学校に行きたくない!親の対応

学校に行きたくない時の親が学ぶ子供の心理

学校に行きたくないと子供が言い始めたとき、親はどうすればいいのか。子供たちの口コミから本音を探り、親が取るべき姿勢や小学校、中学校、高校とそれぞれの年代ごとに異なる悩みの理由や心境をみていき、親がいる家が子供たちの避難場所となるよう助言していく。

学校に行きたくない時の親が学ぶ子供の心理

子供が学校に行きたくないと思うときはどんなとき?

私たち大人も学生時代には大小の壁に悩みながら、何とか乗り越えて学生時代を過ごしてきたと思います。思春期前後にある悩みは今も昔も変わらないのですが、その背景や環境は私たちの頃とは大きく違っています。
目の前にいる子供が「学校に行きたくない」とまで思い詰めてしまった背景や心境をきちんと知り、まずは子供の心にしっかり寄り添ってあげましょう。

子供が学校に行きたくない!本当の声を聞いてみる

独りぼっちで寂しく帰る女の子

小学校1年生から高校生たちの本当の声を集めてみました。

小1男子

みんなの前で給食を吐いてしまいました。先生は平気だよと言ってくれたけど、みんな笑ったり、「汚い~」という声が聞こえました。恥ずかしくてもう行きたくないです。

小5女子

グループにいるのが辛いです。でもそこから抜けたら無視されちゃうから怖いです。

中2男子

何でかわからないけれど学校に行きたくありません。というか、もう行かれません。理由は自分でもはっきりわかりません。学校ではいちよう明るいキャラで通ってました。

高1女子

LINEで友達が「これ、かわいいでしょう?」と聞いたので、「かわいいね」の意味で「それ超かわいくない?」と入れようと思ったのに、「?」を入れ忘れていて「超かわいくない」の意味にとられたことがあとでわかりました。それから関係が悪化して独りぼっちに。

高1男子

朝が起きられません。どうしても無理です。親は怠け病だというけれど、身体がいうことをききません。学校にも行きたくないというか、行かれないというかよくわかりません。

学校に行きたくない!に至った理由と経緯を知る

子供だって学校に行けるものなら行きたいと考えています。それでも学校に行きたくないと言い出すまでには、それなりの経緯や背景があるのです。子供の心に寄り添うためにじっくり探っていきましょう。

「学校が楽しくない」から始まっている

周りの声が煩くて耳をふさぐ男の子

はじめは、何らかの理由で「学校が楽しくない」という気持ちから始まっていることが多いようです。学校が楽しくないと感じた理由や背景についてみていきます。

友達ができない

小学生では、放課後のスポーツクラブや親の仲良しグループが子供の友達関係にも影響して、友達の輪に入れないということがあります。中学生以上では、表面上は問題ないようでも、本当の友達ができないといった悩みが増えるようです。

友達とのトラブル

いじめられるまではいかないけれど、からかわれたり、リーダー格の子に従わなければならない。貸したものがかえってこないといった悩みが募ると問題化します。

学校で恥ずかしい思いをした

体調が悪くて給食を吐いてしまった。トイレを漏らしてしまったといったことや友達とのトラブルも絡んで、みんなの前で面白半分にズボンをぬがされて恥をかいたといったことがきっかけになります。

先生が怖い・嫌だ

急に怒り出す教師や「これができない」「これがだめだ」とマイナス面ばかり指摘する教師に困惑してしまう子も多いようです。

勉強がわからない・テストがうまくいかない

勉強についていけないというのも、子供の自信を大きく傷つけます。

放課後トラブル

学校が進めている放課後スクール(学校の敷地内で学校も一部関与した組織が正式に子供を預かるサービス)でのトラブル。ゲーム機やゲームソフトを持っている・持っていない、貸した・返さないといった放課後のトラブルの引き金なるケースがあります。中学生以上では、スマホを介したSNS上のトラブルが後を絶ちません。

部活トラブル

教師の行き過ぎた指導、先輩や同級生とのトラブル、またレギュラーから外されたといったこともきっかけになります。

学校に行きたくない!に変わる瞬間ってどんなとき?

