子どもが学校に行きたくないとき

子どもが学校に行きたくない理由と接し方・低学年/高学年

突然子どもが「学校に行きたくない」と言ったらどうすればよいのでしょうか?小学生の子どもにも増える不登校ですが、子どもが学校に行きたくない理由や本音は学年によって違います。学校へ行きたくないと打ち明けてきた子供に対して無下に否定するのではない姿勢で接していきましょう。

子どもが学校に行きたくない理由と接し方・低学年/高学年

子どもが学校に行きたくないと言ったらどうする?

ある日、突然子どもが「学校に行きたくない」と言い出したらどうすればよいのでしょうか?大人の『学校は大切』『子供の甘え』という思いから、子供の言い分を全く聞かずに怒ってみても子どもは自分の殻に篭るだけです。
子どもが学校に行きたくないと言ってきたなら、それはパパママに伝えたいことを伝えているのです。まずは、子どもの話を聞いてみてあげませんか?

ここでは、小学生の子が学校に行きたくない理由とパパとママが子どもにどう接してよいのかをご紹介します。

子供が学校に行きたくない理由は学年でこう違う

小学生の子どもが学校に行きたくないと言う理由は、低学年と高学年ではもちろん同じではありませんね。低学年、特に小学校一年生の頃は、友達や学校の先生全て含めた学校生活に慣れず「学校に行きたくない」と思ってしまう子が多く、高学年では原因は具体化し、先生が苦手、クラスメートとの問題を抱えて「行きたくない」というケースが多く見られます。

小学1年生の『学校がイヤ』は、幼稚園と小学校の環境の変化が原因

学校に行かずアスレチックに行く小学生

保育園や幼稚園にはきちんと通えていても、小学校に通うのをきっかけにママと離れるのを不安に感じてしまい、登校に苦労するケースは少なくありません。保育園や幼稚園の保育士さんと役割が違う小学校の先生に不安を感じ、少しずつ自立を促していく学校という集団に『馴染めない』という気がしてしまうようです。

大人から見ると、とくにコレと言った理由はなく「学校に行きたくない」とわがままを言っているように見えても、子どもは学校という組織に、園にいたときとは違うお昼ごはんのスタイルについていくだけで必死な状態で、大きく変わった環境に適応できていない…という要素は捨てきれません。

泣いて登校を拒否する子には…

保育園や幼稚園から小学校に通い出した頃は、環境の変化に対応できないことがあります。
毎朝布団から起きたがらなくなったり、泣いてママにしがみついてしまったり、子どもが慣れてくれるまでは朝は大変です!

乗り越えなければならない壁、と、尻を叩いて無理に行かせるよりは、安心や自信を促してあげたいものです。

全ての子供が小学生になったからと自覚を持つわけではなく、子供を取り囲む環境が大きく変わることを考えると、基本的には今まで以上の会話とスキンシップが大切です。

子どもが環境に慣れるまでの間は、学校の前まで一緒に付き添っていくのもおすすめ。同級生や先生の目がある玄関前に行くと、子どもなりに精一杯頑張って泣くのをやめ、自らママの手を離し学校に入っていくようになります。
次第に気持ちが安定していきますので、忍耐強く側にいてあげて、頑張って涙をのんで学校に行けたらしっかり褒めてあげましょう!

また、寝る前に「今日はどんなことがあった」と話をしたり、本を読みながら一緒にいる時間を持ちながらしっかりハグしてあげてください。小さいころに戻ったつもりでおもいっきり愛情をかけ続けてあげると、安心して自立できるようになるはずです。

給食が苦手

学校給食のパンが苦手な小学生

幼稚園ではママの手づくりのお弁当だった子も学校に上がると給食に変わります。
学校の給食時間は限られた時間で準備して食べて…というところがほとんどで、1年生のうちはその変化に対応するのが大変な子もいます。

好き嫌いが多い子や一度にたくさんの量を食べられない子にとっては、給食時間が苦痛に感じてしまうこともあるようす。

小学2~3年生は学校の失敗が原因のことも

友達にからかわれる

体調が悪いのにルールを守るため無理に給食を食べたら吐いてしまった、失敗をみんなに笑われた…など、学校という集団組織に入って2~3年では、このような集団で起こりうる周りの揶揄から自分を守ることができなくて『学校に行きたくない』という気持ちが強くなることもあります。

