Loading

学校を休みたいと言われたら

学校を休みたい気持ちは?子供の心理を理解した親の対処

学校を休みたいと思ったことはありますよね。でも学校を休みたいと思う理由は様々です。まずは学校を休みたいと思う理由を特定し、その理由に対してどのような対処をすれば良いかを考える必要があります。子供の気持ちに寄り添った対処法を紹介します。

学校を休みたい気持ちは?子供の心理を理解した親の対処

子供が学校を休みたいと言った時の子供の気持ち・親の対処法

不機嫌な男の子と父親

子供が「学校を休みたい」と言ってきたら皆さんならどうしますか?「まずなぜ休みたいの?」と聞くと思います。しかし、理由はあまり言いたくない子供も多くいます。
そんな時に「さて、どうしたらいいのだろう」とならないためにも、学校を休みたいと子供が言う背景と対処法を理解しておく必要があります。

独自の感性の問題で人間関係がうまくいかなかったり、ストレスを感じてしまったりすること、無気力など何となく行きたくない、思春期特有の問題をあげて説明します。

さらに学校を休ませるべきか、休ませないべきか、休ませるとしたらどのようにその理由を聞いて問題を解決すればよいかといった対処法も紹介します。子供が学校を休みたいと言った時に冷静に対処できるようにしましょう。

子どもが学校に行きたくない理由と接し方・低学年/高学年
子どもが学校に行きたくない理由と接し方・低学年/高学年
子どもが「学校に行きたくない」と言ってきたら無下に否定しないことが大切。子供の背中を押す前に小学校低学年~高学年の子供が学校にいけない気持ちをまずはよく聞いてあげて!学校へ行かない間の過ごし方も解説。

子供が急に学校に行きたくないと言ってきた原因

学校に行きたくないという原因はいろいろありますが、すぐに思いつくのがいじめですよね。人間関係がうまくいかず、学校に行きたくなくないることが多いようです。
もうひとつは何となく行きたくないというケースです。

子供が独自の感性を持っている

悩む女の子

子供が人間関係で悩んでしまうのは、友達や先生との関係がうまくいっていないからなのですが、実際に何が悪くてうまくいかないのか、また、どのように直せばよいのか分からない場合が多いです。ただ他の人と少し違うところがあるというのが原因なのかもしれません。

友達・先生との関係に悩んでしまう

人間関係で悩む場合、特に何が悪いとか、何を直せばよいとかそういうことは分かりません。また、直したとしても上手く行くとは限りません。集団生活の場合、独自の感性を持っているような子は周囲から仲間外れにされることもあるようです。

悩んでいる男の子

また、感性が優れていると少しのことでも気にしてしまい、周囲との関係で悩んでしまうこともあります。友達や先生はそのつもりがなくてもいじめられたと感じる子もいます
このような場合は学校に行きながら解決することは難しいので学校を休ませた方が良いでしょうね。

ストレスを感じやすい

前述した通り、感性が敏感な子供は友達や先生との関係で思い悩むことが多いです。ちょっとしたことでもストレスを感じてしまい、相手はそんなつもりで話しているわけではないのに、一言に「自分は嫌われているのでは」と思ってしまいます

このような子供は自分が何でも話せるような仲間を見つけたり、家族に話してストレスを少しでも解消することが必要です。過度なストレスが原因で長期間学校へ行けなくなる子もいます。

学校が辛いと打ち明けられた時の子供に寄り添った対応
学校が辛いと打ち明けられた時の子供に寄り添った対応
学校生活が辛いと子どもに告白されたとき、あなたはどう受け止めてあげられますか?学校が辛いという子どものリアルな現状を探り、親としてどう対応すべきなのか、学校以外の選択枠などについても詳しく解説します。

なんとなく学校に行きたくない

なんとなく学校に行きたくないということは誰でもありますよね。しかし、実際には不登校のきっかけとして「なんとなく」が理由として多いようです。しかし、理由としては「なんとなく」と答えるのですが、実際にはなんらかの原因がある場合も多いようです。

気力が湧かない

やる気が出ない男の子

気力が湧かないことは多いですよね。なぜ気力が湧かないかというと、ストレスを過剰に感じていたり、疲れが溜まっていたりすることが多いようです。

疲れの場合は休めば良いのですが、ストレスの場合はそう簡単に解決はしません。そのストレスが人間関係であると休んだだけでは解決しません。ストレスの原因をしっかりと解決することで、気力を取り戻すことができるようにしましょう。

