子供服の染み抜き方法

染み抜き方法体験談15子供服についたシミの落とし方とは

子供服についた染み抜きの方法をご紹介しています。落ちにくい染みの落とし方に困っている人に知ってほしい情報がいっぱいです。ママたちが寄せてくれた体験談を参考に、子供服についた食べこぼしなどの染みをきれいに抜くやり方を覚えましょう。

染み抜き方法体験談15子供服についたシミの落とし方とは

やっかいな子供服についたシミはどうすれば取れるの?

子供は服を汚すのが仕事です。ついてしまった服の汚れは大らかに受け止めたいものですが、落とすのに苦労する子供服の染み汚れを目にすると、そんな気持ちもなえてしまうことがあります。

でも、安心してください。今回は、ママたちが教えてくれた子供服の染み抜き方法をご紹介します。できるだけ時間をかけないで、ついてしまった染みをきれいに落とす方法を覚えましょう。

子供服につく染みとは

スパゲティミートソースを食べてる男の子

子供服につく染みは、圧倒的に食べこぼしによるものです。カレー、ハンバーグ、スパゲッティのケチャップ、果物の汁、ジュース、ジャム、チョコレート、牛乳、醤油、ソースなど、子供が大好きなものが原因で染みになることが多いです。

ほかには、園や学校の授業で思わずつけてしまった絵の具、墨汁、ペンなどの染みがあります。正直なところ、できるだけ染みはつけてほしくはありませんが、これも成長過程のひとつと割り切った方がいいでしょう。

子供服の染みを抜くには

子供服についた染みを抜くには、早めに対処することが肝心です。子供が園や学校から帰ってきたらすぐに染み抜きを始めてください。忙しいからと言って染み抜きを放置すると、どんどん落ちにくくなってしまいます。染みのついた子供服はすぐに脱がせ洗濯を始めることで、結果的に洗濯時間の短縮につながります。子供服の染み抜きは、できるだけすぐに始めましょう。

子供服の染みをきれいに落とす洗剤は

寄せていただいた体験談では、ウタマロ、クリーニング屋さんのエリそで洗剤、ワイドハイター除菌EX、オキシクリーンのほか、重曹、セスキソーダ、酸素系漂白剤、台所用洗剤が染み抜きに効果的と意見があがりました。

食べこぼしの染み抜きに効果的と言われている台所用洗剤と重曹は、比較的どこの家庭にもある洗剤なので、試してみるには好都合です。試してみるときは、肌が弱い人はゴム手袋を着用し、目立たないところから始めてみてください。

重曹でお洗濯!肌に優しくシツコイ汚れも落ちる重曹テク
重曹でお洗濯!肌に優しくシツコイ汚れも落ちる重曹テク

子供服の染み抜きに効果を発揮する落とし方は

子供服を洗濯板を使って手洗いしてる女性

子供服の染み抜きに効果を発揮する落とし方は、なんといってもつけ置き洗いでしょう。染みの程度にもよりますが、洗濯機で洗う前に30分くらい洗濯液につけ置くことで、多くの人が「染みが落ちる」と言っています。

また、歯ブラシで染みのついた部分をこすったり、洗濯板でゴシゴシする染みの落とし方も効果を高める方法のひとつです。子供服の染みが落ちなくて困っている人は試してみてはいかがでしょうか。

子供服の染み抜き体験談

ここでは、寄せていただいた子供服の染み抜き体験談をご紹介していきます。子供服の洗濯に頑張っているママたちの努力がうかがえます。「これはいい」という手順ややり方、洗剤があるかもしれません。ぜひ、染みが抜ける落とし方のヒントを見つけてください。

洗濯板でこする

あき(35歳)


一番多いシミは、食べ物でハンバーグソース、スパゲティーソースです。食べ物以外だと絵具や墨汁です。

普段やっている染み抜きは、酸素系漂白剤を直接シミにかけたり、ぬるま湯に溶かしたものに洗濯物を浸したり、それでも落ちない時は固形石鹸を直接シミに洗濯板を使ってこすりつけています。

つけ置きは一時間ぐらい放置しており、洗濯板を使ってこすって洗う時は2~3分で5分もかけてないと思います。酸素系漂白で何時間もつけ置きしても劇的にシミ汚れが落ちているということはほとんどありません。

