子供のメガネの選び方

子供のメガネは一生の視力に影響!正しい眼鏡の選び方

子供のメガネは慎重に選んで!子供の目はとても繊細で、度数の合わないメガネだと更なる視力低下を招き、目の異常をきたします。眼科での視力検査・診察の上で、購入してください。斜視・弱視など幼児期の子供にとって眼鏡は大切な治療用医療機器でもあります。補助金や保証など、賢く利用しましょう。

子供のメガネは一生の視力に影響!正しい眼鏡の選び方

子供のメガネは今後の視力への影響力大!メガネ選びのポイント

学校等の眼科検診の結果により、視力の低下に気が付くことが多いと思います。だからと言って直メガネ販売店へ行くのはNG。子供の目が悪くなっていることがわかったら、まず最初に必要なのは適切な治療です。メガネはそのために欠かせない「医療機器」になります。

子供のメガネは眼科へ!

メガネ販売店で行われる検査は簡易的なもので、専門医で行われる検査とは全く違います。特に小さなお子さんの場合、検査にも不慣れな為、緊張して近視寄りの数値が出ることもあります。

必ず専門医の診察を受けてからメガネを作りましょう。

はじめてのメガネは必ず眼科へ!正しいメガネを掛ける重要性

初めての眼鏡は必ず眼科医・専門医に相談しましょう

専門医により検査し、視力低下の原因によりメガネの使用目的が変わります。
ただ単に視力が悪いからメガネをかけても、適切なメガネを使用しなければ、かえって視力を悪くさせてしまいます。

度数の合っていないメガネをかけると、発達途上の子供の目はその度数に合うように成長してしまい、結果的に視力低下や異常が進んでしまいます。メガネをかけ始める時期や度数の選択は、子供の場合は特に慎重に判断するべきですので、必ず専門医を受診しましょう。

どれくらいの視力からメガネが必要?

学校での視力検査結果の表示は以下の通りです。

視力検査の4段階判定

  • A判定 視力1.0以上 よく見えています。
  • B判定 視力0.7~0.9 注意しましょう。視力の低下が見られます。
  • C判定 視力0.3~0.6 眼科受診の基準 教室の後ろから黒板の字が見えにくくなっています。
  • D判定 視力0.2以下 必ず眼科の受診 教室の前からでも黒板の字が見えにくくなっています。

この4段階の判定を基準に家庭でも眼科へ行くかどうかを判断しますね。B判定だった場合、眼科での再検査では問題のないケースもあります。

メガネをかけないことで起こるデメリット

メガネをかけると目が悪くなる!と思っている保護者が時々見受けられますが、これは誤解です。

視力が低下した子供は、物をよく見ようと無意識のうちにかなりの努力をしています。その為に、疲れやすい、集中力が無いなどの傾向がみらます。視力の矯正すべき時期に必要な矯正をしないで、視力低下を進めてしまうと、メガネをかけても矯正しても視力が出にくくなり、必要以上の度数のメガネをかけなくてはいけなくなります。

専門医とよく相談をして、子供の成長のためになるメガネを選びましょう。

メガネはいつもかける?必要な時のみ?

本を読んでいる眼鏡をかけた少年

メガネをかける様になった場合、常時メガネを使用した方が良いのか、必要時のみ使用した方が良いのか気になりますね。

裸眼でも日常生活に不自由が無い場合は、外していても大丈夫です。早い時期からのメガネの使用が視力低下に繋がる!と思っている人もいますが、そのようなことはなく、メガネと視力低下の進行には明確な関係性はありません。

幼児期の視力低下には要注意!視力低下のサインとは?