みんながからかう(またはから別れているようなきがする)空気のなかに一日数時間…そのようなストレスのある環境下は大人だって耐え難いと思うことはあるでしょう。「たいしたことがない」と片付けず、子供の気持ちを聞いてあげましょう。

男の子がいじめる

頭を抱える教え子を心配そうに見つめる教師

女の子に多いのですが、乱暴な男の子に髪の毛をひっぱられて嫌だった、キックされたなどがきっかけになり学校に行きたくないと訴えてくることがあります。

パパやママは冷静に、「いきなり髪をひっぱられたのか、何か原因があったのか」など子どもの話をしっかりと聞いてあげましょう。学年が上がるにしたがってクラスメートとのトラブルは形を変えていくので「パパとママに話せない」と思わせてしまってはいけません。口を出さず話を聞いた後でその後の対応を考えましょう。

勉強が苦手

はじめはわからないことがひとつだけ…、しかしそれが積み重なっていくとどんどんわからなくなっていきます。授業がつまらなくなったり、苦痛になる前に宿題はきちんと理解しているかを把握してあげましょう。

子どもは興味を持てることには無理なく積極的に取り組むので、家庭でサポートをしてあげるのならクイズ方式にしたり子どもが楽しく理解ができる工夫ができたらベター。
低学年ではなかなか授業に集中できないこともあります。何か気になることがあるのならなおさらですので、家庭でのサポートはなかなか時間的に難しいパパやママは、お風呂に一緒に入りながら授業中の様子を聞いてあげるのも良いですね。

学校の勉強以外でも得意なことは、しっかりほめることで自信を持ってくれます。これを通して「一生懸命取り組む」姿勢を知ると、学校の勉強だって好きになれることもあります。

子供が勉強しない時に親ができる適切な対応・アドバイス
子供が勉強しない時に親ができる適切な対応・アドバイス
子供が勉強しないことを嘆くママパパは少なくありません。子供が勉強したくないと言う気持ちを理解しつつも、意欲をかき立てる方法や勉強に興味を持たせる方法について探っていきます。

小学校4~6年は友だち関係や先生との折り合い

学校で嫌なことがあり登校拒否をする女の子

先生が苦手

低学年からその傾向が見られることもありますが、学校の先生との相性が原因となることもあります。

小学校低学年のときとはまた違い、また一段レベルアップした規律を持つことが求められるなか、他の生徒にとってはジョークでも先生の何気ないひとことに傷ついたり、本人の苦手や性格を厳しく指導されたことがストレスに受け取ってしまうことも。学校に友達がいても先生との折り合いが悪いと子どもにとってはつらいものです。

ココでも無理に行かせるのではなく、やはり子どもの話をしっかりと聞く姿勢が大切。例えば忘れ物が多いなど、先生が指摘するとおりに子どもの苦手や性格で学校生活に何らかの問題が生じているなら、先生を批判する前に子どもと対策を考えていくようにしましょう。

クラスでイジメや孤立

小学校も高学年になると低学年と比べると友達関係にも変化が出てきます。友達ができない、誰とも話が合わない、友達と喧嘩をしたことから誰も話しかけてくれず、一人ぼっちの状態がつらい…など場合によってはいじめにも捉えられる状況で悩んでいることが。
特別友達作りが下手な子でなくても、そういった集団で生じる問題の解決は難しいといえます。特にいじめに発展すると、集団の行動はエスカレートし子どもを傷つけていきます。

日頃から、子どもと会話を通して『何があってもあなたの味方だよ』と言うメッセージを伝えてあげることで子どもが安心して親に相談できる環境は整えられます。スキンシップは大切です。

親の期待がプレッシャー

小学生の時点では、進路を考えて自主的に学校を選択する子の方は少なく、受験先は親が選ぶか、提案することとなります。ですが、中学校は友だちと一緒の公立に行きたいのに、「勉強してこの学校に受かるように頑張って」などと言うと、反論できずに重圧となってしまうことも。

「パパやママにほめられたい」「自分を認めてもらいたい」「もっともっと好きになってもらいたいと」という気持ちから、本音を隠していわゆる『良い子』を演じさせてしまうと、ある日突然に疲れ果てて「何もしたくない」「理由はないけど学校に行きたくない」と思わせてしまいます。

ですが、子どもが学校に行きたくないと話してくれるならまだ改善の余地はあります。子どもは、パパやママとは別の人格であることを認識し、本人の希望を尊重し、押し付けではなく本人がどうしたいのか、将来のことを話し合う時間を持ちましょう。

