共働き家庭で料理をする人は?

共働き家庭の料理担当・夕飯の支度はどうしてる?体験談15

共働き家庭の料理担当は妻?夫?15の共働き家庭に、料理の分担や夕飯の内容について伺い、食事作りの負担を軽減するテクニックや便利なサービス、おすすめの調理器具を教えてもらいました。外食や宅配、お惣菜の利用頻度は意外に低め!作り置きや時短調理、時には手抜きが共働きには欠かせない!?

共働き家庭の料理担当・夕飯の支度はどうしてる?体験談15

共働き家庭の料理担当・夕飯の支度はどうしてる?

現代では、珍しくないどころか、専業主婦世帯よりも数が多い共働き家庭。そんな共働き家庭でもっとも問題となるのが家事の分担です。とくに料理は負担の大きい家事ですし、日々の食事は家族全員の健康に影響を及ぼすので、悩んでいる方も多いでしょう。

共働き家庭の料理で、なにが1番大変かというと、やはり帰宅後の夕飯作りです。お互い仕事で疲れて帰ってきて、しかも子供がいると、「お腹すいた!」コールが本格化する前に、食事作りに取り掛かる必要があります。

今回は、共働き家庭の方15名(夫・妻の立場問わず)に、料理はどちらが担当することが多いか、どのように分担しているか伺いました。具体的な夕飯の内容や外食・お惣菜などの利用頻度、共働きの食事作りにおすすめのテクニックやグッズ、サービスなども教えてもらいました。

他の家庭と比べる必要はありませんが、便利なグッズや上手くいった方法はどんどん実践して、負担軽減・夫婦円満を目指しましょう!

夫婦で食事作りを分担・協力する家庭

オーブンから料理を取り出す主婦

夫婦で食事作りを分担している方の体験談です。
中には、休日は子供も含めて、家族で料理をするという意見もありました。

共働きの食事作りは、平日は時間がある方が中心となるなど、仕事の環境によって臨機応変さが求められます。しかし、妻と夫の両方が料理できると、食事作りの分担がしやすいというメリットがあります。

また、だれかが自分のために作ってくれた料理というのは、やはり特別おいしく感じます。上手に夫婦で料理も分担できれば、日々の食事が楽しくなる効果も期待できます!

協力的な夫で助かります

みおん(30代後半)


夫婦で一緒に調理

夫は8時~5時のフルタイム、私は9時~14時のパートタイムで働く共働き歴3年の夫婦です。子供は11歳と4歳の2人います。

料理は主に私の担当です。私はパートタイムで働いていて私の方がまだ時間が確保できるので主に料理担当です。週末は夫も食事作りに協力してくれます。

毎日の夕飯には週末に作りおきして、冷凍しておいた常備菜も食べています。本当に忙しい時はスーパーのお総菜も買ってしまいます。

共働きの食事で気をつけていることは、あまり手抜きをし過ぎないようなメニューで、栄養があるものを中心にバランスよく考えています。買い物はネットスーパーを利用したり、簡単に調理ができる食材のセットを通販で頼んで利用したりしています。

「時間がある人が料理をする」が我が家の方針

田中凉子(40代前半)


40代の夫婦です。結婚して以降お互いずっとフルタイムで働いており、子供はいません。我が家の場合は以前から「時間がある人が料理をする」というシステムになっています。

結婚して20年近くになるので、お互い転職や部署異動もありました。そのときの勤務先によって、残業が続き深夜まで働くこともあれば、毎日定時というパターンもあったため、その名残で現在も「時間がある人が料理」という習慣になっています。

基本的には和食を中心とした夕飯ですが、週末の夜に関しては、ほぼ外食です。そして我が家の場合は、少し変わっていて『相手からの要望がある場合のみ、台所に入って手伝う』ということになっています。

お互い協力し合って家事を行ったほうが圧倒的に早く終わりますが、「一人だけで料理したい」という気分の日もあります。そこで、手伝う際にも、毎回確認をしてから、というのが我が家の仕組みです。

「要望がない限り、手伝ってはいけない」というルールなので、「なにも言わないと手伝ってくれない」とイライラすることもなく、おすすめです。

共働き子育て夫婦は、連携プレーで毎日を乗り切る!