小学生は視力検査などで視力低下を知ることができますが、気を付けたいのがそれ以前の保育園や幼稚園に通う幼児です。幼児期の視力低下は、病気が隠れていたり、遺伝的な要因が関係することもあります。

3歳児検診などで簡易的な視力検査を行うことはありますが、なかなか視力検査が難しいこの時期は、普段の様子から視力低下を察してあげましょう。

乳幼児期の視力の発達と治療用メガネの必要性

生まれたばかりの赤ちゃんの視力は、0.02程度ですが、その後急速な発達を遂げ、3歳で1.0 程度となり、6歳までに大多数の子供たちが大人と変わらないような視力や視界を手に入れます(注1)。しかし、発達には個人差もあり、視力の発達が通常に比べて遅い子もいます。

そのため、こうした弱視・遠視・乱視・斜視の子供たちに関しては、視力を育てるために治療用メガネの着用が進められます。日常生活に支障をきたさないのはもちろん、視力の矯正という意味がありますので、常時メガネをかけているのが望ましいです。

本人が嫌がったり、周りの目が気になることもありますが、適切な治療・対処をとり、視力が伸びればその後の生活でメガネがいらなくなる子もいます。生まれつき弱視や斜視の場合、メガネの購入には補助金が出ますので、金銭的負担は少なく済みます。できるだけ早く眼科へ連れて行ってあげましょう。

メガネが必要?子供の視力低下のサイン

メガネをかけず、視力を育てないと、寄り眼や斜視になり、両目で物を見られず、距離感が育たない原因になります。このことから、日常生活にも様々な不便が起こります。

心身の成長と共に、健康な目の機能を育てていくことは、とても大切なことです。眼科医と相談の上、適切な対処をとりましょう。

幼児の弱視サイン

転びやすい・集中力がない・何に対しても興味が少ない等は弱視が原因の場合もあります

遺伝的な要因が絡む弱視は、親も気を付けて見ているので、早期に発見されやすい傾向があります。しかし、弱視は遺伝的要因以外でも起こりますので、保護者は普段の行動をチェックしておきましょう。

斜視とは?

斜視とは、左右の視線の向きがずれていて、別々の方向を向いている目の状態を言います。

右目は内側、左目は外側と言う様に黒目の位置がおかしく、視線がおかしく見た目にも違和感があります。眼の筋肉や視力が成長途中にあり、うまく視線を合わせられないことが原因です。成長と共に治るので問題はありませんが、中には遺伝・眼球の筋肉異常が原因の場合もあります。

子供のメガネは補助金が存在!

弱視、斜視などの治療用メガネが必要な場合、自治体から補助金をもらうことが可能です。以下の3つの条件にあえば、補助の対象となります(注2)。

・9歳未満が使用
・弱視・斜視・先天性白内障などの治療に必須であると医師が判断した
・医師の処方によるメガネ(コンタクトレンズ)である

眼科医を受診し、診断書をもらい、申請用紙を自治体へ提出すると、購入したメガネの代金が助成されます。ただし、一般的な近視などは対象外です。

多くの自治体では、未成年の子供の医療費は、「乳幼児医療費助成」により全額免除・低額負担となっているでしょう。こちらの制度と合わせると、メガネの購入費、病院の診察料などの自己負担を軽減できます。

子供用メガネの選び方

成長期の子供は、わずかな期間で視力の異常が進んでしまいますので、必ず専門医を受診しましょう。

眼科でしっかりとした検査を行い、子供の眼の現状を知り、メガネを選びましょう。レンズのピントが合っているのはもちろん、かけていて苦痛や違和感のないメガネでなくてはなりません。

子供用メガネの選び方のポイントやUVカット、ブルーライトカットなど、メガネの種類をまとめました。

レンズの中心と目の中心はあっていること

眼科で視力の検査をしている女の子

レンズの中心と瞳の中心が合っていないと見えにくくなったり、眼が疲れやすかったりします。せっかくきちんとした検眼をしても中心が合っていなければ意味がありません。

左右の目と目の距離は個人差があります。またメガネの使用目的や生活習慣により、よく使用するレンズの位置が違ってきます。これらを考慮して、メガネを掛けたときの瞳の位置を測定し、レンズの中心と瞳の中心があうように設計しましょう。