ホルモンのバランスが崩れている

思春期にはホルモンバランスが崩れることが多いと言われています。特に女の子の場合、ホルモンの変化で体が変化してきます。あまりの変化に自分の体ではないように感じたり、周囲と比べてストレスを感じたりすることも多いようです。
またホルモンバランスが崩れると、以前であれば何も感じなかったものでも、イライラすることもあります。こうした場合は周囲がその変化を受け入れてあげる必要があるでしょう。

思春期早発症の女児に見られる体質変化・症状と治療法
思春期早発症の女児に見られる体質変化・症状と治療法
思春期早発症の女児に見られる特徴、思春期早発症になる原因と治療法を解説します。女児に見られる乳房のふくらみや低身長、生理の始まりが早い特徴は遺伝と関係があるのか具体的な症状や原因を確かめましょう。

年齢も学校に行きたくない原因のひとつ

学校に行きたくないと思ったことは一度はあるかと思います。学校に行きたくないと思い、実際に学校に行かなくなるのはどのような子なのでしょうか。

何年生に不登校が多い?

不登校というのは社会問題にもなっていますが、学校に行きたくなる子はだいたい何年生に多いのでしょうか。実際には男の子と女の子では学校に行きたくなる年齢に違いがあります。

■男の子は中学2年生くらい

中学生の男の子

男の子は中学2年生くらいから不登校になる生徒が多くなると言われています。男の子場合、思春期である中学生になると親とも気軽に話すこともなく、学校での悩みなどを親に話すことはありません。そのために親も子供の悩みに気づかないということがあります。

思春期の男の子には特に注意をして見ておきましょう。普段の様子が少しでも違ったら、本人に聞いてみましょう。もしそれでも分からない場合、学校に様子を聞いてみても良いかもしれません。

■女の子は小学校5年生くらい

女の子の場合、男の子よりも成長が早いので、友達関係の悩みも男の子よりも早く感じるようです。特に女の子の場合、ホルモンの関係で容姿も変化し、周囲との比較をすることも多くなるので、結果としていじめなど友人関係で悩むことも多くなります。

そうした比較が行きすぎていじめになると「学校に行きたくない」という子供たちも出てきます。子供の様子には十分に注意して、何か変化がある場合は本人に聞いてみるようにしましょう。

子どもが学校に行きたくないと言ったら休ませる?

子供が学校に行きたくないといった場合、休ませるべきかどうか悩みますよね。しかし、全て休ませれば良いわけではありませんし、全て休ませないというわけでもありません。難しいことではありますが、そこはうまく使い分ける必要があります。

無理に行かせると良くない

話し合う親子

学校に行きたくないと言われたら、無理に行かせる必要はありません。ただ、理由を聞いてみる必要はあります。ただ「面倒くさいから」という子供も少なからずいます。そうした場合は、学校に行ったら楽しかったと帰ってくる場合も多いです。

なぜ行きたくないのか原因を探しましょう

無理に理由を聞き出す必要はないのですが、実際には「面倒くさい」「だるい」と感じているだけのこともあります。そのため、なぜ行きたくないかの理由は聞いてみる必要はあるでしょう。ただし、いじめなど人間関係で悩んでいる場合は親に理由を言うことは少ないものです。

そうした場合は無理に理由を聞き出すのは止めて、学校を休ませたうえで徐々に話を聞いてあげるのが良いかもしれません。無理に学校に行かせて何か問題が起こっては後悔しきれないですからね。

休み過ぎると学校に行き難くなる

学校を休みたいなら休ませても良いのですが、理由が「面倒くさい」「だるい」などの場合は、休まずに学校に行った方が良いでしょう。

休みすぎて行くのが面倒臭くなっている男の子

親の都合で休ませるのはやめましょう

最近では平日に学校を休ませて、旅行に行く人たちもいるようです。確かに親の都合に合わせなければ休みが取れないという事情はあることでしょう。しかし、子供の仕事は学校で勉強することです。その仕事を休ませるのは親が仕事を休むのと同じことですよね。

また、自分の都合で学校を休んでいては「学校なんて行かなくても良いのでは」と思い、学校を休むことが多くなります。結果として学校に行き難くなりますよね。親の都合で学校を休ませるのは止めましょう。

子どもが学校を休みたいと言ったときの5つの対処法

学校を休みたいと言われたとき、ただ休ませるだけでは不十分です。もし原因があればその原因を解決しなければ学校に行くこともできないですし、子供自身も辛い状態が続くだけです。それでは実際に子供が学校を休みたいと言ったときにどのように対処すれば良いでしょうか。ここでは具体的にどのようにすれば良いかご紹介します。

