Loading

部活を辞めたい子供の対処法

部活を辞めたい子供の心とは?親ができるアドバイス・対処法

部活を辞めたいと子供に言われたら?子供の気持ちも聞かずに説教を始めるのはいけません。子供が部活を辞めたい理由は先輩後輩の人間関係や先生とのソリが合わないなど様々な理由があり、こじれると学校までいきたくなくなり不登校になることも。子供の心を知り親として適切なアドバイスをしましょう。

部活を辞めたい子供の心とは?親ができるアドバイス・対処法

なぜ部活をやめたい?子供が悩む辞めたい理由

悩むママ

みなさんも部活を辞めたいと思ったことはあるかと思いますが、そもそも部活をやめたいという原因は何なのでしょうか。ここでは人間関係と身体的な問題についてご紹介します。この二つ、部活をやめる理由としてとても大きいです。

部活動内での人間関係の悩み

部活動をやめたいと思うときの理由で多いのは人間関係ですよね。毎日ある部活動で友達や先生、先輩との関係が悪くなってしまったら、精神的にストレスにもなりますし、部活動をやめたいと思うのも理解できますよね。

友達との関係に悩んでしまう

友達関係に悩む

友達といっしょに部活をするのは楽しいですよね。いっしょに部活に入ったのに、その友達との関係が悪化してしまうことはよくあります。特にスポーツの場合は選手になる人と補欠になる人で分かれるなど実力勝負になります。例え友達でも競って勝負をしなければなりません。そうした勝負を繰り返す中で、感情的な対立が生じやがて友達ではなくなってしまうということが実際にあります。また、友達ができないというのもあります。

毎日やる部活動なのに常に一人でやらなければならないとなると、それは辛いものです。自分で友達を作らないのではなく、周りが近付いてこないことも。友達との関係が部活動をやめる理由のひとつになるのは間違いないでしょうね。

先生との関係に悩んでしまう

部活動で友達との関係はうまくいっているのに先生が嫌だという人もいます。先生の指導の仕方についていけないとか、先生が特定の生徒だけひいきしていることもあるかと思います。そうした場合、先生と合わないので部活動をやめたいと思うことも多いでしょう。確かに運動部で実力以外の部分でレギュラーになれないのであれば、部活動をやっている意味は感じられないでしょうね。また最近では体罰が問題にもなっています。

ネット社会になり、動画を隠し撮りされ動画サイトにアップされるということもありました。今まで体罰も必要悪だったものが、とにかく殴る先生に指導してほしくない人も多くなり、それでけが人が出る事件もありました。こうした先生がいる場合も、部活動をやめたい理由になるでしょうね。

先生との関係に悩む

先輩との関係に悩んでしまう

部活動で特殊なのは先輩との関係ですよね。上下関係が厳しい部活もあって、そういう場合は先輩の権限がかなり大きいと言えます。そんな先輩に嫌われると部活動に参加しづらくなり、やがて部活動に行きたくないとなります。また最近では先輩の暴力も問題になっています

よく分からない理由で先輩に殴られるということもあります。高校野球では先輩の暴力が問題になり、甲子園に出場できなくなったということもありました。先輩との関係に悩んでしまうと部活動に行きたくなくなりますよね。

身体的にキツイ

部活をやめたいと思う理由のひとつに身体的にキツイというのがあります。学校は部活だけをやっていれば良いわけではありません。部活以外にも勉強もしなければなりませんから、その両立をまじめに行おうとすると身体的にキツイのは、当たり前なのかもしれません。

練習がつらい

座る男の子

練習がつらいのは厳しい部活では当り前なのですが、それでも想像以上にキツイ場合があります。練習がきつすぎて学校に行きたくなくなる子供もいます
かといって練習を少なくすることはできません。こうなってしまったら部活動をやめるしかないのかもしれません。

時間の拘束が長い

部活動によっては時間の拘束が長い場合があります。放課後だけ部活をするところもありますが、朝練がある部活動も多いです。そうすると朝は早く夜も遅いということがあります。勉強もしなければなりません。
身体的にキツイですよね。この生活で勉強までもしっかりこなそうとする体がもちません。部活動をやめたいと思うのも仕方がないのかもしれません。

部活をやめたいと言ってきたら

部活動をやめたいと子供が言ってきたらどうすれば良いのでしょうか。簡単に部活動をやめさせればよいのでしょうか。部活動は学校をやめるというよりも大きな決断ではありませんが、学校に行きたくない理由につながるものです。慎重に対応すべきです。

子供が部活をやめたい原因を見つけましょう

話す親子

部活をやめたいと言われたときにすぐにやめるのではなく、まずはなぜ部活をやめたいのかの原因を探す必要があります。その理由はなかなか話してくれないかもしれませんが、時間をかけて原因を探ってみましょう。

