子供が一人寝をする時期を考え見極める

子供の一人寝はいつがベスト?時期を逃さず上手に導く方法

子供が一人寝できるのはいつから?最近は海外のように幼い時期から一人寝をさせている家庭も増えました。子供が一人寝をするメリットやデメリットを踏まえた上で一人寝の時期を見極めましょう。子供が一人寝をはじめるきっかけや、子供が安心して一人寝できるように導く方法も紹介します。

子供の一人寝はいつがベスト?時期を逃さず上手に導く方法

子供の一人寝はいつから可能なのでしょうか

4コマ漫画上 4コマ漫画下

ぬいぐるみと一緒に眠る外人の赤ちゃん

子供の一人寝はいつから可能なのでしょうか。日本では小学生頃になると子供が一人寝をする家庭が多いのですが、海外ではほとんどの家庭が生後間もない時期から一人寝をさせていて、それぞれの国や文化で子供の一人寝に対する意識も違います。最近ではそういった海外の文化を取り入れて、幼いころから一人寝をさせる習慣をつけようとしているお母さんも多くいます。

家庭で育児方法について話し合い、あらかじめ決めておくことと、子供の成長に合わせて一人寝のタイミングをみることが大切です。

子供の一人寝に最適な時期は何歳から?

一人寝する歳は2~5歳

子供の一人寝に最適な時期は何歳ころからでしょうか。幼い時期のスキンシップが大切とする育児や、幼い頃から自立心を育てる育児など様々な育児の方法や意見があります。

子供が一人寝をはじめた時期は2歳〜5歳が多くあげられていますが、子供の成長はそれぞれ違いますので、様子を見ながら子供に合う時期を伺いましょう。

子供の一人寝のきっかけは?

子供が一人寝をはじめたきっかけは何でしょうか。日本では子供が幼いころは親子と川の字で寝ている家庭がほとんどですが、どんなことがきっかけで子供が一人寝をはじめ、別室で寝ることになったのでしょうか。

  • 下に兄弟が生まれ一緒に寝るには狭くなったため
  • 小学校への入学をきっかけにけじめとして
  • 子供から自主的に自分の部屋が欲しいと言い出した
  • 引っ越しをして部屋を与えられる環境になったので
  • 自分自身が一人寝をはじめた年齢を参考にした

子供の一人寝は部屋数や家族構成にもよる

子供の一人寝は、それぞれの家庭の家族構成や部屋数にもよります。家族が多いと部屋を割り当てることができなかったり、部屋数の問題で一緒に寝ざるを得ないこともあります。

その場合でも、子供の寝る時間をしっかりと決めて、一人寝することのできるようにメリハリをつけるようにしましょう。

寝かしつけはいつまで?添い寝を卒業した年齢をママ15人に聞いてみた
寝かしつけはいつまで?添い寝を卒業した年齢をママ15人に聞いてみた

子供の一人寝は子供のペースに合わせてあげよう

眠る赤ちゃんの様子を見る母親

子供に一人寝させるのは、子供一人一人のペースに合わせてあげましょう。今までずっとお母さんと一緒に寝ていた子供に「今日から一人で寝ようね」と突き放すのは難しいものです。

急な変化が夜泣きやおねしょの原因になる可能性があります。子供の成長を見ながら、そろそろ大丈夫かな?という時期がくるまで見守ってあげましょう。

子供の一人寝は少しずつはじめる

子供の一人寝は、少しずつ慣らしていきましょう。子供が今日は一人で寝たくないと言ってくる日は一緒に寝ることを許してあげたり、無理強いをすることなく自然に一人寝ができるようにしてあげましょう。

子供を突き放すのではなく、いつでもお母さんの元に戻れる安心感を与えてあげることで、子供も一人寝を怖がらずにできるようになります。子供の一人寝は親の都合ではなく、子供のペースに合わせて少しずつはじめていきましょう。

子供の一人寝は寂しい時は一緒に寝てあげよう

赤ちゃんと一緒に寝る母親

子供の一人寝は、寂しい時にお母さん達と一緒に寝られるように、逃げ道を作ってあげることが大切です。不安なことがあったり、なかなか寝付けない時にはお母さんの元に戻ることができるようにしておきましょう。

何日か頑張って一人寝に挑戦しても、一緒に寝たいと戻ってくる日があるものです。「今日は一緒に寝てもいい?」と子供が聞いてきた日は、頑張った子供を褒めてこころよく受け入れてあげましょう。