みっちゃん(35歳)


結婚6年目の我々夫婦は、結婚当初は互いにフルタイムの共働きでした。その頃は、特に話し合ったわけではないですが、早く帰宅した方が夕食を作っていました。

現在、3歳の子どもがいるのですが、出産を機に妻である私は時短勤務を経てパートに(8:30~14:30)、夫は変わらずフルタイム勤務です。夫の仕事が変則のため、月に1~2週間は夜勤があります。基本的にはパート勤務で時間に余裕のある私が、毎日の夕食づくりをしています。

夫は夜勤の週、仮眠から起きて昼食をとる際に簡単なおかずを1~2品用意しておいてくれます。夜勤の週は、夫の出勤前に家族全員で入浴・夕飯を済ませるため、時間に余裕がありません。ですから、おかずを用意してくれるのはとても助かります。

夕飯のメニューは簡単なおかずを手作りします。お惣菜や外食は、お休みの日に楽しみとしてたまに利用します。切り干し大根の煮物などの副菜を、作り置きして冷蔵庫に常備してあるので、おかず1品と汁物を作り、ご飯を炊くだけで終了です。

また、だしパックと水で根菜を煮たものを作り置きしています。これで、食べるときに味噌や醤油を入れるだけで汁物もすぐに作れるので重宝しています。

家族みんなで楽しんで料理をする

まるこ(30代後半)


家族みんなで楽しんで料理

夫の勤務時間は9時~17時、妻の勤務時間は10時~18時で、共働き歴は10年です。子どもは、6歳です。料理は、主に妻である私担当。食器洗いと拭いて食器棚に直すのは夫が担当しています。

その他、夫が早く帰っていれば、お米を洗って、スイッチを押していてくれます。その理由は、夫はほとんど料理の経験がないので、平日は手早くできる私が担当し、土日の休みの日は子どもも一緒に家族で夕食づくりをすることもあります。

毎日の夕食は、メインのおかず、副菜、汁物、ご飯です。外食は、月に2回ほどで、お惣菜は私の帰りが遅くなった時に副菜を購入することが週に1回ほどあります。

共働きの食事づくりで気をつけているのは、作るのが負担になるような手の込んだメニューではなく、手早くできて美味しそうに見えるものを作ることです。
電子レンジを活用したり、前日から下味をつけておき、帰ったら焼くだけにしておくと、食事作りにかかる時間が短縮できます。家族に人気のおすすめのメニューは、塩麹に漬けた豚バラや、いわしのかば焼きです。

夫婦それぞれが得意分野を担当

マキマキ(32歳)


結婚して3年、1歳の娘がいる共働きの3人家族です。勤務時間は2人とも8時間ほどですが、夫はフレックスなので比較的自由に時間を使えます。

我が家では、家事・育児どちらも「それぞれが得意なものを担当する」をモットーに楽しく分担しています。平日の夕食時は忙しく、毎日一汁三菜を作っている余裕はないので、おかずや味噌汁を2、3日分作り、1日2品ほど新しく料理して回しています。

こういった計画的な献立は妻である私の方が得意なので、子供の離乳食を含めて私が作っています。夫は、凝った料理を作ったり見つけてくるのが得意なので、週末にパエリアや煮込み料理などを豪快に作ったり、おしゃれなお店のテイクアウトを買って来たりしてくれます。この分担で、メリハリをつけて食事を楽しんでいます。

調理方法を工夫したり、器具を揃えると楽しい

AU88(20代後半)


共働き歴は1年で、まだ子供はおらず2人暮らしです。夫は週に3日固定で残業があり、帰りが夜22時とかなり遅くなります。その日は私だけで夕食を食べるのですが、簡単に冷蔵庫にあるものを使って炒め物を作ったり、そうめんやうどんなどの麺料理を作ることが多いです。

平日は私が作る事がほとんどです。しかし元々料理のレパートリーが少ないので、どうしても同じものを作ってしまいます。
日曜日はたまに旦那が食事を作ってくれます。冬にはおでんやカレーなど、温めたら食べられるものを作ることが多いです。お部屋に石油ストーブがあるので、その上で調理をすると、簡単においしい煮込み料理が完成します。

お互いお昼ごはんは外食に頼ることが多いので、野菜不足を気にしており、なるべく料理を作る時には野菜多めを心がけています。
半年前にホットサンドメーカーを購入したのですが、色んな具材をはさめるので、味に変化も出て飽きずに使用できます。手早く作れるので、忙しい朝に非常に役に立っていますね。

時短料理だけど激的美味しい!子供が喜ぶ超レシピ10選
時短料理だけど激的美味しい!子供が喜ぶ超レシピ10選

主に夫が料理をする家庭

夫が料理をする家庭

共働きで、料理担当は夫である方々の体験談です。

料理好きの男性は少なくありませんが、和食中心の食事作りをしたり、休日にまとめてメンチカツなどの下ごしらえをするなど、皆さん家庭的な料理スキルをお持ちでした。

「女性だから」「男性だから」という考え方は、時代にそぐわないものになってきており、共働き家庭は時間に余裕のある方、得意な方が得意なことをした方が効率的です。
しかし、そうした事情抜きに、やはり旦那さんがここまでやってくれると、奥さんとしては非常に嬉しいのではないでしょうか。

