卒乳方法と添い乳の上手なやめ方

卒乳の方法は?ベストなタイミングとメリット・デメリット

卒乳に方法なんてあるの?と思われるかもしれませんが、自然卒乳に近い形の計画卒乳なら、無理なくおっぱいとバイバイできます。卒乳方法のほか、卒乳を行う時期やメリット、デメリット、添い乳のやめ方を知ることで、スムーズに卒乳を進めることができます。

卒乳の方法は?ベストなタイミングとメリット・デメリット

卒乳とは?断乳との違い

「卒乳」とは、子供が自然とおっぱいから卒業していくことで、おっぱいをやめるかどうかは子供次第です。それに対して「断乳」とは、子供の意思とは無関係に授乳を強制的にストップしてしまうことで、ママに決定権があります。

一昔前までは「1歳になったらおっぱいをやめる」という断乳が主流でしたが、2002年に母子手帳から「断乳」という記載がなくなってからは、「子供が納得したうえでおっぱいから卒業する」卒乳へとシフトチェンジしつつあります。

また、卒乳には、ママがあらかじめ時期を設定して計画的に卒乳を進めていく「計画卒乳」という方法があります。計画卒乳は断乳に比べて自然卒乳に近いことから、計画卒乳を選ぶママも少なくありません。

卒乳のタイミングは?いつまでに卒乳すべき?

ミルクを飲んでる赤ちゃん

日本では、離乳食完了期の1歳半くらいから2歳くらいまでが卒乳の目安とされていますが、世界保健機構(WHO)の乳幼児の栄養に関するガイドラインの中では「2歳以上の子の母乳育児を推奨」しています。

このように、卒乳には「○歳までにしなければならない」というきまりはないため、子供を卒乳させてもよいかどうかは、食事からの栄養補給と母乳以外の水分補給が可能であることが重要になります。

そのため、次のような条件を満足していれば、基本的にはいつ卒乳しても問題ありません。

卒乳が可能な6つの条件

  • 食事に興味を持っている
  • 離乳食が3回食に移行し、完了期に入っている
  • おやつを1日2回食べている
  • マグやコップから水分補給ができる
  • おっぱいをくわえているだけの時間が長い
  • おっぱいを飲みながら頻繁に他のことに注意が向く

ただし、卒乳は体の準備だけでなく、子供の心の準備も大切です。もう、子供が自然と「おっぱいとはサヨナラできる」「おっぱいがなくても大丈夫」と思えることが、一番理想的な卒乳へとつながるのです。

卒乳のメリットとデメリット

卒乳には「おっぱいから卒業できる」という大きなメリットがありますが、必ずしも良いことばかりではありません。卒乳が子供の負担にならないように、デメリットについてきちんと理解しておきましょう。

卒乳のメリット

1.ママの授乳の負担がなくなる

授乳中はカフェインやアルコール、乳製品を控えていたママも、卒乳したら好きな食べ物を口にできるようなります。また、出産後は授乳しやすい服装ばかりだったというママは、おっぱいのことを気にせず洋服が選べるのも利点です。

2.母子ともに夜ぐっすり眠れる

寝かしつけや夜泣きのたびおっぱいをあげていると、おっぱいがないと寝られなくなってしまいますが、卒乳によっておっぱいのない生活に慣れると、夜中に目が覚める回数が減り、朝までぐっすり寝てくれるようになります。

3.子供の虫歯予防につながる

乳児は、卒乳時期が遅れると虫歯になりやすいことが分かっています。特に、だらだら飲みや添い乳での寝かしつけは虫歯のリスクが高いことから、歯が生え揃ってきたタイミングで卒乳することは虫歯予防につながります。

卒乳のデメリット

母親に抱っこされて胸に顔を埋めてる女の子

1.子供が一時的に不安定になる

おっぱいは子供にとっての精神安定剤といわれているほど、重要な役割を果たしていることから、卒乳してすぐの慣れないうちは、精神的に不安定になって寝つきが悪くなったり、夜泣きがひどくなったりすることがあります。

2.食事で十分な栄養を摂る必要がある

カルシウム・タンパク質・ビタミン・ミネラルなどの栄養豊富な母乳をやめることで、子供の栄養は一手に日々の食事だけで担うことになります。さらに、食事に汁物を加えるほか、フォローアップミルクで水分補給を心がけましょう。

3.乳腺炎になりやすい

授乳をやめると、母乳が乳腺にたまって炎症を起こす「乳腺炎」が起こりやすいため注意が必要です。卒乳直後は助産師さんにやり方を教えてもらって、正しいマッサージを行うことで乳腺炎を防ぐ必要があります。

