旦那にダイエットさせる方法

旦那がダイエットできるのは妻次第!上手なサポート方法

旦那にダイエットをさせたいと思っていても、思うようにいかないことが多いです。ダイエットへのモチベーションをあげてもらうために、妻の食事や運動面でのサポートが成功の秘訣です。健康のためのメニューを考えたり、一緒に運動するなど、旦那のダイエットに一緒に取り組みましょう。

旦那がダイエットできるのは妻次第!上手なサポート方法

太ってしまった旦那をダイエットモードに切り替えよう!

結婚したときには、スリムで素敵だった夫が、今ではお腹も出ているし二重アゴになっていて、いつの間にか肥満に…。太った旦那は見た目の問題だけでなく、年齢が上がると健康面での心配も増えます。かといって「ダイエットしてよ!」なんて言っても逆効果です。

そんな奥様は、旦那に上手くダイエットを始めさせる方法と、ダイエットを成功させるサポートの仕方を押さえ、旦那を上手くダイエットモードに切り替えていきましょう!数か月後には、あの頃旦那に戻ってもらいましょう!

旦那をダイエットモードに切り替える上手な方法8つ

旦那をダイエットモードに切り替える

男性は女性に比べ、一度ダイエットモードになるとストイックになり、ダイエットが成功しやすい特徴があります。ダイエットが続かない男性を痩せさせるには、上手くダイエットモードに切り替えてあげることが大切です。

方法をいくつかまとめたので、ご主人に合った方法を試してみてください。

健康診断前後を狙って健気な態度で言ってみる

健康診断前後は誰しも健康や体重を気にするようになります。そのタイミングを見計らって、軽くダイエットを促してみましょう。その時「痩せたら?」「そのお腹どうにかしなさいよ」という言い方は避けましょう。

男性は女性に指図されるような言い方をされると、意地になってダイエットしなくなります。健康面や体力面でのアプローチから「少し健康に気を使ってね」と、可愛く言うのが良いでしょう。また、外見が素敵に見えると部下に慕われるといった、仕事面からのアプローチも有効です。

旦那の趣味をダイエットに利用する

旦那の趣味をダイエットにつなげる方法がないか、一度考えてみましょう。趣味でなくても、以前マラソンのランナーだった、水泳をしていた、好きなスポーツがあるといった男性には、それを再開するように提案してもいいでしょう。

ラーメンが好きな旦那には、ラーメンを食べさせないようにするのではなく、お店まで歩いていくように提案し、できるだけ消費カロリーを増やし、摂取カロリーを減らす方法を考えてみましょう。

家の中に鏡を増やして姿を見る機会を増やす

鏡を見る機会を増やす

自発的にダイエットをさせるには、今の自分の姿をしっかり認識するのが一番です。

男性は特に鏡を見る機会が少ないので、家に全身鏡を置くと良いでしょう。

ダイエットとこちらから言わなくても、自分からダイエットへの意欲を湧かせてくれる可能性がアップします。

浴室や洗面所の鏡は、できるだけキレイに磨いておき、こまめに自分の姿を認識する機会を作ってあげましょう。

体重計をこれまでのものにない機能つきに新調する

体重計が新しくなると、何となく測ってみたくなりませんか?体重計を新しく見やすいものに変えるだけで、旦那がダイエットモードに切り替わるきっかけを作りましょう。

男性は新しいものが好きなので、体重計も新しくなると使い始める人が多いのです。

最新家電が好きな旦那には、少し奮発してスマホと連動できる体重計を購入するのがおすすめです。旦那がそれを使い始めるようになってくれれば、自然とダイエットは加速していきます。

同窓会をキッカケにダイエットを促してみる

旦那に同窓会のお知らせがきたら、ダイエットを軽く促してみましょう。太ってから痩せているころの自分を知っている人と会うのは、男性でも気後れするものです。

特に、学生の頃の自分と今を比較しておじさんになっていると感じると「これじゃダメだ」と思い、ダイエットへの意欲が高まりやすくなります。

子供の行事より、旦那の個人的なイベントの方がタイミングとしてはダイエットを始めやすいので、チャンスを逃さないようにしましょう。

写真を撮って飾って客観的に自分を見てもらう

旦那にダイエットをさせたいけど、プライドが高い人だからどう促していいのか分からないという人は、家族で撮った写真を飾るのがおすすめです。少々意地悪ですが、特に旦那が太って見える写真を、旦那が良く見る場所に飾りましょう。