ラインで意地悪されている女の子

今までは悩んだり楽しくないながらも学校には行かれていたのに「学校に行きたくない」という段階にまで進んでしまったその原因、その瞬間ってどんなときだったのでしょうか。
原因は、状況や心境などが複雑に重なり千差万別ですが、例をみながら代表的な現状を探っていきましょう。

味方だった友達もいなくなった

話してくれる友達がいたけど、別の友達がその子と仲良くなると独占したいみたいで、私と距離を置くように仕向けている。休み時間もひとりの時間が増えてしまった。

数は少なくても話したり味方になってくれる友達がいたことで、何とか学校には行けていたけど、クラス替えや他の友達との関係などで、その友達との関係が悪くなってしまったことが原因となります。

友達の心無い一言

友達に悩みを真剣に相談したら「その程度でよかったね」と軽く流された。

現状だけを親が聞けば悪気がないような一言に思えても、それまでの友達とのやり取りや相手の態度などに隠れた背景があるので、表面だけでは判断できないことがあります。

先生の心無い一言

いじめを相談したのに「言い返せない弱いお前にも原因がある」と頭ごなしにいわれた。
進学の相談で「お前なんかには無理。高望みするな。」と鼻で笑われた。

教師の言動に傷つき、気持ちが折れてしまう例があります。教師が原因の場合は、勉強に対する意欲もそがれてしまうことも多く、進学にも影響することがあります。

親の心無い一言

学校で困っていると相談したのに「そんな弱いことでどうするの!」といわれた。誰も味方はいないと絶望した。

親は励ますつもりでいった言葉も、傷ついた心の子供には「人格否定」のように感じ絶望してしまうことが少なくありません。

さらなるトラブルが重なった

グループ内のトラブルを解決させようとがんばったけど、今度は自分に矛先が回ってきてしまった。
先生からも誤解され八方ふさがりで、もう学校には行けない。

子供も自分なりに精一杯がんばって学校に行ってきます。ただトラブルが絡まって悪化したり、重なるともう対処しきれず、学校に行くこと自体を否定してしまうようです。

家庭環境が変わってしまった

親が離婚した。仕方ないとはわかっているけど、なんだかやる気が出ない。朝起きられなくなった。

親の離婚など家庭環境の変化に頭ではわかっていても、無意識のうちに心身が反応してしまい、朝起きられない、学校に行かれないというケースに至ることがあります。低年齢だけでなく、高校生でもみられる現象です。

クラスの環境・部活の環境が変わってしまった

優しかった3年生が卒業したら2年生が急に威張りだし、すごく嫌な部活になってしまった。本当にきつい。

クラス替えや部活などの環境変化にうまく馴染めなかったり、新しい環境で新たなトラブルが生まれてしまうことがあります。

学校に行きたくない子供をもつ親がとるべき基本姿勢

義務教育といいますが、これは、戦後の時代に、親が子供を働かせるために学校に通わせないということがないように、親に課した「義務」をいっています。
子供にとって学校に行くことは「義務」ではなく、あくまで「権利」なのです。ましてや高校ともなれば行かない選択をする人だってたくさんいます。まずは親が落ち着いて子供の声をじっくり聞き、状況をしっかり把握することが大切です。

基本姿勢

子供とリフレッシュに出かけたママ

子供が「学校に行きたくない」と親に声を出すまでには、大人には想像もできないほどの葛藤や苦悩を経ています。まずはそういった子供の心境を一番に考えてあげることが重要です。

親に相談してくれたことを褒めよう

誰にも言わずに命を絶つような悲しい事件が多い中、大人に相談してくれたことをまずは心の底から「相談してくれて、ありがとう。」と褒めて、その勇気をたたえてあげなくてはなりません。そういった親の言動が、子供の心を開く第一歩です。

親の価値観や期待を押し付けない

まずは、「毎日きちんと学校に行かなくてはならない」「学校は友達に囲まれ楽しいものだ」という親の価値観や期待を捨てましょう。
大人が疲れたときに有休をとって休むように、子供も時には一呼吸いれることも大切です。

子供の個性を認めよう

「学校に行けないなんて、弱い子だ」「甘えている」「それくらいクリアできなくて、社会に出てどうするんだ」という発言は状況を悪化させるだけです。確かにメンタルがちょっと弱いのかもしれません。でも繊細な優しい子なのでしょう。甘えているのかもしれません。
でもおっとりした素直な子なのでしょう。子供の心は今とても傷つき、自信を失っています。今は現実を強く突きつけるよりも、自分への自信を回復させることが先決です。今悩んでいる子供の個性や長所をみつけ、褒めてあげてください。