一番きれいに落ちるのは、原始的で面倒臭いのですが、固形石鹸を直接シミに洗濯板を使ってこすりつけて落とす方法で、9割方汚れが落ちます。この方法でも落ちないのは、スモッグについた絵具と墨汁だけはほとんど落ちません。

固形石鹸は最後のとりで

mark(30代後半)


子供が通っている小学校では体操服で過ごすのですが、白色なので目立ちます。一番多いのは給食の食べ汚れですが、カレーやケチャップが多いです。あとは泥汚れです。

普段は液体タイプの漂白剤を使用していますが、どうしても落ちない時間が経った汚れは固形石けんを使っています。

液体タイプの漂白剤の場合、汚れた部分に液体を垂らしてこすってしばらくつけ置きします。つけ置きは30分から1時間ほどの間です。後は翌朝洗濯機で洗えば綺麗に汚れは落ちます。

それでも落ちない頑固な汚れは、固形せっけんで汚れを落としてもう一度洗い直せば綺麗に汚れは落ちます。この固形石けんは、緑の石けんのウタマロです。私にとっては最後のとりでという感じです。

クリーニング屋さんのエリそで洗剤

さくら(40代前半)


私が普段抜いているシミは、食事の際の醤油などの汚れが多いです(主に子供の洋服)。そして普段やっている染み抜きの方法は、軽くシミの部分を洗ったら直接シミ抜きの洗剤をつけ、15分くらい(しつこい汚れの時は30分くらい)放置します。その後は普通に洗濯するだけです。

時間で言うと、洗濯機で洗う時間も混みで1時間くらいです。ついたばかりの汚れであれば1回でキレイにシミ抜きができますし、しつこい汚れでも何回か洗っていればかなり薄くはなります。

私がお気に入りのシミ抜き洗剤は、「クリーニング屋さんのエリそで洗剤」というものです。本当は襟などの黄ばみを落とす洗剤ですが、しょうゆなどの食べこぼしによるシミも綺麗に落ちます。とってもオススメですよ!

漬け置きしてる子供服に酸素系の粉漂白剤を入れる女性

ウタマロ

朱鷺ちゃん(31歳)


こどもが汚す洋服の汚れには色々種類があるとは思いますが、普段うんちの漏れや食べ物での洋服の汚れに対して主に使用する方法になります。

汚れのレベルによりますが、揉み洗いをした上でそのまま洗濯するので、1着5分程度揉み洗いすれば大概その状態でもキレイになりますが、その後洗濯機で洗うことにより、より一層キレイになります。汚れ次第で2種類の方法を分けて染みを抜きます。

普段私が使用している方法の1つ目は、女性用の生理等の汚れを落とすための洗浄液です。これは乾いた服の状態で汚れ部分に洗浄液を掛け揉み洗いします。ただそれだけですが、大概の汚れには使えます。

2つ目は、よく聞くウタマロ石鹸で揉み洗い&ウタマロ洗剤で洗濯機であらいます。これで落ないものは無いです。

粉タイプの酸素系漂白剤

ゆあか(31歳)


食事用エプロンをしていても、カレーや果汁がどうしても服についてしまってシミになってしまいます。少しでも間が空くとシミが取れにくくなってしまうので、ご飯を食べ終えたら真っ先にやるのが服のシミ抜きです。

私は、最初にウタマロ石鹸でこすり洗いをします。大抵はこれで綺麗になるので、軽くゆすいで洗濯機に入れます。ですが、カレーはウタマロ石鹸で綺麗になりません。

カレーのシミは、軽くゆすいで落とせる汚れを落としてから漂白をします。ここで使う漂白が酸素系漂白剤で粉のタイプです。40度くらいのお湯に入れて溶かしてから服を15分程つけておきます。

その間にお風呂に入り、すぐに洗濯機で洗います。こすり洗いの時間もいれると20分ほどですが、ほとんどがつけている時間なので手間はかかりません。液体タイプより粉のタイプの方が汚れがよく落ちる印象です。

酸素系漂白剤をお湯に溶かして

ゆうママ(38才)