客観的に自分の姿を見ることで、ダイエットへの意欲を高めさせます。あなたはあくまでも、ただ家族写真を飾っただけです。しかしその写真を見た旦那は「これではいけない」と自発的に意識を変えてくれるでしょう。

結婚式など、痩せていたころの写真と現在の写真を並べて飾るのもおすすめです。結婚式の写真なら現在の写真と並べて飾っても違和感がないうえ、痩せていたころと太っている現在を自然と見比べることができます。

ダイエットと言わずに節約のためと言って運動の機会を作る

自転車通勤に変える

ダイエットという目的は言わず、節約や健康のための運動と称して、日常の中で動く機会を与えることもダイエットを始めるキッカケになります。

例えば、晴れた日だけでも一駅歩いてもらう。会社の距離次第では、マイカーから自転車通勤に変えてもらうなどです。

男性の新しいものが好きな特徴を利用し、自転車を一緒に見に行き、旦那が好きなものを購入するといいでしょう。ガソリン代やこのまま太って健康を害して病院に通うことを考えると、それほど高い買い物ではありません。

また、節約名目で運動させる場合は、節約したお金は旦那の好きに使っていいと言えばヤル気になってくれるでしょう。

ダイエット器具をプレゼントして痩せる意欲のスイッチを入れる

最新のダイエット器具や話題のものをプレゼントすると、それを機にダイエットを始める男性も少なくありません。男性の場合は、筋肉を鍛える器具がおすすめです。

腹筋マシーンなどの筋トレ器具を使い始めて少しでも効果が出ると、しっかりダイエットモードに切り替わってくれます。

筋肉が付き始めると男性はストイックになる人が多いので、あなたがダイエットと言わなくても自然と痩せる生活を送ってくれるようになります。

男性は一度痩せる快感を知ると、後は勝手にストイックになってくれます。最初だけ工夫してダイエットスイッチを入れてあげるだけで、旦那さんはあなたに指図されなくても、自分でダイエットを頑張るようになります。

旦那のダイエットに協力する方法9つ

旦那のダイエットに協力しよう

いざ、旦那がダイエットモードに切り替わったとき、妻としてどうサポートするとダイエットが成功しやすいのか、妻ができるダイエットのサポート法をご紹介します。

1.昼食を外食からお弁当にする

お昼ご飯を社食やコンビニ弁当、外食にしている旦那には、お弁当を持たせるようにするとカロリーコントロールがしやすくなります。お弁当を作るあなたは大変になりますが、旦那が痩せて活動的になってくれれば、その後のメリットは大きいです。

お弁当にしたら、気付かれないよう徐々にご飯の量を減らしていき、野菜や低糖質のおかずを増やしていきましょう。お弁当に良い顔をしない旦那の場合、ランチ代が安くなった分他の面で贅沢をさせてあげましょう。

肥満気味の旦那がお昼をお弁当に変えたことでダイエットできると、会社での評判も変わることでしょう。

2.好きな物は完全に奪わない

たまにはOK

ラーメンやお酒など、旦那が好きなものを完全に禁止するとダイエットは続きません。健康的にしっかり痩せて欲しいと思うなら、禁止事項を作りすぎないようにしましょう。

女性は「またお酒飲んでるの?それじゃ痩せないわよ」などと、繰り返し言ってしまいがちです。これでは、旦那にストレスを感じさせるだけで、ダイエットへの意欲を削いでしまいます。

旦那にダイエットを継続して欲しいなら、緩く見守ってあげることが大切です。

3.飲み会は前後の食事でカロリー調整する

男性の付き合いとして、切っても切れないのが飲み会です。これを禁止すると、仕事や人間関係に影響が出る人もいますので、飲み会のときはダイエットのお休みと割り切って、飲み会前後の食事で調整しましょう。

旦那にも、飲み会のために食事を調整すると話しておけば、頑張ってくれるようになります。飲み会の前日や飲み会の翌々日くらいまでは、ローカロリーで消化の良いものだけにします。1週間の中で糖質やカロリーを調整できれば、ダイエットには大きく影響しません。

ダイエットはストレスが溜まります。たまに息抜きすることも必要なので、メリハリをつけて継続しやすい方法を選択しましょう。

4.1人でやらせず一緒に運動する

一緒に運動

ウォーキングやランニングの運動を一緒にすると、継続しやすくなりますし、夫婦のコミュニケーションも取れます。地域で開催されるマラソン大会やウォーキングイベントに一緒に参加するのもいいでしょう。