行きたくない理由が特にない場合

学校に行きたくない理由は特にない場合もありますよね。だるかったり、めんどうくさかったりする日は小学生にもあります。そうした場合はどのように対処すれば良いでしょうか。

何となく行きたくないはなるべく学校に行かせましょう

親子

何となく行きたくない場合はなるべく学校に行かせた方が良いです。学校を休むことが多くなると、今度は学校へ行きたいと思わなくなります。ただし、本当は理由があるのに学校に行きたくない理由を言わない場合もあります。こうした場合は学校を休ませた方が良いでしょう。その違いが分かるように、普段から子供とのコミュニケーションをとっておく必要があります

また「だるい」「面倒くさい」場合は疲れている可能性はあります。例えば生活リズムが崩れていることもありますので、夜は早く休むように言いましょう。生活リズムを整えることでこうした問題は解決することが多いですよ。

親と一緒にいたい場合

学校に行きたくない理由の一つに親と一緒にいたいという場合があります。小学生なのだから、そんなことはないだろうと思いますが、小学生といってもまだ10歳に満たない子供たちもいます。こうした子供たちに「ママパパと一緒にいたい」と言われたときにどうすれば良いのでしょうか。

親子

親に甘えている?分離不安の可能性も

「ママパパといっしょにいたい」というのは甘えていたり、分離不安と言われたりします。小学生といってもまだ子供です。外の世界に出ていくことに不安を覚えていてもおかしくありません。こうした場合、子供の不安を解決して学校へ行ってもらいましょう。

「お母さんは家で待っている」としっかりと伝えてあげる必要があるでしょうね。小学生といってもまだ子供だという意識を常に持って、子供と接してあげるのを忘れないでください。

友達との関係に問題がある場合

学校に行きたくない理由のひとつに、友達との関係がうまくいっていないというのがあります。なかなか本人の口からその理由が語られることは少ないのですが、こうした場合、どのように対処すれば良いのでしょうか。

いじめの場合は子どもの意志を尊重する

いじめられている男の子

友達の関係がうまくいっていないのが、いじめにまで発展していた場合、学校に行かせても問題は悪くなるだけです。そうした場合は学校を休ませた方が良いでしょう。ただし、いじめにあっていることを親に話してくれることはほとんどありません。

その子の変化を毎日見ている必要があります。少しでもおかしいと感じたら、その理由を時間をかけて子供から聞き出すようにしましょう。いじめの場合、その解決に時間がかかっても構いません。本人の意志を尊重しつつ問題の解決に向かうようにしましょう。

もし本人が話してくれない場合は学校に相談してみましょう。学校との協力がなくてはこのような問題は解決しません。普段の様子をしっかりと学校から聞くようにしましょう。

先生との関係に問題がある場合

小学校の様子

学校では先生との関係がうまくいかない場合もあります。先生が誤解している場合もありますし、子供が誤解してしている場合もあります。このような場合はどうすれば良いでしょうか。

まずは学校を休ませましょう

先生との関係が悪い場合、学校へ行っても問題は解決しません。まずは学校を休み、学校側と話し合いをしましょう。もちろん、先生と話しても問題が解決しないこともあります。また、誤解が元で先生との問題が発生している場合もあります。

問題がはっきりして解決するまでは学校を休ませてもよいでしょう。その上で先生との関係が修復できるのかまたは学校を変えるべきなのかなど様々な方法を模索しておきましょう。

勉強が嫌いな場合

勉強に悩む女の子

学校へ行きたなく理由の一つに勉強が嫌いというのがありますよね。「今日はテストがあるから行きたくない」と思ったことはあるのではないでしょうか。こうした場合はどのように対処すれば良いでしょうか。

点数で怒らないようにしましょう

勉強の場合、まずは一生懸命努力することが大切であることを理解してほしいですよね。点数が悪いから怒るのはやめて、努力を認めてあげましょう。
そうすることで点数よりも勉強することの重要性を理解して、勉強も少しずつ好きになってくるかもしれませんよ。勉強が最初から嫌いな子はいません。勉強も楽しくなれば勉強することは辛くありません。そのような工夫を家庭でも行うようにしましょう。

学校と協力して子供の気持ちを理解しよう

学校に行きたくない理由というはさまざまです。子供はその理由をはっきりと言ってくれる場合もありますが、言わない場合もあります。
それを家庭だけで確認するのは難しいのは間違いありません。学校に行きたくないのですから、学校に問題がある場合も多々あります。学校と協力することで、なぜ学校に行きたくないのかはっきりとさせ、問題を解決できるようにしていきましょう。