子供の嘘の対処法・嘘をつく病気

嘘をつく病気も?平気で嘘をつく理由と子供の嘘の対処法

嘘をつく病気もある?叱っても叱っても子供が嘘をつく理由や嘘を繰り返す原因を、発達障害や精神疾患が原因である可能性も含めて解説します。子供の嘘へただ叱るだけでない効果的な対処法、成長過程で子供の嘘はどのように変化していくのか、許していい噓と許してはいけない嘘についても説明します。

嘘をつく病気も?平気で嘘をつく理由と子供の嘘の対処法

平気で噓をつく子供たち…原因は?嘘をつく病気や子供の嘘の対処法

「嘘つきは泥棒の始まり」ということわざがあるように、私たちは小さな頃から、嘘をつくのはいけないことであると教えられて育ってきました。家庭でも、幼稚園でも、学校でも、嘘をつくのは悪いことであると言われてきましたよね。

もちろん、ときには相手のことを思いやってつく嘘もあります。ある程度、子供が嘘をつくことは正常であり、また子供が嘘をつけるようになったというのは成長の証であるとも言えます。

何度言っても嘘をつく子供

学校の先生に嘘をついて逃げる子供達

そうは言っても、あまりに頻繁に嘘をついたり、内容が悪質に思えるものだったりすると、何か問題があるのではないかと心配になりますよね。中には、何度嘘がバレて怒られても、どんなにきつく叱っても嘘をつくことをやめない子供もいます。

そのうち、子供同士でも「嘘つき」のレッテルを貼られるようになってしまうかも。自分の子供が嘘つき呼ばわりされるのは、親としてもつらいですよね。

子供はなぜ嘘をつくの?

小さいときからずっと、嘘はいけないと教わってきたはず。それなのに、子供はどうして嘘をつくのでしょうか?

子供が嘘をつく理由

子供の嘘の理由には、年齢や性格、家庭環境など、さまざまな要因が考えられます。嘘の内容も、特に気にする必要のない無害なものから、将来の人格形成への影響も考えて早急に対処すべきものまで、さまざまです。それでは以下に、子供の嘘の理由として考えられるものを見ていきましょう。

叱られたくない

子供に限らず人が噓をつく最大の理由は自己防衛本能だと言えるでしょう。
何かに失敗してしまったとき、本来するべきではないことをしてしまったときに、自分の失敗や行動を批判されるのを回避するために、嘘をついてしまうのです。

子供の場合も、親に本当のことを言うと怒られそうなとき、その場を切り抜けるために嘘をつくことは多いのですが、親がそのことについて厳しく問い詰めたなら自分を守るためにさらに嘘を重ねてしまうでしょう。

また、親が厳しすぎる家庭で、子供がいつもちょっとしたことで親から怒られたり責められたりしていると、本当のことを言えなくなってしまいます。

叱らない子育ては賛否両論?子供を叱らず躾けるには
叱らない子育ては賛否両論?子供を叱らず躾けるには
叱らない子育ての本当の意味とは?叱らない子育てではどんな子が育つのでしょうか?叱らない子育ての効果、実際の子育てに活かす方法や子育てに生かしたい心理学などちょっと小難しい話も分かりやすく解説。

褒められたい・人に注目されたい

子供は、常に周りの人に自分に関心を持ってもらいたいと思っています。
その相手は、ママやパパだったり、仲のいい友達だったり様々ですが、例えば「今日テストで100点取った」と事実でないことを言ったり、持っていないゲームソフトを持っていると友達に自慢したりと、自分を大きく見せようとするような嘘をつくことがあります。

これは、子供が「自分を認めてほしい」という承認欲求を満たすためにつく嘘である場合もありますが、なんらかの理由で寂しさを感じているために注目してほしいと思っている可能性もあります。

心配してもらいたい

子供が、親の愛情不足を感じていたり家庭環境などで不安な気持ちを持っている場合、仮病を使うようになることもあります。具合が悪くなれば親が心配して優しくしてくれるので、頭が痛い、お腹が痛いなど、実際はどこも悪くなくても嘘で具合が悪いふりをするようになります。

今、やりたいことをやりたい

子供は、目の前に興味のあることややりたいことがあると、他のことは見えなくなってしまうことがあります。テレビに夢中になっている子供に、「歯を磨いたの?」と聞くと、テレビを中断したくないがために「もう磨いた」と咄嗟に嘘をつくことがあるでしょう。

幼児期の子供にとっては、「自分がいかに楽しくなれるか」が一番の関心事。そのためには、悪気はなくても嘘をついてしまい、また年齢が低いほど本人も嘘をついているという自覚はないものです。

