土曜保育を上手に利用する方法

土曜保育を利用しよう!保育園との信頼関係も必要

土曜保育は働く女性が増えている中で利用する家庭が増えています。一方で土曜保育に対して理解が得られなかったり、保育園側から預かり拒否されるなど、トラブルになることもあります。土曜保育を利用するために、注意すべきことを取り上げましたので、参考にしてみてください。

土曜保育を利用しよう!保育園との信頼関係も必要

土曜保育を気持ちよく利用したい

働くママが増えていて仕事の関係上、土曜に出勤しなくてはならない方もいますが、中には土曜保育を保育園側から拒否されたり、土曜日に子供を預けることに周囲の理解を得られなかったり、様々なトラブルが考えられます。

ですが、昔に比べて子育てに費用がかかり、共働きを選択する若い世代が増えているため、土曜日が休日の仕事に就いていない場合、土曜保育を利用するしかないでしょう。

保育園と保護者が信頼関係を築き、チェック体制が厳しいと言われている土曜保育に、安心して、気持ちよく子供を預けられるようにしましょう。

土曜保育の子供への影響

保育士と遊ぶ園児達

世間では「保育園に長時間預けるなんてかわいそう」という見方もありますが、保育園に通っていた子は、たくさんの人々と触れ合うことで、精神的に成長し、コミュニケーション能力が高くなります。

また、家よりもお友達と一緒に保育園で遊ぶことが楽しいという子供もたくさんいます。子供の負担を減らすためにも、子供が楽しんで通えるようにサポートしてあげましょう。

週5日保育園から、さらに週6日保育園となると、子供への負担が大きくなる場合もあります。子供によって、体力のある子と体力のない子、適応力のある子と慣れるまで時間がかかる子と個人差があります。自分の子供の様子を見ながら預けるかどうか検討しましょう。

どんな理由なら土曜保育を利用していい?

世間の理解度がまだまだ低い土曜保育ですが、少しずつ利用者数が増えている現状もあります。ですが、本来、保育園が休みである日に子供を預けるのは、誰でもOKというわけではなく、子供を保育できない状態であることが大前提となります。

そのため、土曜保育を行う保育園では、土曜日に子供を預かることへのチェックが厳しくなっている傾向があります。

では、どんな理由があれば子供を土曜保育に預けることができるのか、みていきましょう。

夫婦共働きで子供を保育する人がいない場合

夫婦共働きで赤ちゃんを抱えている

土曜保育を利用する方は、土日に出勤が必要な人がほとんどです。例えば、美容師やショップ店員などのサービス業に就いている場合には、土日に出勤することが必要となってきまし、飲食店勤務や店舗を経営している場合には、土日に夫婦で働いている場合があります。

こういった場合は、土曜日に子供を保育することができないため、土曜保育を利用する場合があります。

「保育に欠ける子供」が土曜保育を利用する目安と考えておきましょう。ただしこの「保育に欠ける子供」の基準はそれぞれの自治体や保育園によって様々です。

特に保育園激戦区では基準に満たない場合、土曜保育を利用することが難しくなってきます。そのため、土曜保育を利用するための基準についても確認しておくことが必要です。

ママの健康面が理由の場合

ベッドの上で頭を抱える女性

土曜保育は、ママが妊娠中で絶対安静の状態の状況になり、子供を見ることが無理な場合や、ママが入院して頼れる身内もいないなど、健康面で育児が出来ないという方が利用します。

健康上が理由の場合には、保育園に提出するための証明書が必要になりますので、夫や身内にお願いして、証明書や申請書の提出をお願いしておきましょう。

ママのリフレッシュでもOKな園もある

少ないですが、中には美容院やランチなど「ママのリフレッシュ」でもOKの保育園があります。また、普段通園していない児童でも土曜保育を利用できる園もあります。

子供が小さい上に、夫が激務、両親は遠方という家庭が増えています。そうなると、ママがちょっとした用事で出かけることも難しくなってきます。

今後、家庭のスタイルが変わる中で、気軽に土曜保育が利用できるように変わる可能性もあります。

土曜保育に必要な申請書と料金

土曜保育を利用するうえで、心配なのが必要な書類や料金です。土曜保育を利用する際に気になる料金の目安や申請書といった基本情報はどうなっているのか、土曜保育を利用する際の参考にして下さい。

保育園に提出する土曜保育に必要な申請書

スーツ姿で子供を抱きあげる女性

保育園によって様々ですが、ほとんどの園で申請書が必要となります。働いていることを証明する就労証明書や、延長時間証明書、土日預かり証が必要な場合もあるので、事前にチェックし、就労証明書は会社に依頼しておきましょう。

