの資格はコレ!

医療事務

医療事務の資格は通信講座や独学でも取ることができます。職場によっては働きながら資格を取得することも可能です。主な業務は病院や診療所での受付や会計、カルテ管理などの事務仕事です。看護師と医師との間に立って仕事をこなします。

医療事務は求人が多いですし、正社員・パートタイマー・派遣社員と幅広い雇用形態で募集があります。自分のライフスタイルに合った働き方ができるのは転勤族の妻にとってとても魅力的です。

介護士

人手不足のため、引く手あまたなのが介護士です。気力・体力ともに大変な仕事ではありますが、利用者の人生に触れる機会も多く、やりがいのある素晴らしい仕事です。

募集が多いため、資格を持っていればわりとすぐに医療施設や介護施設で働くことができるでしょう。経験を積めばケアマネージャーの資格を取得できる可能性もあります。介護士は手に職をつけたい方にはぴったりの職種といえるでしょう。

ファイナンシャルプランナー

金融関係で働いた経験がある方や家計管理が好きな方におすすめの資格がファイナンシャルプランナーです。お金のプロとしての知識が養われるだけでなく、家計の管理にも大いに役に立つでしょう。

主婦からプロのファイナンシャルプランナーへと独立し、活躍している女性もいます。講演会や、本の出版、個人の家計へのアドバイスなど活躍の場はたくさんあります。

整理収納アドバイザー

収納や整理整頓が好きな方におすすめなのが整理収納アドバイザーの資格です。個人宅の収納にアドバイスをすることがメインですが、中には講演会や雑誌、本を出版する方もいます。

SNSやブログで上手に使えば、お金をかけずに宣伝できるところも魅力のひとつです。場所や時間に融通が効くのもフリーランスの仕事ならではの嬉しいポイントです。

簿記2級

資格の勉強をしてる女性

経理の仕事がしたい場合は、簿記2級の資格を習得しておくといいでしょう。まとまった勉強時間が必要ですが、働きながら資格を取得している方も多いです。

家事や育児の合間に取得することも十分可能ですし、簿記の資格を持っていれば事務の仕事にも採用されやすくなるでしょう。

保育士

主婦に人気があるのが、保育士の資格です。求人募集が多くパートやフルタイムなど、様々な勤務体制の募集があります。大学や短大で単位を取得していれば、一部の科目が免除してもらえる可能性もあります。子育ての経験を活かせる仕事なので、転勤族の妻にもおすすめの資格です。

転勤族の妻だからこそのメリットにも着目しよう

転勤族の妻には仕事や子供、ママ友、マイホームなどたくさんの悩みがのしかかりますが、前向きにとらえて行動を起こすことで悩みを解決することができます。トラブルを回避できたり、子供がたくましくなるという転勤族の妻ならではのメリットもたくさんあります。

転勤族の妻にとって、大切なのは家族が笑顔で仲良く健康に暮すこと。慣れない土地での育児が不安な方は、子育て中の孤独感を解消できたママたちの体験談15を読んでみましょう。

一家の太陽であるママがはつらつとした笑顔でいれば、きっと子供たちや旦那さまも幸せに暮らすことができるでしょう。

おすすめコンテンツ