家事のやる気の出し方

「家事のやる気が出ない!」を解決するお気楽家事のススメ

家事をやる気にならないときに、なぜ家事がやる気にならないのかまずその原因を把握する必要がありますよね。最初から家事が好きではない人、最近、家事をやる気にならなくなった人。こうした家事がやる気が出ない人に対してお勧めの方法をご紹介、お気軽家事に挑戦しましょう!

「家事のやる気が出ない!」を解決するお気楽家事のススメ

家事が面倒…やる気が出来ない原因は?

家事のやる気が出ないことってありますよね。原因としては家事そのものが苦手な人もいますし、家事がストレスに感じてしまってやる気が出ないこともあります。なぜ家事のやる気が出ないのか、その理由についてご紹介します。

家事そのものが苦手

あまり使われていない洗剤

家事そのものが苦手な人もいます。そうした家事が苦手な人は何が苦手なのでしょうか。ここでは代表的な家事についてなぜそれが苦手なのかを紹介します。

掃除が苦手

掃除が苦手な人は意外といますよね。掃除が苦手と言っても今は掃除機も簡単に使えるので、掃除機をかけるだけなら苦手な人はあまりいないと思うのですが、問題は片づけです。
右にある物を左にどかして片づけをしたと思っている人もいるようで、結局何も片付いていないということもあります。物を片づけるのが苦手な人が家事をやりたくなるのは理解できますね。とはいっても、物がたくさん出ていると汚く見えてしまうのが難点です…。

料理が苦手

料理が苦手な人もいますよね。料理そのものが好きではないという人もいますが、料理をするのはすきだけど味がイマイチという人もいます。料理が好きだけど味がイマイチな人は料理が苦手ではあるのですが、料理を作ることが嫌ではないので、料理をしないということはありません。
それに比べて料理を作るのが嫌いという人は家事をしたくないと思ってしまいます。ただ最近ではカット野菜や冷凍食品がたくさん販売されているので、そうしたものを上手く使って料理をしている人もいるようです。

ただ基本的には料理を作るのが好きではないので、お惣菜を買ったり、外食ですませたりすることがあります。そのように対処することで、家事の一部をやらなくて良いのであればそれで良いかなとも思えますよね。

洗濯が苦手

洗濯が苦手という人もいますよね。洗濯って洗濯機がしてくれるのだから楽なのではないかと思うかもしれませんが、大変なのはその後。洗濯ものを干して、取りこんで、たたむという行為が苦手もしくは嫌いという人が多いです。
確かに、干して、取りこんで、たたむのは面倒くさいですよね。たたんだ後も片づけないといけないですから、それも面倒くさいというのは理解できます。このようになってしまうと洗濯が苦手で、家事は苦手と思う人が多いのも理解できますよね。

家事がストレス

洗濯物が干されていない洗濯バサミ

家事が嫌いではないのですが、家事がストレスになって家事をやる気にならない人がいますよね。子供の世話やパートナーの世話までするようになると「なぜ私がここまでやらないといけないの?」と考えるようになるのでしょう。

子供の世話が大変

子供といっしょにいるのは楽しいのですが、ずっといっしょにいると疲れることもありますよね。子供が増えると家事も増えます。
洗濯物、食事の支度、掃除、あらゆることが増えてきて「これでは終わらない」と家事をする気が無くなってしまいます。こうした状況は育児経験がある方なら理解できますよね。

パートナーの世話までできない

パートナーの分まで家事をしなくてはならなくなることもありますよね。洗濯をしたり、食事を作ったりするのもなぜか自分がしなければならない。
「もうこれ以上はできない」と思ってしまうこともあります。そうなるとやる気がなくなり「自分のことは自分でして」と家事をやりたくなくなるでしょう。パートナーと協力して家事ができると良いのですが、なかなか難しいところですね。

家事をやる気にならないきっかけは?

家事が最初から苦手でやる気にならない人もいるのですが、そうであったとしても家事をやる気にならない原因があります。なぜ家事をやる気にならなくなったのでしょうか。ここではそのきっかけについて説明します。

小さいころの家庭の様子は?