今や料理は夫の一番の趣味

もーがん(40代前半)


私と夫は結婚10年目の子なし共働き夫婦なので、お互いかなり自由に暮らしています。
結婚当初から共働きで、当時から変わらず私は9時~5時の普通の会社員、夫はフリーで仕事をしていて、仕事場が家の事もあり、いつの間にか料理を含めた家事の大半を夫がしてくれるようになりました。

掃除洗濯に関しては夫の仕事が忙しい時は私がやりますが、料理に関しては8割、いや、9割夫がしています。残りの1割は休日のランチに簡単な麺類などを私が作る程度です。夫は元々物作りが好きなタイプで、料理もそれに違わず気づいたら趣味の様になっていたのです。

朝は二人ともフルーツ、トーストぐらいなのですが、夕飯に関して毎日夫が作ってくれていて、最近は身体の事を考えて献立は和食が多くなってきました。たまに私の要望で宅配ピザを頼みますが、それも2、3ヶ月に一度の程度で、お惣菜に関してはここ何年も食べていません。

共働き夫婦の夕飯は、どちらが作るかでもめる事があるかもしれませんが、我が家はそういったことは皆無なので、夫に感謝してもしきれないぐらいです。

「主夫」の私が気を付けたいこと

織田家康(40代前半)


妻の持つ皿に料理を盛る夫

我が家は、私が8~15時のパートと在宅ライターで、妻が一般職で9-18時の勤務。結婚してから10年くらい変わらず共働きです。
小学1年の男の子と5年の女の子がいまして、私の仕事終わり時間にちょうど学校から帰って来ます。私の方が家にいる時間が長いので、料理を含め家事はほぼ私がやっていまして、子供帰ってくると「パパ!今日のご飯なに?」という感じです。

上の子がまだ赤ちゃんの頃から食事作りは私の担当だったので、好き嫌いのない子に育つようにと可能な限り全て手作りの和食を用意してきました。ちょっと大変でしたが、惣菜や宅配には頼りませんでした。おかげで大体一通りのメニューは作れるようになりました。

確かに私が食事作りをしていますが、だからと言って全てやり過ぎない様に気を付けています。やはり子供には『おふくろの味』一つくらいはあって欲しいので、妻の得意料理は私は作らないように気を付けています。

そしてもう一つ、洗い物も妻の仕事です。子供達には、家事は分担するものであることを、私達夫婦を見て学んで欲しいとの思いでそうして来ました。子供達もちゃんとお手伝いしてくれます!

献立は休みの日にまとめて作成

長谷川要(40代前半)


17歳と11歳の子供がいて、共働きを始めたのは6年前からでした。妻が勤務している会社は、自宅から遠くて帰宅が遅くなるので、平日の夕飯は夫である私が担当しています。

料理が好きなこともあり、毎日の夕飯作りを苦に思ったことはありません。子供達になるべく栄養バランス良く、毎日夕飯を食べさせたいので、休みの日にまとめて食材の下ごしらえをしています。

例えば、ひき肉をまとめて購入して、ハンバーグとメンチカツの下ごしらえを済ませ冷凍保存します。唐揚げなども、揚げるだけで済むようにしてから冷凍保存するなど、ほとんどメインメニューは休みの日にまとめて作っておきます。

平日は帰宅後に、生野菜でサラダ等を作るだけで、後は焼くか揚げるかだけで簡単に夕食が用意できます。煮物などは、作ったら必要な分だけ取り分けて、残りは冷蔵庫に入れておくと、3日位は小鉢に使えます。

主に妻が料理をする家庭

台所で皿を拭く妻

共働きで、料理は主に妻が担当している家庭の体験談です。
夫婦の勤務時間や職種によっては、やはり旦那さんが料理をするのは難しい家庭というのは、まだまだ多いもの。

作り置きをすること、時短テクを覚えることで、食事作りにかかる労力は軽減できます。また、頑張りすぎないというのも、共働きの夕飯作りにおいては非常に重要な要素です。

ご飯を作りたくない時の対処法!主婦の定番メニューとは?
ご飯を作りたくない時の対処法!主婦の定番メニューとは?