勉強の環境を整える

勉強がわからない、テストの点がとれないが理由の場合は、すぐに環境を整えてあげましょう。勉強がわからない子を対象とした家庭教師や「教科書ガイド」といった問題集も書店にでています。
親子で一緒に悩みながら過ごす時間も後からすれば貴重な時間となるはずです。

小学校・中学校・高校別!子供が悩んでいる心境や対処法

子供の成長段階によって、学校に行きたくない背景や対処法が異なります。子供の心は千差万別なのであくまで一例ですが、それぞれのヒントとなるよう解説していきたいと思います。

小学校低学年の子供のために親ができること

息子にヨットの楽しさを教えるパパ

小学校1年生~小学3年生の子供の心境

低学年では、学校が怖いと感じてしまうことが多いようです。きっかけは先生やちょっと乱暴な同級生などですが、学校全体が怖い存在となり、恐怖を感じて学校に行きたくないというケースに至ります。

親ができること

話してくれた当日や翌日は学校を休んでいいでしょう。その際、ずる休みではなく「自分の心がちょっと病気で元気がないから休む」という理由を話すことで、小さいながらも感じる罪悪感も減り、心の病気が治ったら学校へ行くというきっかけにもなります。
その上で、学校にも相談し、原因究明や対策を一緒に探り実践してもらえるよう手配します。状況によっては一緒に通学し様子を見守ることもこの世代の子供には有効です。

小学校中学年~高学年の子供のために親ができること

子供の相談を親身になって聞くママ

小学校中学年~高学年の子供の心境

思春期の入口にいるこの世代はもうほぼ中学生と同じような心境といえますが、まだ小学生の部分も残しているので、その時々で求めるものが異なる難しい年代でもあります。

親ができること

子供のように甘えてくるときはそれを黙って受け入れてあげる。大人びた態度をとるときはそっとしておいてあげる。いずれの子供の気持ちや態度も真実なので、大人モードのときにはそれに応じた言動で接してあげることがポイントです。
この頃になると至らないながらも自分の考えも出てきます。話をする際にはその部分を尊重しながら、基本的には「うん」「そうだね」という肯定的な態度で聞き役に徹することが重要です。

中学校に通う子供のために親ができること

子供の心のケアのために旅行する家族

中学生の心境

親にはわかってほしいけれど、「こんなところでトラブっているカッコ悪い自分を見せたくない」「どうせわかってくれない大人になんて踏み込まれたくない」こういった心理に陥りやすい時期です。
子供の心もまだ残っている世代なので、時にすごく甘えてきたリ、その反動にわざと憎まれ口を聞いてみたり複雑です。

親ができること

「自分でもなんで学校に行かれないのかわからない」「頭の中がぐちゃぐちゃ」というのが本音の世代ともいえます。
大人の質問に対し「わからない」という答えにも「そうだね、いろいろ複雑だろうね」とそんな子供のすべてを受け入れ、子供が話すのをじっくり時間をかけて待つ姿勢が重要です。

高校に通う子供のために親ができること

同級生に興味がない高校生

高校生の心境

社会性も出てくる時期なので「学校に行かなければ親が恥をかく」「学校の単位がとれない」「進学や就職に響く」といった先のことも十分に理解しています。それを理解した上でも、学校に行きたくないという心境は深刻な場合が多いもの特徴です。

親ができること

「将来のために学校を辞めるべきではない」という回答には子供たちも飽き飽きしています。仮に辞めるという選択をしたとしても、高校まできていれば大学進学も「大検」をとればもちろん可能です。専門学校に進学して就職だってできます。
一番困るのはそういった具体的な先がみえないまま、ずっと家に引きこもるような生活になってしまうことですよね。

世間体だけを気にするような上辺だけでの心配を見抜く力もついていますから、親も腹をくくらねばなりません。
「高校にこだわる必要はないが、将来をどうしたいのか」「親が何をサポートできるのか」という視点で話を進めていくことで、子供が心を開いてくれることが多いです。

学校が本当に辛くなって不登校にならないように、今すべきこと

学校が楽しくない、学校に行きたくないという子供の心を放置していると、心身の病気になってしまったり、学校が辛くて本当に行かれない不登校といった状況にまで至ります。

病気の発症に注意しよう

自転車に乗る健康的な男の子

起立性調節障害(OD)