コロコロが大好きな赤ちゃん

家事をやる気なくなったきっかけは実は小さいころの家庭環境にあるかもしれません。小さいころの家庭での家事の分担が決まっていて、ほとんど自分が家事をしなかった、あるいは家事の分担は自分ではないと強く思っている可能性もあります。

家事は誰の役割?

小さい頃の家事の役割が決まっている場合があります。小さい頃の家庭環境で「家事は女性がするもの」と決まっていると、大人になったときに「家事は女性がするものだ」と思って育っているため、なかなか家事をしなくなります。
こうしたことは男性に特に多いですよね。昔は、男性は台所に立たないという人もいたので、そのような家庭に育つと家事をやろうという気がそもそも起こらないかもしれません。

小さいころから家事はしない?

小さいころに家事の手伝いはしましたか?家事はママがするものとして、家事の一切をママに任せてしまうと、家事をしようという気が起こらない大人になってしまいます。そもそも家事のやり方が分からないという人もいます。ママが何でもやってしまうのは考えものですよね。大人になってから困ります。

家事をしてもやりがいがない?

家事が苦手なコートを着たママ

家事全般は嫌いではなかったのに、やる気が出なくなったという人もいるでしょう。なぜやる気が出なくなったのでしょうか。

仕事と比べてやりがいがない

働いていると家事よりも仕事が楽しいという人も多いと思います。そうした中で結婚し、家事の負担が増えてくると家事のやりがいが感じられない人もいるでしょう。家事を一生懸命やってもお金がもらえるわけではないですし、社会的評価が得られるわけでもありません。こうした中で家事をすることに、やりがいが感じられないと思うのも理解できます。

相手に誉められない

結婚して家事のやる気が出なくなった人は、相手の分まで家事をしているのに相手が認めてくれない、誉めてくれなくて家事のやる気がなくなった人もいます。
相手が「家事は誰でもできる」と思っていると、家事に対する評価が低くなりますが「なぜ自分は家事をしているの?」とやる気がなくなるのも理解できます。

家事に対してやる気を出す方法~どうすれば家事をする気になる?

家事をやる気にならない原因は様々ですが、ではどのようにすれば家事をやる気になるのでしょうか。

パートナーに理解してもらう

料理をパパと分担している家庭

家事をやる気になるためには誰かに認めてもらえると大きいですよね。パートナーに自分がやっていることを理解してもらえれば、自分のやっている家事を認めてもらえるわけですから、家事をやる気になりますよね。

パートナーに家事の大変さを理解してもらう

まずはパートナーに家事の大変さを理解してもらいましょう。家事をほとんどしたことがない人は家事の大変さについて理解していません。一度自分がやっている家事を代わりにやってもらって家事の大変さを理解してもらうのも手です。
大体の人が「家事ってこんなに大変だったの?」と初めて気付き、それから家事の大変さについて理解してくれます。そうなればもうこっちのものです。こんな大変な家事を自分はしているんだと認めてもらえれば、家事をやる気になりますよね。

家事をしようと意識しない

辛い家事に追われるママ

家事をしようと意識しないというのもやる気を出すひとつの手です。家事をしようとするとやる気にならないのですが、リラックスした状態である意味いい加減に家事をするぐらいの方が良いでしょう。

完璧主義をやめる

家事をしようと思ってしまうと、しっかり家事をしようと思いますよね。しっかり家事をしようとすると家事に対してやる気が出なくなります。ある程度で家事は終わりにして「とりあえずこれぐらいで良いかな」と思うようにしましょう。その方が意識せず家事をこなせますよ。

リラックスした状態で家事をする

家事をやろうと思っているとやる気が出ないので、リラックスした状態で家事をやるのもひとつの手です。例えば掃除や洗濯は集中してやる必要はないですよね。
テレビを見ながらダラダラやっても良いのです。リラックスした状態で家事をする。別に完璧に終わらなくても良いと思えば、家事もやる気になるのではないでしょうか。いい加減な気持ちでやっても家事が終わればいいですよね。