土曜保育を利用したいと考えている場合は、住んでいる自治体や幼稚園に必要な書類を確認し、事前に揃えておきましょう。早めに準備しておくことが大切です。

毎週土曜保育を利用しなければならない場合、保育園によっては毎週事前に申し込みが必要な場合があります。

土曜保育の料金の目安

土曜保育の昼以降の料金を確認する

土曜保育の料金は、地域や保育園によって違いがあります。最初から月々の保育料に含まれている園もあれば、12時や13時までは通常保育、それ以降は1時間当たりいくらと延長料金がかかる場合もあります。

特に公立保育園では月々の保育料に含まれている場合も多く、私立の認可保育園ではお昼までは月々の保育料金に含まれ、それ以降は1時間500円~1000円程度が目安となります。

24時間の保育園などの認可外の保育園ではない限り、比較的料金が高額にならないことが多いです。ただし、あくまでも目安なので正確に知りたい場合は、お住まいの地域の自治体や、希望する保育園に問い合わせをしてみましょう。

土曜保育に関する問題4つ

とても残念なことですが、実際、土曜保育を利用した中で問題が起こったり、周囲からの心ない言葉に傷ついた保護者も存在します。

土曜保育においてトラブルが発生してしまう理由を見ると、対処の方法もわかってくるでしょう。

1.土曜日に働く保育士の不足

保育士の慢性的な人手不足が、土曜保育を拒否される理由となり、土曜日に子供を預けたいのに預けられないということが一部で起こっています。

現在、保育士の人手不足が問題として取り上げられていて、人材が確保できていない保育園では、土曜保育の児童が出た場合、保育士が休みを返上して働かなくてはなりません。

また、自治体によっては、保育事業に対する財源の確保が難しいことがあります。そのため、利益の出ない土曜保育を控えてほしいと言われるケースも出ています。

2.一部の土曜保育を利用する保護者がマナーを守らない

イエローカードを出す

土曜保育を周りの方に相談したところ「土曜くらいは家で過ごしたら?」と一部の心無い人からの言葉に傷ついた方もいます。中には保育士さんから拒否されたというケースもあります。

原因は、一部の常識のない保護者が仕事だと嘘をついて利用したり、事前連絡もなしに、朝突然つれてきて預けるなど、マナー違反・ルール違反をすることがあげられます。そのため、土曜保育に悪いイメージを持っている保育士さんや保護者が一部いるのです。

3.普通保育と料金が変わらないことへの不満

一定の保育園では、月の保育料の中に土曜保育の料金が含まれていることから、一週間に5日預けていても6日預けていても料金が変わらない上に、土曜保育を利用しなくても料金は同じです。

そのため、一部の保護者から、不公平ではないかという意見もあり、自分は仕事が土曜日休みなので、同じ料金を払っていても土曜日は子供を預けることができない。それよって土曜保育をしている人はずるいと妬まれてしまう場合があるのです。

4.働く女性への理解が足りない

女性が家にいることが当たり前だった両親世代などの年配層から、働く女性に対して理解してもらえないということもあります。

働く女性が増えているものの、「子供は女性が家でみるもの、休みの日は家族で出かけるのが当然」と、いう昔ながらの見方が根強く残っているため、「本来保育園が休みの土曜日にまで預けて仕事をするなんて」などと、まだまだ理解が得られていないということが原因です。

土曜保育を利用するために気を付けること

土曜保育を利用する場合は、本当に仕事なのか疑われて詮索をされたり、心無い言葉を言われたり、トラブルに巻き込まれてしまうこともあります。

そうならないため、気持ちよく安心して土曜保育を利用するために、気をつけるべきことがいくつかあります。

自分のスタイルに合った保育園を見つける

自分のスタイルに合った園を見つける

大切なのは、それぞれの家庭の事情に合わせた生活スタイルがありますので、生活スタイルを崩さずに利用できる保育園が理想です。嫌がらずに土曜保育を行ってくれる保育園も、もちろん多数あります。保育園入園前に見学して、保育園の様子はどうかきちんと見ておくと心配が少ないです。

さらに教育方針も保育園によって個性があるので、ママと子供にとって納得のいく園に預けることがとても大切なポイントになります。

保育園によって早朝・延長契約、土曜保育のシステムは様々です。どのようなシステムで土曜保育を行っているのかを予め確認しておくと良いでしょう。中には平日保育は少人数のA園、土曜保育は保育制度が充実したB園と2つの保育園を掛け持ちするケースも見られます。

保育士さんに日ごろから感謝の気持ちを伝える

保育士さんに子供を預ける際に挨拶はもちろん、登園の際には「お願いします」、降園の際には「ありがとうございました」と一言感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。