ほとんど私が料理をしています。

松田なおこ(27歳)


今は育児休暇中ですが、それまでは夫の勤務時間は8時半から19時まで、私が9時半から16時半までで働いていました。子どもは現在3歳で、1歳の頃から保育園に通っています。

料理の分担割合ですが、私が10で夫が0です。夫の帰宅時間はいつも20時くらいのため作ってもらう時間がありません。夫が帰ってくるまでに子どものご飯をすませ、お風呂を入れるところまで私がやってしまいます。

仕事の日の献立は簡単にできる炒め物、生協のあたためるだけの魚料理などが多いです。休日は何品か作りますが、平日はささっと作ってしまえるような献立が多いです。

外食はあまりしません。どうしてもしんどいときはスーパーでお惣菜を買う日もあります。コープはとてもおすすめです。骨なしの魚や、どんぶりものに使えそうなものが結構売っていますし、買い物に行く手間が省けます。

相手へ不満を持つほど、がんばらないこと

さき(20代前半)


旦那は8:30~17:30で残業なし、基本はまっすぐ帰ってきてくれています。妻である私も働いているのですが、9:00~17:00なのでのほうが比較的早く家につきます。

産休中を除くと、3年くらい共働きです。子供は今月で1歳半になったのですが、結婚してから料理は週7で私です。たまに旦那も土日などの朝ご飯は作ってくれていますが、月に1回あるかないかです。私は「手伝う?」と聞かれてもお願いできないような性格なので、最初から大丈夫と言ってしまいます。

私の家では平日の1週間分を一回で購入して、少なくとも主菜、主食、副菜の3品程度です。土日の昼などは月に2回くらいは外食することもあります。惣菜は一切食べません。

私は「共働きなので絶対に完璧にはできないよ」と最初から旦那に伝えています。自分ばかり頑張りすぎても疲れてしまいますし、できる範囲で頑張っています。また多めに作って作り置きしておくのもいいですよ。

とにかく時短にこだわる!

まみまみまみ(20代前半)


電子レンジで調理する妻の手

営業職の旦那は、月の半分以上は出張で全国を転々としています。私も子供が1歳になる前に10時から15時の時短勤務に復帰したばかりですので、共働き歴はまだ半年程度です。しかし、旦那はたった1品しか料理を作れないため、育児+家事全般でワンオペ育児になってしまっています。

たまに私が料理している間に、子供の世話をしてくれているだけで、イクメンには程遠い旦那。私は子供の離乳食を作るようになって、フリージングを覚えました。これがまた便利で我が家では完全フリージング料理をしています。

産後は宅配と義母さんが持ってきてくれるお弁当便りでしたが、やっと手作りに力を入れられるようになりました。離乳食の開始にかかわらず、フリージングはおすすめですね。

共働き夫婦の日常

mimi(28歳)


私と夫は一年前に結婚し、共働き歴は1年です。夫の仕事は8時30分から定時は5時までですが、残業をして帰ってくるので家につくのは10時過ぎです。私の仕事は8時40分から5時20分まで。一日2時間ほど残業をするので、家につくのは8時ぐらいです。

まだ子供はいませんが、料理はすべて私がしています。夫の帰宅時刻が遅すぎるので、自然とそうなりました。献立はメイン、小鉢2つ、お味噌汁、ごはんとしっかり作っている方だと思います。お弁当も、私と夫の分を用意します。

お惣菜を買おうかなと思う日もあるのですが、塩分が気になるので、やっぱり自分で作るように心がけています。土日に一週間分の料理の作って、冷凍していることも多いです。平日はチンするだけのもの、焼くだけで完成するものを用意しているため、時間も手間もあまりかかかりません。

小皿で味見する主婦

共働き歴14年ベテラン主婦

ともりん(38歳)


共働き歴14年。子供は11歳と7歳女の子が2人います。
夫は、8:45~17:30ですが、毎日22時ごろ帰宅。妻である私は8:30~17:00残業なしです。

そんな勤務状況のため、料理は私100%が担当しています。子供たちがお腹を空かせて、間に合わないので!
とにかく時間がないので、休日に野菜の下処理を済まして、温めるだけにしておくと便利です。買い物も1週間分まとめて買い、コープを週1でとっています。週3回、肉、それ以外、野菜と魚を中心としたメニューを作るようにしています。

土・日は、昼のみ外食で、朝はコンビニや、パン屋で朝食を購入しています。夜は、誕生日やお祝いの日のみ外食をします。

食事作りを楽にするテクを覚えた結果

塚田雪(20代後半)


妻である私、旦那さん、小学校2年生、小学校3年生の子供がいます。
主に料理を作ったり、家事は私の担当です。具合悪い時だったり、仕事の時間で遅くなる時は旦那さんに家事全般をしてもらうようにしています。

毎日の夕食はワンプレートに、おかずとご飯を何種類か乗せています。中華と洋食が多いです。子供を連れて買い物をするのが大変なので、生協を利用して、食材をある程度頼んでいます。

共働きだと、家事をこなすのは大変です。そこで、食事に関しては、野菜を用途ごとに切り分けて茹でたものを冷凍保存しておくことにしました。使うときに味付けしたり、火を通せば1品できます。こういうテクニックを覚えてからは、毎日の食事作りの憂鬱感は消えました。

おすすめコンテンツ