テンプルの幅と長さは十分であること

フロントからこめかみを経由して耳に掛ける部分をテンプルと言います。
テンプル幅が広い方がしっかりと顔に密着するためずり落ちにくいです。長さも十分でないとかけている耳が痛みを感じます。

子供は成長により顔の幅が変わります。活動的な子供はフレームが曲がってしまうこともあります。レンズはもちろん、テンプルも定期的にチェックしてあげましょう。

プラスチックレンズの非球面タイプのレンズがおすすめ

ガラスレンズに比べ軽くて割れにくく、カラーバリエーションが豊富。
レンズの全体がほぼ同じ度数になっており、近視や遠視などの一般的な視力補正用として使われます。

その他レンズの選び方

UVカット

サングラスをかけている女の子

紫外線は皮膚だけではなく眼にも影響を与えており、白内障などの眼病の原因の一つです。

帽子をかぶることにより2割カットされると言われていますが、紫外線カットサングラスやメガネを着用することで、帽子をかぶったときの4倍以上のカットが期待できます。

紫外線は、光の通り道を邪魔して見えにくくし、進行すると乱視を引き起こします。紫外線は浴びるほど目の中に蓄積されるので、日頃から眼を守りましょう。

防傷コート

特殊コーティングにより標準レンズよりも傷が付きにくいレンズです。レンズも長持ちします。
レンズに付く汚れも悩みの一つですが、汚れも付きにくい加工です。水分や指紋等の汚れも付きにくくなります。
お手入れによりレンズの寿命も変わりますので、お手入れしやすいレンズはメガネの耐久性にもかかわります。

ブルーライトカット

子供の眼の水晶体は透明でにごりがないため、成長過程にある子供たちは、大人の目以上にブルーライトの影響を受けやすい環境にあります。

パソコン、スマートフォンやゲームの画面など、現代の子供たちはブルーライトを浴びる機会が以前よりもずっと増加しているはずです。無防備にさらされる子どもの眼を守るために、ブルーライトカット仕様のメガネを着用することをおすすめします。

体育のときはどうする?

子供がメガネを着用している時に、1番心配なのが体育の時間。視力低下がそこまでひどくないなら、その時間のみメガネを外すという方法もありますが、そのほかにどんな選択肢があるのでしょうか?

専用バンド

スポーツ等をする際にメガネがずれない様にスイミングのゴーグルのように後頭部をバンドで押させてメガネを固定します。

長さ調整も出来て素材がゴムなので伸び縮みし、取り付けも簡単!しっかりした掛け具合になりますので、ずれ防止になる優れものです。

スポーツ用ゴーグル

ネガネをかけて野球をしている男の子

激しいスポーツ、サッカーやバスケットボール等に取り組むお子様の目を保護するために作られたのがスポーツ用ゴーグルです。

激しい運動の際にもずれない工夫や、衝撃を和らげる素材の使用、広い視界や顔にフィットするフォルム等、安全にスポーツを楽しむためにかかせない機能を備えていますので、スポーツには最適です。

子供用メガネは破損を避けられない!?保証はつけておこう

体育の時間など、運動が避けらないだけでなく、子供はやはり大人に比べてよく動く生き物。友達同士で遊んでいて、うっかり壊してしまったという事態もよく聞く話です。

壊すたびに、新しいメガネに買い替えていては家計的な負担も大きいです。破損の際に交換してくれる保証サービスもありますので、条件を確認して、賢く利用しましょう。

また、レンズの度があっていれば、無理に高価なメガネを購入する必要はありません。

子供の視力低下は急激に進む!眼科での定期検診は重要

年齢にもよりますが、小学校高学年~中学生・高校生と勉強時間が長くなると速いスピードで視力低下が進むことがあります。度数の合わないメガネを使用することは、かえって視力低下の原因に繋がりますから、こまめに子供の目の状態を確認しましょう。

夏休み、冬休み、春休みなど、年に2回ほど子供の長期休みにあわせて、視力の再検査やメガネの調整を行うことをおすすめします。

参考文献

おすすめコンテンツ