感謝の気持ちや気持ちのいい挨拶があると保育士さんも嬉しいですので、日ごろから感謝の気持ちをきちんと伝えるようにしましょう。

保育園とのやりとりで連携を深めておく

保育園との連携を深めて置くことも大切です。保育園とのやり取りをするお便りファイルにきちんと目を通し、しっかりとやり取りをすることで保育園との連携を深められます。

また、申請書に記載した勤務時間が変更になった場合なども、「早めに迎えに行けるから大丈夫だろう」ではなく、預ける段階で、お迎えが早くできそうだと告げておくと、些細なことでも連絡事項をしっかりしてくれると受け止められます。

また、子供の体調が悪い時は無理をさせることはやめましょう。体調の悪い子から他の子へウイルスが移るなど困りますし、子供の体調が急変する可能性もありますし、先生の保護者に対するイメージも悪くなってしまいます。

もし、「熱はないけどなんとなくボーっとしている感じがする」など判断に迷う場合は、どのような症状があるかきちんと先生に説明しておくことが大切です。

子供の体調が急変した際には、すぐ迎えに行けるようにしておくなど、サポート体制をきちんと整えておきましょう。

土曜保育を利用するために嘘の報告をしない

中には土曜保育の必要性がないのに、土曜保育を利用する方がいます。仕事ではないのに仕事であると嘘をつく、仕事の予定がなくなったのに報告をせずにそのまま預けるなどのケースです。

このようなことがあると、保育を本当に必要としている人の枠が減らされてしまう上に、あとから事実がわかったときに、「嘘をついていたの?」と印象が非常に悪くなってしまいます。嘘の報告や、不必要な土曜保育のお願いは絶対にしないようにしましょう。

仕事ではないと疑われそうな行動に気を付ける

赤ちゃんを私服で土曜保育に連れて行く母親

土曜保育を利用する場合、普段スーツでなくてはならない仕事なのに、私服のまま連れて行ったりすると保育園はもちろん、周りのママからも疑われてしまうこともあります。子供を預ける際とお迎えの時は、いつもと変わらない服装をしていた方が無難です。

さらに、仕事着がない場合もきちんとした身なりで登園するようにしましょう。部屋着や髪形が乱れているなどのだらしない状態だと、本当に仕事なのか疑わしいだけではなく、相手に不信感を抱かせてしまいます。

最初に保育園に提出した書類と違う時間に預けたり、夫など、普段と違う保護者が迎えに行ったりする際には必ず報告しましょう。仕事の時間のはずなのに、保育園に預けに来たり、夫婦で仕事のはずなのに夫が迎えに来たりしたら保育園も疑ってしまいます。

仕事の時間がずれて遅れて預けに行ったり、夫が早めに終わって迎えに行けたりしたら疑われてしまったというケースもあります。中には他の保護者から自治体に通報されてしまったという事例もあります。保育園にとっては提出してもらった情報がすべてということを念頭に置いて行動するようにしましょう。

急に土曜保育を利用する場合は早めに連絡する

スマホで連絡する女性

急に土曜に仕事が入ってしまい、やむを得ず土曜保育をお願いすることもあるでしょう。その場合にはなるべく早めに保育園に連絡しましょう。

土曜保育とはいえ、給食やおやつの準備、日誌など、保育士は様々な準備をしなくてはなりません。中にはシフト制で保育士の予定を組んでいる園もありますので、急な場合でも、なるべく早めに電話をするようにしましょう。

朝、突然連れて行き、お願いすることは絶対にやめましょう。受け入れてもらえて、預ける際には「ご迷惑おかけします。困っていたので助かりました。」と一言お詫びの言葉を伝えることも大切です。

身内には土曜保育の理由や協力を伝える

親や祖父母世代が若いころには、女性の社会進出は今ほど進んでおらず、パートや主婦として家庭を守ってきた方も多くいます。そのため、仕事をするために土曜保育を利用することに対し、あまり良いイメージを持たない人もいます。

そのような場合には、土曜保育を利用する理由をきちんと説明しておきましょう。また、両親が近くに住んでいる場合、一緒に万が一の際、サポートをお願いしておくと、両親も子供から頼りにされると悪い気はしません。

それでもあれこれ詮索してくる場合、子供達の将来のためと割り切ることも必要です。大切なのは自分の家族ですので、周りの声は必要以上に気にしないようにしましょう。

ライフスタイルに合わせて土曜保育を利用しよう!

昔は二世帯、三世代が同居し、主婦が家庭を守るという家庭がほとんどでしたが、現代では核家族化が進み、女性の社会進出に伴って家族のライフスタイルは家庭によって様々です。

そのため、ライフスタイルに合わせて土曜保育が必要であればぜひ活用しましょう。うまく活用することで家族の負担を減らすことができます。また、土曜保育は信頼できる保育園に頼みたいものです。

保育園の選び方のポイント!相性のいい保育園の見つけ方を参考に、土曜保育をお願いする保育園を探してみましょう。

おすすめコンテンツ