全学年共通は夏休み明け

学校にも家庭にも居場所がない小学生

体調面

自由に過ごした夏休みのあとは、規則正しい学校生活に不自由さやストレスを感じ、行きたくないと思うことがあります。

夜、遅くまで起きていた生活から抜け出せず睡眠不足となったりしないように、夏休み中にもある程度の生活を保ってあげましょう。

夏休み明けの宿題

宿題が終わらなかったことが原因で学校に行きたくないと強くストレスを感じる子どももいます。
親としては夏休みの生活が原因で「学校に行きたくない」と言われても、困りますね(笑)。子どものしつけ面からも、頑張って行かせたいところです。

このようなときは、ある程度の説得で子どもも折れて学校に行きますので特に心配はいりません。
帰ってきたら、どうだったかを聞いて褒めてあげましょう。

ほっとくと自己管理ができないのは小学生らしい一面です。特に夏休み後半は、始業式に向けて体調管理をしてあげる、宿題は計画的に終わるように定期的に見てあげるようにするようにしましょう。

這ってでも行かせるべき?学校に行きたくない子供への接し方

たしかに小学校中学校は義務教育であり、高校は進学のために選んだ道。ですので、基本的に「子供にはしっかりと学校に行ってほしい」というのが親心でしょう。
ですが、学校に行かない子どもを何が何でも学校に行かせようと「どうして行けないの?」「学校に行かないと駄目になっちゃうよ」と何が何でも学校に行かせようしてしまいますが、この場合、無理やりに学校に行ったところで「基本的には学校に行ってほしい」本来の目的は子供は達成できません。

学校に行きたくない子どもをパパとママはどのように接すればよいのでしょうか?
まずは、どうしても学校には行かないといけないのか、を見ていきましょう。

学校に行かないと人生が終わるわけではない

家の庭を散歩する登校拒否中の小学生

不登校気味の子供に対して「学校に行かないと高校も大学も行けないし仕事もできない」「小学校くらい行けないと人生どうするの?」と子どもに強く言ったり追い詰めたりしても、もちろんそんな言葉は子供には理解できません。
子供の将来やしなくてよい苦労を案ずる親心も分からなくもありませんが、子どもには現在抱える『学校に行きたくないほどの悩み』の方が重要なのです。

教育を受けさせる保護者の義務とは

日本国憲法では子どもが教育を受ける権利を保障していて、保護者は教育を受けさせる義務があると規定しています。学校教育法22条、39条は、小・中学校の保護者に学校に通わせるさせる義務を定めています。けれど、これは正当な理由がないのに行かせないのはいけないとしているだけで、事情がある場合にも何が何でも学校に行かせなくてはいけないということではありません。

冷静に考えるとさまざまな選択肢がある現代は、今、どうしても学校に行かないと子供の人生が終わってしまうわけではありません。どうなるか決まったわけでない先のことを案ずるより、悩みを抱え、悩みから自分を守るために学校に行くのを拒否する目の前の子どもの気持ちを考えるようにしましょう。

海外は学校に行かせないのも選択

海外ではホームスクールを選択する家庭もあります。
ホームスクールとは、学校に行かないで、両親のどちらかや家庭教師、インターネットの授業などで、一人から数名一緒に自宅学習をすること。
小中学校で学ぶ読み書きや計算などといった教育そのものは大切なので受けさせる必要はあるにしても、このように子どもにあった教育方法を選択できる国もあります。

日本ではホームスクールは一般的ではありませんが、子どもがどうしても学校にいけない状況が長期的に継続するときには、ただ不登校でいさせるのではなく、将来的に不便のないよう読み書き計算などを習得する環境を整えることはできます。

学校に行きたくない子どもとどう接すればいい?