空想と現実の区別がつかない

特に子供が小さいうち、童話や映画などの世界の話を、あたかも現実のことであるかのように話してしまうことがあります。「ぬいぐるみと話をした」など、幼児期特有のファンタジーあふれる嘘(?)はかわいらしいものですよね。

このような空想と現実を混同している場合は、嘘であると認識する必要はありません。成長とともに、現実と空想世界の境界線がはっきりしてくると、このような嘘をつくことも自然と少なくなってきます。空想の世界に浸ることは子供の想像力を高めることにもなるので、見守ってあげましょう。

願望の思い込み

「こうしたい」「こうなったらいいのに」という強い願望があると、それが本当のことであると錯覚してしまうこともあります。例えば、「ディズニーランドに行きたい」という願望が強くあると、「今度、ディズニーランドに行くんだ」と友達に話してしまったりするのです。

これも人を騙そうと思って言っているわけではなく、幼児が成長していく過程の行動なので、心配しなくても大丈夫です。

嘘をつく理由は?病気が原因の場合

ママに嘘をついてしまった女の子

特に幼児期の子供の嘘に関しては、ほとんどは成長とともになくなってくる心配のないものです。しかし、あまりに頻繁に嘘をついたり、人を傷つけるような嘘、悪意のある嘘の場合は注意が必要です。その原因が、精神疾患または発達障害等の脳の病気によるものの場合もあるからです。

ADHDの子供がつく嘘

発達障害の一つであるADHD(注意欠陥・多動性障害)を持つ人は、嘘をつくことが多いと言われています。(注1)
ADHDの子供は物忘れやうっかりミスが多かったり、自分で物事の優先順位をつけることが苦手な傾向にあります。また発言に統一性がなくコロコロと意見が変わることも多く、そういった面が結果的にいい加減に嘘をつく人と思われてしまいやすい要因。
また、人からけなされたりいじめられたりしてしまう経験も多いADHDの子供は自己評価が低い傾向にあり人と信頼関係を築くことすら難しく感じています。このため、他の人と対等にいたいという気持ちから嘘をついてしまう傾向も見られます。

ADHDの人がつく嘘は、本人の利益のためというよりは衝動的であまり意味のない、バレやすい嘘であるのが特徴。もちろん症状には個人差が大きいので、すべてのADHDの人がそうであるとは限りませんが、本人は悪いことだと認識していない可能性も大きいので、子供のうちに嘘をつけば必ずバレるものだということを認識させることが大切です。

広汎性発達障害の子供は嘘をつく?

広汎性発達障害も発達障害の種類の一つです。近年は自閉症スペクトラムとも呼ばれ、よく聞く「アスペルガー症候群」も広汎性発達障害に含まれます。
広汎性発達障害の人は、とっさに思いつきで行動するということができないために嘘をつかないとも言われていますが、実際には、特にアスペルガー症候群に嘘をついたり自分の非を認めない傾向が見られるようです。これは「解離性障害」に起因していると考えられます。(注2)

解離性障害とは、発達障害の人に限らず、極度のストレスやトラウマによって起こる精神疾患のこと。つらい経験をすると、自分を守るためにその記憶から自分を切り離そうとする障害です。そのときの記憶がすっぽりと抜け落ちてしまうことがあり、無意識にその間の記憶を自分で作り上げてしまうのです。そのために周囲からは嘘をついていると思われますが、本人は自分の記憶が正しいと思っているので、嘘をついていることに気づけません。

広汎性発達障害の子供は、その特性から親や周囲にとっては育てにくい子供だと思われがちです。幼少の頃から、常に注意されたり叱られたりすることが健常者の子供よりも多い傾向にあるため、広汎性発達障害の子供は比較的解離性障害の発症が多くなると考えられます。

また、広汎性発達障害の子供の中には、想像力が豊かで空想の世界にふけることが好きな子供がいます。この豊かな想像力のために、ときに空想と現実の境界線があいまいになり、周囲からは嘘だと思われるような発言をすることがあります。

精神疾患が原因の嘘

橋から川を眺める女の子

その他、嘘をつく病気には、パーソナリティ障害(人格障害)が原因であることもあります。パーソナリティ障害とは、物の考え方や捉え方、感情や衝動のコントロールなどの機能が偏っているために問題が生じる障害で、日常的によく嘘をつく傾向があります。(注3)

アメリカの研究では、人口の約15%の人がパーソナリティ障害であるとも報告されています。パーソナリティ障害はただ単に性格が曲がって嘘をついているのとは異なり、治療により徐々に改善が期待できる疾患です。