男性は、何もしていない人に「運動は?」「食事制限は?」と言われると反発してしまいます。しかし、一緒に運動や食事制限をしていれば同じ言葉を使っても伝わり方が変わります。夫婦で楽しみながらダイエットを続けてみましょう。

5.徐々に炭水化物や糖質を減らす

糖質制限やカロリー制限で、共通してダイエットに向いていないとされる食材を減らすようにしてみましょう。炭水化物のお米、麺類、パン類を減らすだけでもダイエット効果は高まります。

ただし、急に白米や麺類などの炭水化物を抜きにするとストレスになります。徐々に減らしていけば、旦那も気付かないうちにダイエットが進むので、日常の料理からできるだけ炭水化物を減らしていく工夫をしてください。

糖質をカットするとアンチエイジングにもなるので、糖質とカロリーをカットして、タンパク質の多い食事に切り替えていきましょう。

6.糖質制限に良い食材を料理に使う

糖質制限ダイエットを始める場合、すべての食材を把握するのではなく、食べて良い食材と控えたほうがいい食材を知っておきましょう。

料理に砂糖が必要なときには、血糖値を上げない人工甘味料を使うと安心です。徐々に糖質について知識を増やしていくと、ストレスを感じないメニューを考えられるようになります。まずはスタートとして、大まかな分類を知っておきましょう。

食べて良い食材

  • 肉(特に赤身)
  • 大豆製品(納豆や豆腐)
  • 野菜・海藻
  • キノコ類
  • チーズ・バター・マヨネーズ
  • お酒なら焼酎・ウィスキー・赤ワインなど

控えた方がいい食材

  • お米・小麦・シリアルなど
  • 根菜類(じゃがいも、ごぼうなど)
  • 砂糖(お菓子やケーキ)
  • ジュース(コーヒーの微糖や野菜ジュースも注意)
  • 果物

ビール・日本酒・甘めのワインなど

糖質制限をすると、頭痛や頭がボーっとするという症状が出る人もいます。無理しない程度で取り入れてください。

7.早食いしないために料理の出し方を工夫する

ヘルシー・ローカロリー

男性の中には、早食いでガツガツ食べる癖のある人がいます。旦那がそうであれば、食事の出し方をひと工夫してみましょう。料亭のように少しずつ出して早食いを防ぐと、量は少なくても時間をかけて食べることで満腹感を得られます。

また、もやしやコンニャク、豆腐や葉物野菜などローカロリーのものを先に出すのも、爆食いの防止になります。食事の内容ではなく出し方を工夫するだけで、同じメニューでも旦那に我慢させることなくダイエットを継続できます。

8.部屋をキレイに片付けるとやる気も起きる

ダイエットと片付けは全く関係ないように感じることでしょう。しかし、住んでいる環境は心に大きく影響しています。物の多い家や整理整頓ができていない家では、思考や精神が乱れがちになり、自分を律することが難しくなります。

ダイエットをするときはストレスが溜まりやすくなるので、散らかった部屋では余計にストレスが溜まり挫折しやすくなるのです。

部屋をキレイに保つとだらけた生活をしなくなるので、家がスッキリしていないと感じる人はダイエットに向き合っている旦那を応援する意味でも、部屋の片付けを頑張ってみましょう。

9・少しでも痩せたら大げさに褒める

旦那がダイエットで痩せたら、とにかく大げさに褒めてモチベーションを上げてあげましょう。「こんなに痩せたの!?カッコよくなったね」「これからモテないか心配になってきた」と旦那が喜ぶようなことを伝えてあげてください。

男性は褒められることが大好きです。子供がいるお家では、子供も巻き込んでどんどんパパを褒めてあげましょう。痩せたから着られるようなオシャレな服を買ってモチベーションをアップすることもできます。色んな方法で旦那に気持ち良くダイエットを継続してもらいましょう。

旦那のダイエットをサポートするには、料理やお弁当の手間が増えることもあります。しかし、健康のことを考えると妻であるあなたの為になることも多いので、少し頑張って旦那のダイエットをサポートしてあげてください。

旦那のダイエットには妻のサポートは必須

既婚男性がダイエットをする際には、家族のサポートは必須です。食事を用意する妻の工夫次第で、旦那のダイエット効果は大きく変わります。

旦那がダイエットを頑張っているのですから、自分は素敵な女性を目指してみましょう。可愛いママになるには・みんなに好かれる素敵な女性の特徴を参考にして自分磨きをし、ダイエットに成功して素敵になった旦那とおしゃれをしてデートに出かけてみましょう。ダイエットがきっかけで、今まで以上に夫婦の仲が良くなります!

おすすめコンテンツ