一人寝をはじめて間もないうちは曜日を決めて「この日は一緒のお部屋で寝ようね」と親子で一緒に寝る日を作ってもメリハリがついて良いのではないでしょうか。

子供の一人寝は少し灯りをつけてあげよう

子供部屋の電灯とぬいぐるみ

子供が一人寝をするときに真っ暗な部屋では、子供にとって怖いイメージになってしまいます。はじめて一人で寝ることになり、緊張や不安を抱える中、真っ暗な部屋で寝ることは不安に拍車をかけてしまいます。常夜灯やライトをつけてあげたり、子供が寝る部屋は真っ暗にならないようにしてあげましょう。

子供の一人寝を褒めて誘導しよう

子供の一人寝は、上手に褒めて一人寝を続けてできるようにしてあげましょう。お試しに1日一人で眠ることができたら、しっかりと子供の成長を褒めてあげましょう。

お母さんに褒めてもらうことで自信に繋がり、次の日も一人で寝ることを頑張れます。褒めて次に繋げるように心がけて、子供が一人で寝ることができる日を少しずつ増やしていきましょう。

子供の一人寝のために朝までぐっすり眠る工夫をしよう

日中、自転車で遊ぶ幼児

子供の一人寝は、ぐっすり眠れるかどうかが鍵になります。なかなか寝付くことができなかったり、夜泣きや朝になるまで眠れないことが、子供の一人寝の成功の妨げになります。

起きた時にお母さんの姿が見えなかったり、安心して寝付くことができない状況になって一度怖い思いをしてしまうと、続けて寝ることが難しくなりますし、子供が一人寝を嫌がることに繋がります。

布団に入ったらすぐに眠くなり、ぐっすり朝まで眠ることができるように、沢山遊んで体をしっかり活動的に動くように心がけ、子供が疲れてぐっすり眠ることができる状態を作ってあげましょう。

3歳の夜泣きの原因と対策 – 治療が必要な子供の症状とは?
3歳の夜泣きの原因と対策 – 治療が必要な子供の症状とは?

子供の一人寝デビューを成功させるコツ6つ

子供の一人寝デビューは、成長の節目を利用しましょう。例えば前もって、5歳になったら一人で寝られるようになろうね。小学校になったら自分のお部屋で寝ようね。などと、子供にも分かりやすい成長の節目を提示してあげることで、子供も一人で寝ないといけないことが嫌なことではなく、一つ成長することとして受け入れやすいのではないでしょか。

お姉ちゃんになったから、お兄ちゃんになったから少しずつ一人で寝られるようになろうね。と、幼いころから言い聞かせたり、何歳になったらと年齢を決めて声かけをしておくことで、スムーズに一人寝に誘導していくことができます。

1.子供の一人寝は憧れやワクワクを大切にしよう

満足して眠る子供

子供の一人寝は、不安や怖いものではなく、憧れやワクワクするものにしてあげましょう。お姉ちゃんやお兄ちゃんの持っているものが欲しかったり、していることに憧れを持つのが子供です。憧れていることが自分もできるようになるのはとても嬉しいことですので、喜んで一人寝へ導くことができます。

2.子供の一人寝は周りの友達に影響されるときがチャンス

子供に一人寝をさせるのは、周りの友達に影響されるときがチャンスです。幼稚園や保育園で子ども同士の会話やコミュニケーションの中で、一人で寝ていることや、子供部屋の話などが出た時に、子供から「〇〇ちゃんはもう一人で寝ているんだって」「〇〇くんは自分のお部屋があるんだって」というような時があります。

子供の「良いな」「羨ましいな」という気持ちを逃さずに「じゃあ、〇〇ちゃんももうお姉ちゃんになったから子供部屋で一人で寝てみる?」と提案してみることで、子供の一人寝への意欲も湧き、スムーズに一人寝に成功する可能性があります。

3.子供部屋やベッドを与えるとやる気に繋がり一人寝が成功する

自分のベッドを買ってもらいご機嫌の幼児

子供の一人寝を狙うなら、子供部屋や専用のベッドを与えることで、子供のやる気に繋がります。自分だけの部屋やベッドをもらえることは子供には嬉しく楽しいものですし、一人寝をするきっかけにもなります。

せっかく自分の部屋があるのだから、素敵なベッドあるのだからここで寝てみよう?と、お母さんも子供を誘導する理由ができます。

4.子供の一人寝にはお気に入りの寝具を利用しよう

子供の一人寝を喜んで子供部屋で寝てくれるように、お気に入りの寝具や大好きなキャラクターを利用しましょう。一人寝をするために、ベッドや寝具を新調するのであれば、子供と一緒に選びに行くことも効果的です。