虚言癖とパーソナリティ障害

最初は必要にかられてついていた嘘も、嘘を重ねるごとにそれが癖になってくることがあります。
虚言癖のある人の特徴としては、プライドが高い、劣等感が強く自信がない、努力をすることが苦手、周囲に隠していることがある、孤独を感じやすく周囲に構ってほしい気持ちや認められたい気持ちが強い、などがあります。

虚言癖自体は病的な疾患を意味する言葉ではありませんが、虚栄心を満たすための日常的な嘘、度が過ぎる嘘はパーソナリティ障害が関係していることもあります。

演技性パーソナリティ障害

演技性パーソナリティ障害は他人の関心や注目に過敏に反応するタイプの障害です。いわゆる「オオカミ少年」型で、常に嘘をついて相手の注意を引き付けようとします。若いうちに発症することが多い障害だと言われています。

演技性パーソナリティ障害の人は、常に自分が注目を集めていなければいけないと思い込み、そのために空想の世界で幻の自分の姿を作り上げ、それが現実であるかのように他者に見せかけようとする、つまり嘘をつくのです。ときに人の気を引くための仰々しく芝居がかったような言動も見られ、興奮しやすく、挑戦的な態度をとるのも特徴です。

このタイプの障害を持つ人は、幼いころから本当ではない自分を演じなければならないような、愛情が不足した環境で育った人が多いと言われています。

虚偽性障害

虚偽性障害の人は、他人の注意を引くために病気の症状などを虚偽で訴える、いわゆる仮病を使います。日常生活で多くの人が仮病を使った経験があるかと思いますが、通常は仮病を使うことによって学校や仕事を休む目的があるのに対し、虚偽性障害の人は、病気を偽って人から同情されたり、優しくされたい、構ってもらいたいという目的から仮病を使います。

反社会性パーソナリティ障害

反社会性パーソナリティ障害、自分の利益のために平気で嘘をつくのが特徴です。社会的ルールや法律を守ることを重要視せず、衝動的に行動し、そのような自分の行動に罪の意識を持ちにくい傾向があります。自分が楽しむため、自分の利益になることなら、人を傷つけたり嘘をついて人をだましてもいいと思い込んでいます。

反社会性パーソナリティ障害の人は子供の頃から問題行動が顕著に表れ、一般的に症状がピークを迎えるのは10代後半と言われています。反社会性パーソナリティ障害の原因ははっきりと分かっていませんが、親からの愛情過多など幼少期の育ち方の問題が関連しているのではと考えられています。

子供の成長と嘘

子供の嘘に適切な対応をする保育士

子供の嘘は、成長の段階とともに、どのように変化していくのでしょうか?

3~4歳頃の嘘

言葉をしゃべり始めたばかりの子供は、獲得したばかりの言語というコミュニケーションツールを使って、事実と異なることを伝えようとするようなことはありません。一般的には、子供が嘘をつき始めるのは3歳と言われています。言い換えれば、嘘をつくことができるようになったというのは、正常な発達をしている証拠でもあるのです。

3~4歳の子供がつく嘘は、ほとんどの場合、他愛のない、すぐにバレてしまうような嘘です。口の周りがチョコレートだらけなのに、「チョコなんて食べてない」と言い張るようなものです。

また3~4歳の子供では、現実と空想の境界線があいまいであるために、嘘というよりは空想の世界で見たものをそのまま現実のこととして話してしまうような、悪意のないものがほとんどといえるでしょう。大人が考えるいわゆる「嘘」とは全くの別物であるのです。

5~6歳頃の嘘

子供が嘘をつく頻度は、年代的には6歳前後が最も多いといわれています。これは、家庭や幼稚園などで社会と関わり人間関係を学ぶうちに、さまざまな理由から嘘をつくということを学ぶためです。友達とケンカになり、本当は自分が先に手を出してしまったのに、相手が先にたたいた、と嘘をつくのは、自分が叱られたくないという自己防衛本能が働いているため。

また、この時期の子供は、自分の関心が向いていることを早くしたいために、咄嗟に嘘をつくこともあります。早くテレビが見たいために、まだ洗っていないのに「もう手を洗った」と言ってしまうことなどが典型例です。

小学校低学年の嘘

小学生になると、学校という集団生活の中で人間関係が複雑になり、さまざまな問題やしがらみが増えてくるため、嘘をつくことも増えてくる可能性があります。

この時期の子供は、急速に社会性が身につく時期でもあり、他者を思いやる気持ちが大きくなります。そのため、兄弟や友達をかばって嘘をつくことも。また、親をがっかりさせたくないために、学校で先生に怒られたのに怒られていないと言ったりすることもあるでしょう。