子供が食べこぼしをすることが多く、カレーやミートソースなどのシミがトップスについてしまうことがよくあります。

すぐに染み抜きができるときには洗濯用の固形石鹸で洗います。それで落ちるときにはいいのですが、落ちなかったときには重曹と洗濯用の液体酸素系漂白剤を混ぜたものを染みにつけます。

2~3時間つけておきます。この方法でだいたいの染みは落ちます。それでも落ちない場合は同じ方法を繰り返します。そうするとだんだんシミがうすくなってきます。

また、粉末の酸素系漂白剤をお湯に溶かしたものの中につけおきしておくのも染みがとれます。染み抜きには酸素系漂白剤が効果的です。液体のものよりも粉末のもののほうが、効果が強いのでおすすめです。

浸けこみ10分できれいに!

もも(34歳)


幼稚園に入園した4歳の長男は、毎日必ずお弁当の際に、ケチャップやカレーなどを白いシャツにつけてきます。広範囲に染みがついていることもよくあります。

まず、自宅に帰ったらすぐにシャツを脱いでもらい、洗面器に水をはり、シャツをもみ洗いします。その後に、ウタマロという石鹸を染み部分にすり込みながら洗います。何度かすすぎ、すすぎ水が透明になれば、普通の洗濯と一緒に洗濯機で通常どおり洗濯します。

シャツを脱いですぐに水につけ、ウタマロでこすれば、びっくりするほどきれいに真っ白になります。洗濯機に入れるまでの浸けこみやウタマロでこする作業の時間は10分弱なので、毎日のことではありますが、それほど負担なくすることができ、簡単な染み抜きの方法だと思います。

ワイドハイター除菌EX

るーまん(20代後半)


普段オレンジ色の強い野菜ジュースを飲むことが多く、野菜ジュース、あとはジャムなんかの着色料が強い食品のシミを抜いています。

普段はワイドハイター除菌exという商品の泡タイプを汚れたところに吹きかけて少し放置してから洗ったり、酸素系の漂白剤の粉タイプをお湯で溶かしてつけたりしています。

だいたいいつも30分もあれば落ちています。白いシャツを着ることが多いのですが、染みがあったのが分からないくらいには落ちています。特に見た目では気になりません。

効果的なグッズは歯ブラシです。洗剤は先程も記載した二つがオススメ。あとは歯磨き粉です。歯を白くする物質が入っているので、染み抜きして落ちない時は歯ブラシに歯磨き粉をつけて擦ります。

スプレータイプの漂白剤

歯ブラシで叩く

ひとみ(32才)


子供がいる家庭では服が汚れて慌てて洗濯ということは日常茶飯事ではないでしょうか。私も小学生の子供と1才の赤ちゃんが居ますが、慌てて洗濯をするなんてことはとても多いです。

カレー、ケチャップ、醤油、ソース、水溶ペン、ミルクの黄ばみなど染み抜きが多いです。染み抜きはなるべく早めに汚れを落とさないと落ちないので、なるべくすぐに台所用洗剤をつけてこすります。赤ちゃんがいるので、なるべく刺激の強いものは良く落ちますが使わないようにしています。

少し熱めのお湯に汚れた洋服を濡らして直接汚れに洗剤をつけます。10分程つけます。50~60度くらいのお湯の温度だと汚れの落ち方も全然違うのでオススメです。歯ブラシで叩くとしつこい汚れも落ちやすいです。

セスキソーダ

なな(40歳)


いつもTシャツやワンピースに着いた、ミートソースのシミを抜いています。普段は洗濯する衣類のシミの入ってしまった箇所に、中性洗剤を染み込ませて洗濯機に入れて普通に洗濯しています。

どこに飛ばしているのかを探すだけなので時間的にはそんなにかからないですし、中性洗剤は食器を洗う普通の中性洗剤を使うのでいつも家にあるので簡単ですし、洗濯時間も通常の洗濯機が回っている時間だけになります。

洗濯が仕上がってきて干している時や、畳んでいる時はさほど気にならないので綺麗に落ちていると思います。さらに綺麗にしたいときはシミの残っているところを、少しだけ濡らしセスキソーダを乗せて、さらに中性洗剤を少し足して揉んでから普通に洗濯します。これでほぼ染みを落とせています。

オキシクリーン

まりお(30代後半)