「どうしても朝が起きられない」「夜が寝られない」「特に午前中は倦怠感でひどく辛いが、午後から夕方ごろには治る」という症状は出ていませんか。それはもしかしたら「起立性調節障害(OD)」という病気かもしれません。
起立性調節障害とは、朝起きられない、倦怠感や頭痛といった症状がありながら小児科などでははっきりとした病名がわからないときに疑われる症状で思春期の5~10%に起こりやすい自律神経機能の乱れによるものと考えられています。

軽いものならひどい症状に至らず、大人になるころに治ることが多いのですが、悪化すると30%の子供たちが不登校になるという結果も出ています。
「起立性調節障害Support Group」というサイトに詳しい症状や対処法などが出ていますから、心当たりがある場合はぜひ参考にしてほしいと思います。

また「うつ」に近い状態になったり、家族に暴言や暴力をふるうような例もあります。ひどくなる前に、しっかり子供たちの心を受け止めてあげましょう。

学校が心から辛くなる前にすべきこと

公園に寝そべる仲の良い家族

まずは親が落ち着いた対応をする

親だって人間です。動揺して怒鳴ったり、きつい言葉をあびせたくなってしまうかもしれませんが、それは何の解決にも至りません。子供が悩んでいる末に打ち明けてくれたという大切な部分を思い起こし冷静さを保ちましょう
またもしすでにそういった態度をした後なら、親のプライドは一度、捨てて

  • 「大人である自分も動揺してしまった。」
  • 「怒鳴ったりした対応を許してほしい。」
  • 「二度としないと約束する。」
  • 「一緒に乗り越えよう。」

という4点をしっかり伝えましょう。

親子で原因をしっかり把握する

親が絶対に味方であるということを子供たちに伝えた上で、子供と一緒に悩み、話し、はっきりしないまでも、そこに至った原因をみつけていきましょう。有言実行の態度で親が立ち向かう姿勢は、子供がもう自分だけで立ち向かわなくていいことを実感でき、子供の心を救うことにもつながります。

学校に伝える

学校にも事実を伝える必要があります。子供が嫌がる可能性もありますが、学校の先生は「学校は毎日来るべきもの」「学校は楽しいもの」という固定概念をもっている人が多いのが事実です。
よって明確な理由なく休むと「ずる休み」「だらしない親子」といった間違った印象を植え付けることになり、子供にとってますます不利な状況になってしまいます。そのことを子供にしっかり伝え、まずは納得させてください。

その過程を踏んだら、学校に連絡します。文句をいったり感情的な対応をしてしまうと「モンスターペアレント」や「わがままな親子」ととらえられてしまい、学校側と同じ土俵に立てません。以下のようなことをまとめた手紙を2部作りましょう。

  • 子供と冷静に確認した事実や現状だけを、時系列にまとめたリスト。
  • 学校だけの責任ではない。
  • 親も一緒に努力するので、子供のために解決できるよう学校も一緒に対応してほしい。

1部は手元に残し、もう一方の手紙を校長あてに持参もしくは郵送(書留や内容証明で郵送した事実がこちらの手元に残るよう)します。その後しばらくは学校の出方を待ちます。

フリースクールや公共機関に相談する

学校側がまともに取り扱ってくれない、真摯な態度を取らない、事実をごまかしたり隠そうとするといった場合には、次の段階です。
各都道府県のHPで学校に行きづらくなった子供たちのためのフリースクールや相談機関の情報が掲載されています。

フリースクールの中でも公的に認められた機関だと、そのフリースクールに通うことで学校が出席扱いになることも多いので、それも選択肢の1つです。有料の施設もありますが子供の将来を考えたら投資すべきお金かもしれません。

また学校の不誠実な態度は教育委員会や市町村の相談窓口に、しっかり報告しましょう。その際も「冷静さ」「事実のみ」をキーワードに改善を求めることを伝えます。

子供にとって親がいる家が避難場所になるように

大人の私たちだって、疲れたら休みます。最近はより良い環境を求めて転職する人だって多いですよね。でも、子供は学校を休んだり、環境を変えることはNGでしょうか?子供にとって家が安心する避難場所になるよう焦らずじっくりがんばってほしいと思います。

おすすめコンテンツ