基本的な計画卒乳の方法

親の都合で断乳をするのは抵抗があるけれど、自然卒乳をのんびり待つ余裕もないというママには、子供の意向を組みながら卒乳を進める計画卒乳がおすすめです。計画卒乳は、次のような方法で無理なく行うことができます。

STEP1 卒乳する日を決める

卒乳する日を決めたら、遅くても1か月くらい前から子供に話し始めるようにしましょう。大きくなったらおっぱいをやめる必要があること、そろそろママのおっぱいが出なくなることを子供に分かるように説明します。

はじめは拒否反応を示すこともありますが、おっぱいとバイバイしなければならないことを根気よく話すことで、少しずつ子供自身が納得させて、受け入れられるようにしていきます。

STEP2 授乳時間や授乳回数を減らす

母親に抱っこされてる赤ちゃん

卒乳が決まったら、まずは1回の授乳時間を減らすことからはじまります。そして、授乳時間を減らしても問題なさそうだと感じたら、次は1日の授乳回数を1回減らして様子を見ます。

授乳回数を1回減らした状態でさらに数日間慣らし、慣れたらまた1回減らして…というように、2~3週間をかけて授乳回数を1日1~2回にまで減らすようにします。

STEP3 卒乳までのカウントダウンをはじめる

卒乳の1週間ほど前になったら、いよいよカウントダウンをはじめます。卒乳の日に印をつけたカレンダーに用意して毎日、子供にシールを貼らせるなどして、卒乳の日を意識させます。

「おっぱいとバイバイしておいしいご飯を食べようね」とか「おっぱいやめたら立派なお兄さん(お姉さん)だね」など、子供の性格や気持ちの状態に合わせて、前向きな言葉がけをして子供の気持ちを作っていくことも大切です。

STEP4 卒乳の当日に最後の授乳をする

卒乳の当日、授乳をする際にこれが最後であることを子供にきちんと話します。そして、授乳が終わったら、子供が気持ちを切り替えるためにも、子供と一緒に「おっぱいバイバイ」とお別れを言うのもよいでしょう。

授乳直後はケロッとしているかもしれませんが、何かの拍子におっぱいのことを思い出すことがあるので、外に連れ出したり絵本を読んだりするなど、家族と協力しながらその日を乗り切りましょう。

STEP5 数日間様子を見る

いくら言い聞かせても、やはり「バイバイ嫌~」とか「おっぱいちょうだい」などと泣いて、おっぱいを欲しがる子も多くいます。可愛そうになって「一回くらいなら」とおっぱいをあげたくなっても、辛抱強く我慢しましょう。

おっぱいのことなどすっかり忘れてしまう子もいますが、ひたすらぐずり続ける子もいるため、あまりにも子供のおっぱいへの執着が強い場合は、いさぎよく諦めて再チャレンジの機会を伺うことも一つの手です。

卒乳完了までの心構え3ヶ条

卒乳の期間は母子ともに精神的につらい時期です。子供のおっぱいへの依存が高ければ高いほど、喪失感や口さみしさから強いストレスを感じてしまいます。そんな時、ママは子供にどのような接し方をするとよいのでしょうか。

1-おっぱいについて考えさせないようにする

子供がおっぱいを恋しがったり、おっぱいのことを思い出したりしないよう、次のような方法で上手に子供の気持ちをおっぱいから逸らしましょう。

体を動かす遊びを増やす

公園を走って遊んでる赤ちゃん

卒乳が完了するまでの期間は、おっぱいのことを考える隙を与えないよう、いつも以上にお外遊びやお出かけを増やして、アクティブに過ごします。お休みの日は、パパに思いっきり遊んでもらうといいでしょう。

夢中になって遊ぶことで、おっぱいのことを忘れるだけでなく、体をたくさん動かすことで疲れると、寝入る際におっぱいを欲しがることなく、すんなりと寝てくれます。

おやつタイムを充実させる

今まで授乳していた時間帯や子供がおっぱいを欲しがるタイミングに、おやつや飲み物で気持ちを逸らせるようにします。子供が口寂しいと感じる前に、ササっと目の前に出せるのがベストです。

また、その際に「一緒に食べるとおいしいね~」と積極的に声かけしたり、楽しい見た目のおやつを用意するなどの工夫をすることで、子供に食べることへの関心をより一層持たせるようにしましょう。