子供はいろんなものをこぼすので、いろんなものを染み抜きしています。我が家ではどの場合も全て、オキシクリーン漬けにしています。

オキシクリーンをいれて薄めた容器に、染みのついた洋服を半日つけておいて、それから普通の洗濯物と一緒に洗濯をすると、ばっちりおちます。

このオキシクリーンは、ありとあらゆるものに使えるので、本当におすすめです。我が家ではウタマロ石鹸の次に使う頻度がとてもあります。

つけおきに便利なのはオキシクリーンです。赤ちゃんのおもちゃもつけておけますし、ベビー用品もできるので、体に優しい成分でここまで落とすことが出来るので、とっても助かっています。一週間に一度はこのオキシクリーン浸けして、染み抜きをしています。後も残らず綺麗におちます。

放置しないこと

まるこ(30代前半)


普段シミを抜く上で一番大変なのが、赤ちゃんのウンチのシミです。まだおっぱいを飲んでいる赤ちゃんは、ゆるゆるうんちで、漏れやすく、服についてしまうことがしばしばあります。すすいで洗濯機にかけただけではとれず、非常に頑固です。

まず、お湯ですすいだ後に洗濯洗剤と酸素系漂白剤で手洗いします。その泡をつけたままお湯を入れたバケツに約30分から1時間つけ置きします。その後、軽くすすいだ後に洗濯機にかければ、完璧にきれいになります。

ただでさえ育児で忙しい中、手洗いはなかなか面倒だと感じることもありますが、放置せずにすぐに取り掛かること、お湯を使うこと、つけ置きすること、このひと手間で、特別なものはいらず、一般的な洗剤や漂白剤で染みはきれいに取れます。ぜひ、試してみてください。

染みのついた子供服を手洗いしてる女性

タオルでトントン

4児のママ(20代後半)


醤油やケチャップなど食べ物系から泥汚れまで染み抜きはしてます。早ければ早いほど染みは落ちやすいです。

まず、汚れても良いタオルや雑巾を染みの下に敷いて、お湯をかけます(綿じゃないものは向かないかもしれません)。そして、タオル等でトントン叩きます。それを2~3回すると大抵綺麗になってくれます。これは、時間にして5分もあればできると思います。

油の染みは、食器用の洗剤でちょっと揉んでその洗剤を流した後同じ事をすると良いです。泥はウタマロ石鹸と100均にある小さな洗濯板(手の平サイズ)でお湯洗い。

それでもダメならセスキを使います。洗濯板とセスキで大体は見違えますよ。しかもどちらも100円で手に入るのでわが家は重宝しています。

台所用洗剤をもみこむ

なおこまま(27歳)


3歳の息子がいます。保育園の給食の時に、色んなシミをつけて帰ってきます。特に困るのが、カレーのしみとケチャップのしみです。家で付けた場合はすぐにお湯ですすげば取れることが多いのですが、保育園から持って帰ってくる服は時間がたっておりなかなかガンコです。

その際は、台所用洗剤をもみこんで洗っています。こうすると結構落ちます。完全に落ちない場合もありますが、お湯でしっかりすすぐと取れることが多いです。1番はすぐにすすぐことですが、時間が経っているものはこの方法でいつもやっています。

染みを抜くのに効果的なグッズですが、いらなくなった歯ブラシがいいと思います。中性洗剤を布に沁み込ませて、服の裏地にいらない布を敷き、歯ブラシでトントンするといいです。

予洗いで落ちる

ゆき(30代半ば)


幼稚園に通う子供がおりますので、幼稚園のスモックは毎日のようにシミ抜きしております。給食のメニューがカレーだった日は、スモック全体に茶色い染みがいっぱいで大変です。

スモックの染みはだいたい食べ物のシミが多いので、洗濯機で洗う前に市販の食器洗剤を直接かけて染み部分を手洗いしています。その他ズボンやくつ下についた泥汚れの染みに対しては、ウタマロなどの洗濯石鹸で手洗いしています。

こうして予洗いすることで、ほとんどの染み汚れは落ちます。どちらも手洗いにかかる時間は短時間で5分ほどでササッと落とせます。子供の服には染みがついているのも仕方がないような感じもしますが、私は出来るだけ染みは残さないように子供の服にも気を配るようにしています。

おすすめコンテンツ