小学校中学年~高学年の嘘

この時期になると、子供も現実と非現実の違いがはっきりと分かるようになります。嘘をつく以前に、親に話さないことが増えてくるのもこの時期の特徴で、順調に成長している証です。友人関係がうまくいっていないときに親に嘘をつくこともあるので、注意が必要です。
親が極端に厳しい家庭だと、親に対する恐怖心や不信感から嘘をつくこともあります。

中学生の嘘

人間関係がますます複雑になる中学生では、親に言わないことも、嘘の種類もますます増えてきます。あまりに繰り返し、重要な場面で嘘をつくようだと、演技性パーソナリティ障害や虚偽性障害などの人格障害も疑われます。このような場合は専門医への相談が解決につながるかも知れません。

許してもよい嘘と許されない嘘のボーダーラインは

子供達と一緒に家に帰るパパ

とくに人格障害など問題のない大人でも、日常的に小さな嘘はついて生きているもの。でももちろん、自分の子供が嘘をつくような大人にはなってほしくないと思っていますよね。子供の嘘で、許してもよい嘘と許されない嘘の境界は、どこにあるのでしょうか?

子供が嘘をつくときは叱っても無駄?心理と嘘の対処法
子供が嘘をつくときは叱っても無駄?心理と嘘の対処法
子供が嘘をつくのは原因があります。子供の心を受け止め嘘に適切な対処をしましょう。子供が嘘をつく時期や年齢、その年齢毎に変化する嘘のつき方など、子供の心理状況を解説。正しい子供の嘘との向き合い方です。

見逃してもOKな嘘

幼児期の空想の世界の話からくる嘘や、強い願望によりつい口を出てしまう嘘は、誰かを騙そうとして言っているのではありません。子供が成長していく過程でこのような行動があるのはよくあることなので、見守ってあげて大丈夫です。

思春期になると、友人関係などからどうしても嘘をつかざるを得ない状況になることも出てきます。本人も嘘をついたことに対して罪悪感を持っているはずなので、そんなときに親から追い打ちをかけられて責め立てられたら精神的に委縮してしまいます。
その場ではそれ以上詰問せずにそっとしておいてあげることも必要でしょう。改めてゆっくりと話を聞く機会を設けて、ちゃんと話してくれたら褒めてあげましょう。

許すべきでない嘘

一方で、もし子供がついたら絶対に見逃してはいけない嘘も存在します。
基本的には、その嘘によって人に迷惑をかける可能性がある場合、また、人を傷つける、陥れようとする、騙そうとするための悪意のある嘘は絶対についてはいけないと教えるべきです。

もし子供がそのような嘘をついた場合には、毅然とした態度で、そのような嘘がどんな結果をもたらす可能性があるのか、具体的には、友人や周囲の人にどのような迷惑をかけたり傷つけたりするかもしれないのか、またそれによって自分も罪悪感に苛まれたり自己嫌悪に陥ったりと、傷つくであろうことを話してあげるべきです。

自分が叱られないためにつく嘘も、見逃すべきではない嘘です。例えば子供がコップを自分で落として割ってしまったのに、最初から割れていた、と言った場合―――本当のことを言ったら怒られると思い、自分を守ろうとしてついた嘘ですよね。
その後からでも正直に割ったのは自分だと認めたら、そのことを褒めてあげてください。しかし嘘をつくこと自体はいいことではないので、どうすればよかったのかを親子で話し合い、子供にごまかしたり嘘をつかない生き方を理解させましょう。

子供の嘘にはどう接するべき?

思春期の小学生の男女

自分の子供が嘘をついていたことに気づいたら、どのように接するのがいいのでしょうか?
基本的には、頭ごなしに叱るのではなく、嘘をついてはいけないということを、理性的にじっくりと言い聞かせるのが鉄則です。嘘をつくと人に信用されなくなる、友達がいなくなるなど、どうして嘘をついたらいけないのか理解させることが重要です。

過保護な親になりすぎ?子供をダメにする言動と必要な甘え
過保護な親になりすぎ?子供をダメにする言動と必要な甘え
過保護な親になっていませんか?この行動は過保護に当てはまる?過保護に育てると子供への影響はどのようなものがある?ついつい子供を甘やかせてしまうという方に子供をダメにする言動や必要な甘えについて解説。