2-ママのおっぱいを見せない

ママのおっぱいが目の前にあると、子供はどうしても我慢できなくなってしまいます。そのため、卒乳が完了するまでは、子供にできるだけおっぱいを見せないようにすることが大切です。

しばらくの間、入浴は家族にお願いするのがベストですが、現実的に難しいご家庭では、タオルなどで胸を隠したり、おっぱいに絆創膏を貼ったりするなどの工夫が必要です。とにかく、「おっぱいを見せない」を徹底しましょう。

3-スキンシップをいつもより多めにする

授乳と並んで子供に安心感を与えるのがスキンシップです。中には、卒乳すると子供と触れ合う時間が減るのでは?と不安になるママもいらっしゃいますが、スキンシップによって卒乳による子供の喪失感を埋めることができます。

時間と体力の許す限り、抱っこやおんぶ、手遊びなどの体を使った遊びで子供と触れ合いましょう。いつも以上にたくさん触れ合うことで「おっぱいがなくても大丈夫」と感じるようになり、次第に気持ちが安定してきます。

卒乳前にやるべき添い乳からの卒業

添い乳で寝かしつけを行うことが習慣になっていると、ただでさえ卒乳で不安定になっている子供が、添い乳を止めることによって、寝ぐずりや夜泣きが激しくなってしまうことがあります。

そのため、事前に添い乳を止めておくと、卒乳がスムーズになります。「うちの子は添い乳しない」というママは多いかもしれませんが、慣れるとおっぱいなしで寝られるようになるほか、夜泣きが少なくなります。

次のようなスムーズに寝かせる方法を取り入れると、子供が添い乳なしでも寝られるようになります。

入浴と歯磨きは寝る1時間前に済ませる

お風呂で頭を洗ってる男の子

お風呂に入って体が温まった状態だと眠れないため、寝る1時間前にお風呂を済ませて、体温を平温に戻しておく必要があります。特に、熱いお風呂は安眠の妨げとなることから、40度くらいになるよう調節しておく必要があります。

さらに、寝る直前に歯磨きをすると、歯茎への刺激によって脳が活性化されて睡眠が妨げられてしまいます。そのため、スムーズに眠りにつくためには、歯磨きは入浴と同様に、寝る1時間前には済ませておきましょう。

眠る1時間前には部屋を暗くする

明るい照明は眠気を妨げる要因となるため、入浴を済ませたら徐々に部屋の照明を暗くして、寝る準備を整えます。特に、白っぽい蛍光灯の光で覚醒が促させることから、照明は暖色系の電球色にしておくのがのぞましいといえます。

また、ブルーライトも悪影響を与えるため、寝る前にテレビやスマホを見せないよう注意が必要です。さらに、隣の部屋からテレビの音が聞こえると、子供の気が散って眠れないので、家族の協力を得て静かな環境作りを心がけましょう。

入眠儀式をルーティン化する

「寝る支度をする」→「部屋の灯りを消す」→「布団に入る」→「絵本の読み聞かせをする」のように、眠るための一連の儀式をルーティン化し、毎日繰り返すことによって眠りにつきやすくなるのです。

抱っこや背中トントン、子守唄など、その子によって「睡眠のスイッチ」は異なります。なかなか寝てくれないという場合は、いろいろ試してみることによって、子供に合った睡眠スイッチを見つけることをおすすめします。

入眠グッズを活用する

お気に入りのタオルに包まって寝てる男の子

おっぱいがないと眠れない子やぐずる子にも、必ず気持ちがリラックスするグッズがあるものです。触り心地のいいぬいぐるみやタオルなど、気持ちを落ち着かせて入眠を促すグッズを用意しましょう。

また、オルゴールの音には精神を安定させる効果があることから、眠る際にお気に入りのオルゴールの曲を聞かせることによって、気持ちが落ち着いてスムーズに寝られるようになります。

卒乳は子供の気持ちを第一に進めましょう

卒乳は何歳までにしなくてはならないという決まりはありませんが、どうしてものママ側の理由で断乳をせざるを得ないという事情がない限りは、子供の気持ちを大切にしながら卒乳を目指したいものです。

しかし、卒乳にチャレンジして挫折することがあってもいいのです。そんな時は、「まだ卒乳するタイミングじゃなかったんだ」と軽く受け止め、次の卒乳計画を練りましょう。

卒乳できない子供はいませんし、どうせ子供はいつか卒乳していくのですから、あまり気負わずに、ママと子供の気持ちが合った時に卒乳できればいいと考えて、気持ちに余裕を持って取り組んでいきましょう。

おすすめコンテンツ