少しずつ始めてみる

一回家事を始めると終わるまでやらないといけないと思うと負担が多くなりますが、少しずつ家事をしていくのも手です。今日はこれだけ、明日はこれと少しずつ進めていけば良いのです。
一気に家事をやる必要はないのですから、気軽に家事をしていきましょう。

家族で分担する・計画的に行う

仲よく餃子を食べる家庭円満な夫婦

家事をやる気にならないのは仕方がない。それならば家族で分担してしまうのも手ですよね。全ての家事を全部自分でやる必要はありません。
また家事とひとくくりにしてしまうと全体像が見えません。やらなければいけないことを「To Doリスト」にするのも手です。そうすることで家事の全体像が理解でき、終わりが見えます。

自分のことは自分でしてもらおう

まず基本的に自分のことは自分ですべきですよね。自分のことを自分でしてもらうだけで家事の全体量はかなり減ります。
例えば片づけ。自分が使ったものは自分で片付けることをしてもらえれば、それだけで楽になりますよね。

ToDoリストを作りましょう

ToDoリストを作ると家事の全体像が見えます。家事の全体像が見えれば計画を立てて家事をすることもできますし、家族で分担することもできますよね。
一回やるべき家事を書きだしてそれをどのように分担するか考えてみましょう。

家事を楽にするおすすめグッズは?

家事のやる気が出ないのであれば、なるべく簡単に家事を済ませたいと思うのは当然ですよね。家事を楽に終わらせるためにはさまざまなグッズがあります。

掃除を楽にするおすすめグッズは?

ママにコロコロを頼まれたパパ

掃除といっても様々ありますよね。トイレ掃除と部屋の掃除を楽にするためのグッズをご紹介します。このようなグッズを使えば掃除も楽になり、お掃除も楽しくなるかもしれませんね。

トイレ掃除は楽にしよう

トイレ掃除を楽にする方法はずばり掃除しないことですよね。最近では液体を付けて流すだけできれいになるものや、トイレスタンプクリーナーなど流すたびに便器がきれいになるものまで販売されています。
もちろん、これだけしておけば全く掃除をしなくて良いわけではありませんが、掃除の回数はかなり減りますよね。

部屋の掃除を楽にしよう

部屋の掃除を楽にするグッズと言えば「ルンバ」ですよね。毎日勝手に掃除してくれて、勝手に充電してくれます。
その姿が可愛いと思っている人もいるようで、ルンバそのものに愛着を持つ人もいるようです。ルンバを買えば掃除は楽になりそうですね。

料理を楽にするおすすめグッズは?

分担家事で料理に苦労するパパ

もうひとつ、楽になったらいいなと思うのが料理ですよね。あまりに手抜きをしてしまうと、「これで良いのかな」と不安になることもあります。料理をどのようにすれば楽になるのでしょうか。

電子レンジを使おう

電子レンジは火や油を使わないだけで片づけがかなり楽です。タッパーに必要な食材と調味料を入れて、レンジでチンすればそれだけでとてもおいしい食事ができます。
今は電子レンジにオーブンもついているし、蒸すことも可能です。電子レンジを上手く使って楽をしましょう。

半調理具材を買おう

半調理具材というのはカットしてある物や、下ゆでされているものなどがあります。それをただ炒めるだけ、茹でるだけで大丈夫です。
これだけでも結構楽に料理できますよ。最近では具材と合わせるだけでおいしいおかずが出来るものまで販売されていますから、そうしたものとも組み合わせると楽にできますよ。

家事をしたくない時は外食で済ませる

これはグッズではなくひとつの選択ですよね。たまには外食を家族でしてしまえば楽ですよね。そうすることで料理を作る必要はありません。毎日お料理するのは大変なので週に何回かは外食も良いかもしれませんね。

完璧主義は止めて気楽に家事をすること

家事は頑張ってやろうとすると大変ですよね。しかもやろうと思えばいくらも家事は出てきてしまいます。
「家事をやらないと」と思うのではなく、気楽に家事をするようにしましょう。そうすれば家事のやる気がなくても、家事は進んでいくと思いますよ。完璧主義はやめて気楽にやりましょうね。疲れた時、やる気が起きない時は家族にも協力してもらうことも忘れないでくださいね。

おすすめコンテンツ