幼児期の、空想と現実の区別がついていない子供

幼児期の子供が、「外に妖精が飛んでいた」「ぬいぐるみがお話した」などと現実ではない話をしても、これはこの時期の子供特有のもので、成長するにつれ言わなくなるので、心配する必要はありません。「妖精なんていないわよ」「そんな嘘つくんじゃありません」などとは言わないで、今だけのかわいいウソを楽しみましょう。

嘘をついた背景を見てあげる

嘘をついた原因に人間関係がうまくいっていないような背景があるとき、嘘をついたことを責めるとますます本当のことを言ってくれなくなり逆効果になることがあります。なぜ嘘をつこうとしたのか、子供の気持ちを考えてみましょう。その上で、腹をわって子供の話をじっくりと聞いてあげることが大切。

親が厳しすぎる場合も、子供は親からの叱責を避けるために条件反射的に嘘をつくようになることがあります。心当たりがあるようなら、子供が嘘をつかざるを得ないような環境を作っていないかどうか、子供に対する態度を見直してみる必要があるかもしれません。
それでも解決しないようなら、カウンセラーなど専門家の手を借りる方法も考えてみましょう。

嘘をつかれてしまうのは悲しいと伝える

子供が嘘をついた背景が分かったら、嘘をつかれると悲しいという親の気持ちを伝えましょう。
なぜ自分は子供に嘘をついてほしくないと思っているのかを、冷静に、ゆっくりとした口調で説明をするなら、親を悲しませたくないと思うほとんどの子供は、そんな親の様子を見て次回から嘘をつかないようにしようと思うはず。

本当のことを言える雰囲気を作る

嘘をつくということは、善悪の判断がついているということ。してはいけないこと、怒られることをしたから嘘をついてしまったのですよね。嘘をついたことに対して、本人も罪悪感を持っているはずです。
ここは、まずは嘘をついたことを責めるのではなく、なぜそんなことになったのか、正直に話せる環境を作ることが重要です。静かで落ち着いて話ができる環境を作り、目を見てゆっくりと話すことを心掛けてください。

これによって、本人が親の叱責に反発して意固地になるのではなく、素直に振り返って反省できるような環境を作ってあげるようにします。
そして子供が素直に自分の嘘を認めたときは、その行動を誉めてあげてください。「嘘をつくより正直に話したほうが親は悲しまないし、正直でいると親は喜ぶ」ということを学習すれば、嘘の頻度は自然と減っていくでしょう。

親が子供に対して「あなたは嘘なんてつかないと信じてる」と言ってしまうこともありがちですが、これもNG。自分のことを信用してくれていたのにと思うと、子供は余計に言い出しにくくなってしまいます。

嘘をつく以外の方法を教える

ほとんどの場合、子供が嘘をつくのは、その場を逃れようとする咄嗟の行動であることが多いと思います。しかし、またほとんどの場合、嘘はバレるもの。往々にしてその場のがれの嘘をついたがために状況を悪化させることになってしまいます。親としては、嘘はついても必ずバレること、嘘をついても何も改善しないことを子供に教え込むべきです。

叱られたくないために嘘をつきたくなるのだから、子供が本当のことを言ってきたら頭ごなしに叱ってはいけません。まずは本当のことを言った行動を褒めること。その上で、子供に悪い点があったならなぜそんなことをしたのかを聞いて、今後はどうすればいいのかを一緒に考えてあげましょう。

言い過ぎてしまったら

子供の嘘に、つい感情的になって怒鳴ってしまったりすることありますよね。また、一方的な情報をもとに子供を叱ってしまったけれど、実は本人は悪くなかったなんてことも。そんなときは親としての自分の未熟さに自己嫌悪に陥りがちですが、なるべく早くにきちんとフォローしてあげましょう。「さっきは言い過ぎたよ。ごめんね」「○○くんが先に叩いたんだって?先生から聞いたよ。理由を聞かずにごめんね」と、自分が言い過ぎたり間違っていたことを素直に親が認めることによって、子供に対して、本当のことを言える大切さを身をもって教えることができるのです。

子供の嘘は、冷静にその背景を見極めることが重要

子供が嘘をついていたことが分かると、親としては驚きや怒り、不信感や不安な感情がわいてきて、冷静に対応することが難しかったりします。一口に嘘といっても、その内容はさまざま。子供がなせ嘘をついてしまったのか、つかなければいけないような状況だったのか、その背景を理解してあげることで、その嘘に対する対応も違ってきます。また、嘘をつくことが多い病気も存在することを気に留めて置き、自分の子供の嘘が何に原因があるのかを正しく見極めることが大切になります。

おすすめコンテンツ