学校を休み大好きな動物園へ行く小学生

学校に行きたくないと打ち明けてきた子どもを否定しないであげましょう。
子どもは繊細で傷つきやすく大人が思う以上に思いつめられていることもあります。それなのに、近所や世間の目がきになってしまうのなら、パパとママは考え方を変える必要があります。
まずは、学校に行けない子どもの現実を受け止めましょう。

責めない

「どうして行けないのか」と子どもを責めてはいけません。親に打ち明けたとき、子ども本人も苦しんでいるのです。ましてや、子どもの目の前で「お前の育て方が悪かったなど」など夫婦で醜い責任転嫁をしないように!
小さな子ほど「自分のせいでパパとママが喧嘩をしてしまった」と、とても傷つき、自己嫌悪におちいってしまいます。

無理に行かせようとしない

「休むとクセになる」と言うのは、休むことが駄目だ、学校は何が何でも行くべきと考えているパパやママにありがちです。「一日でも休ませたくない」という手段の目的化ともいえる価値観は、親個人のもので子供に押し付けるべきではありません。

子供が学校に行きたくないというのには何らかの理由があります。なかにはいじめの対象になっているなど学校に行かないほうが良いときもあります。
子どもの気持ちを無視して、何が何でも学校に行かせようとしないことです。

子どもの学校生活をイメージし共感する

子どもが学校生活で孤独だったり、不安だったり、いたたまれない気持ちとなったつらかった心をイメージして共感しましょう。共感することで親はどう対処したらよいかが見えてくることがあります。

子どもがこんなことがあって嫌だったと言ったら「そんなことがあったのにがまんしたんだね」と優しく声を掛けてあげましょう。

学校に行きたくても行けないこともあるのを理解

池で魚を見つめる学校嫌いの小学生

頭ではわかっているのに、「行かなくてはいけない」というストレスからからだが拒否してしまうこともあります。朝になるとおなかが痛くなったり吐いたりするのを仮病と決めつけてはいけません。
必要に応じて、専門家のカウンセリングが効果を発揮することがあります。

学校に行きたくない時の親が学ぶ子供の心理
学校に行きたくない時の親が学ぶ子供の心理
学校に行きたくないと子供が言い始めたとき、周りの大人たちはどんな対応をしてあげればよいのでしょうか。子供たちの本音を知り、親が取るべき姿勢や年代ごとの心境や背景について一緒に模索していきましょう。

規則正しい生活と最低限の勉強は管理する

学校をお休みする間は自室に閉じこもらせたり、好き勝手な生活をさせないように。

学校に行かなくても、学校に行っていた時間に起こし規則正しい生活は保ってあげましょう。もしも可能ならパパママが勉強を教えたり、インターネットや家庭教師を利用して学校の勉強に著しい遅れを生じさせないように管理をしてあげます。
おうちのお手伝いやお散歩など適度にからだを動かすことも必要です。

また、干渉しすぎてもいけませんが、ずっとベッタリしているのも考えもの。子どもとの距離感はとても難しいですが、見守るスタンスはとても大切です。

学校に行きたくない子どもに言ってはいけないNG

子供の悩みを解決してあげようと頑張るママ

「学校に行かないとおとなになってから苦労するよ!」

自分の価値観を子どもに押し付けるのは止めましょう。
学校に行かないことは悪いことではありません!決まったわけではない将来のことよりも今の子どものケアが大切です。それに、勉強の心配をしているなら、学校に行かなくても勉強はどこででも色々なことを学べます。学校に通う通わないでなく、将来、本人が自活して生きていける精神力を育無事が大切です。

「学校に行きなさい!!」

学校に問題なく行ける状態なら「行きたくない」とは言いません。
子どもは、親が思うより学校に行かないといけないことはわかっています。「今日は休んでもいいけど明日は絶対に行きなさい」などと言っては子どもを追い詰めてしまいます。

これを許容して子どもを甘やかすことにはならないのか、という心配もありますが、焦らず対処してあげたいところです。

「みんな普通に行っているのにどうしてあなたは行けないの?」

他の子どもとくらべて自分の子どもを責めるのは止めましょう。みんなができることをできないからと比べられ否定されると、親が思う以上に子どもはつらいのです。
それに、単純に「みんな」は我が子が抱える学校に行けないまでの悩みを感じていないだけ、とも言えます。

「みんなが行ける学校に行けない自分は落ちこぼれ」と言われた気持ちになります。子どもを否定するような言葉は控えましょう。

子どもに寄り添う姿勢を根本にもって!

子どもが「学校に行きたくない」と伝えてきたら、子どもは深刻な悩みを抱えている可能性もありますが、親に言いたいことを言える環境であるからこそとも言えます。

日頃からスキンシップをとり信頼関係を築くことが大切です。子どもの個性を尊重して寄り添い、子どもにとって今、何が必要なのかを見極めましょう。子どもはあっという間に成長します。今を一緒に悩んで解決してあげてくださいね。

おすすめコンテンツ