子供も一人で寝ることへの実感が湧きますし、自分で選んだお気に入りの寝具や大好きなキャラクターグッズで眠ることができ、ワクワク楽しいことと認識することができます。

5.子供の一人寝は兄弟にも協力してもらおう

頭を突き合わせる兄弟姉妹

子供に一人寝を提案する時に上に兄弟がいれば、お兄ちゃんお姉ちゃんに協力してもらいましょう。子供部屋が同じであれば、今日から子供部屋で寝るけれど、お兄ちゃんと一緒だよ。お姉ちゃんが一緒だから寂しくないよ。と、上の兄弟にも協力をしてもらい、子供を一人寝へ誘導しましょう。

6.子供の一人寝のためにしっかりコミュニケーションをとろう

子供が一人寝をはじめると、今まで添い寝で寝ていた分、触れ合う時間が減ることになります。はじめのころは、子供は一人寝をすることに不安に思っているものです。

なるべくコミュニケーションを取り、不安や寂しい気持ちを取り除けるようにしましょう。眠る前は一緒に部屋までいき、お話をしたり、絵本を読んであげることも効果的です。

寝かしつけはいつまで?添い寝を卒業した年齢をママ15人に聞いてみた
寝かしつけはいつまで?添い寝を卒業した年齢をママ15人に聞いてみた

海外のように幼いころから子供の一人寝をする

子供の一人寝で注目されているのが、海外のように幼い赤ちゃんのころから、親と別に一人で寝かせる子育てです。海外のドラマや映画では、子供におやすみと伝えてドアをしめる場面が出てきます。幼い時から親子が別で寝るのは日本とは違う文化です。

子供の一人寝のメリットは?

子供の一人寝で得ることができるメリットは何でしょうか。これまで狭いスペースで寝ていたことや、子供が起きないように物音を気遣うストレスから解放されたお母さんが多くいます。

  • 今までひとつの布団で添い寝していたので、子供が一人寝するようになってからは自由に寝返りもでき、ぐっすり眠ることができ、体が楽になった。
  • 子供部屋がリビングから離れているので、自分の趣味の時間が持てるようになった。
  • 子供を起こさないように物音に気を使って過ごさなくてもよくなった。
  • 夫のいびきがうるさくて子供が起きてしまうこともあり、別室にすることで子供もゆっくり眠れるようになった
  • 子供部屋で寝るようになってから子供の就寝時間が早くなった
  • 添い寝が必要なくなり自分も一緒に寝落ちすることがなくなった。

親と子供の寝室を分けることで、危険なものから遠ざけることができ、子供が過ごすのに安全な環境作りができることや、親子がぐっすりと眠ることができることがあげられています。

実際に筆者の友人は海外風の子育てに憧れて、赤ちゃんのころから親子別室で子育てをしていましたが、月齢が幼いころから朝までぐっすり寝てくれると話をしていました。

  • 親と子の線引きがしっかり出来ること
  • 親子ともにぐっすり眠ることができること
  • 独立心や自立心が養われること
  • 子供部屋やベッドで寝かせることで危ない物を避けることができる

幼い子供の一人寝にはモニター必須!

ベビーモニター

子供の一人寝を幼いころからさせる場合は、部屋の環境作りや準備が必要です。幼いころは母乳やミルクを吐き戻して喉に詰まったり、寝返りで息ができない状態になったりと、いろいろなことが考えられます。

例え隣で寝ている子供でも、あまりにも静かに寝ていると息をしているのか不安になり、自分も何度も確かめた経験があります。幼いころから子供の寝室を別室にする場合は、目の届く場所にいないからこそのデメリットをカバーできるように対策をしたり、ベビーモニターを付けたり、様々な工夫をしておく必要があります。

子供の生活リズムを見直そう!寝る子は育つを実践しよう
子供の生活リズムを見直そう!寝る子は育つを実践しよう

子供の一人寝でお母さんも自分タイムができる

子供の一人寝が可能になれば、お母さんの手も空き、自分タイムが取れるようになります。寝かしつけの際に、一緒に寝落ちしてしまった経験のあるお母さんも多いのではないでしょうか。

子供が完全に一人で寝てくれるようになれば、一緒に寝落ちしてしまうこともなくなりますし、お母さんも自分タイムを持つことができます。子育てで自分の時間を持つことは貴重なことです。ストレス発散になったり、体を休めることができます。

子供の一人寝は時期を見極めて無理のないようにしよう

子供の一人寝で睡眠時間をゆっくり確保できることは魅力的なことですが、幼い子供を一人寝させることは筆者には不安要素が強くできませんでした。今しか幼い子供と一緒に寝られないという思いも強かったです。

何歳から子供を一人寝させるかについては、意見も結果も賛否両論で、子育てについての考えは日本の根強い文化もあり様々です。無理強いすることなく、子供の成長やそれぞれの家庭に合ったものを見つけていきましょう。

おすすめコンテンツ