部活をやめたい…でも理由は言えない

なぜ部活をやめたいのかの理由は正直に話してくれないことも多いですが、部活内でのいじめが原因かもしれません。
そうした場合、学校に行けなくなる場合もありますし、子供がストレスと病気になってしまうかもしれません。まずは部活動を休ませ、必要であれば学校も休ませて部活をやめたい原因を探すようにしましょう。

学校に行きたくない時の親が学ぶ子供の心理
学校に行きたくない時の親が学ぶ子供の心理
学校に行きたくないと子供が言い始めたとき、周りの大人たちはどんな対応をしてあげればよいのでしょうか。子供たちの本音を知り、親が取るべき姿勢や年代ごとの心境や背景について一緒に模索していきましょう。

そもそも部活をやりだした理由はなんだったのかも思い返してみましょう

部活をやめたいと思う理由も様々あると思いますが、やめる理由を説明する前に、そもそも部活をやる理由とは何なのでしょうか。部活をやる理由をまず考えることで、部活をやめる理由もより理解できるようになると思います。

好きなことができる!!部活動は迷わず好きな部活を選択

部活動をやるのですから、そもそも部活動が好きというのがあります、好きなものが部活動として存在していたので、部活に入ったという流れは自然なことですよね。

好きなことをやりたい!!

ギターを弾く女の子

部活動をしようと思ったときに好きなものが部活動にあれば入りますよね。これはスポーツだけではなくどのような部活にも関係しています。こうした理由で部活動を始めた場合、部活動を長く続ける人が多いですよね。
ただ野球が好きでも練習は嫌いとか、練習の中でも走ることが嫌いなど好きなものがすべて好きという場合は少ないのかもしれません。そのため、好きだから部活動をやめることはないとは言えないでしょう。

友達がいる

部活動を始めるきっかけとして「友達が入るから」というのは大きな理由ですよね。それではなぜ友達が部活動に入ると一緒に入ろうとするのでしょうか。

友達といっしょにやるのが楽しい

友達

友達といっしょに部活動をすると純粋に楽しいですよね。お互いの会話のテーマも部活動の内容となり、グッと距離が縮まります。ただ友達が入ったから部活動に入ると、友達がやめたら自分もやめたり、友達との関係がうまくいかなくなったら、部活動を続ける理由が無くなってしまったりすることが多くなります。
また友達はどんどんうまくなるのに自分は全然上達しないこともあります。そういう場合は、例え友達と一緒に入ったとしても辞めたくなるかもしれません。

強制的に何かの部活に入らないといけなかったから

特に部活に入りたくはないのですが、必ず部活に入らないといけないという学校もあります。そうした場合の部活動に対する熱意が低いというのは理解できますよね。

仕方なく部活動を続けるのは苦痛

部活がつまらない子供

部活に入らないといけないから入ったというスタンスだと、仕方なく部活動をすることが多くなります。そもそも部活動をしたくないのですから、恒常的に「部活をやめたい」と思うのでしょう。
ただ部活動は止められないので、なるべく楽な部活を選ぶという選択肢しかないと思いますが…。それでも嫌な部活動をするよりは精神的に良いですよね。

部活をやめたいと相談されたときの親の対応

子供が部活動をやめたいという言ったときに具体的にどのように対処すれば良いでしょうか?

部活動はやり続けなければならないものではありません。必要とあれば部活動をやめたり、変えたりすることはできます。本人の意志を尊重してあげた方が良いでしょう。

基本スタンスは本人の意志を尊重してあげて

本人の意志を尊重してあげて

部活動のために学校に行けなくなるのは問題ですよね。勉強ができなくなるのもおかしいです。それならば部活動をやめて、学業に専念するのも手です。
また部活内での人間関係に悩んでいるのであれば、部活動をやめることで解決することもあります。やりたくない部活はやらなくてもよいというスタンスで対応するのが良いでしょう。

子供が「部活を辞めたい」と言ってきた時の5つの対処法

基本的には無理して続ける必要はありませんが、一時的な気持ちで少し休めばまたやりたくなるということもあります。もし子供が部活を辞めたいと言ってきた場合、以下の対処法を試してみください。

1.選手としての限界を感じているようなら

選手として限界、もうこれ以上続けても記録が伸びないと悩むことはよくあります。このような場合、どのように対処してあげるのが良いのでしょうか。

少し休んでみるのも手

学校の部活動は記録を出すことそのものが目的ではありません。あくまでも教育の一環。記録が出なくても、選手として限界であったとしても続けることに意味を持つこともあります。ただ、このように思いつめているときに、部活をやり続けても精神的に辛くなるだけです。
少し部活動を休んでみましょう。休んでいる間にその部活を本当にやりたいのかどうかの考えるきっかけになるかもしれません。少し休んでもやめたいという思いが強いのであれば、やめても良いかもしれません。

少し休んでみる

2.体力的な問題を感じているようなら

前述した通り、部活の練習がキツイ、さらに勉強もするとなると体力的につらくなります。体が辛いと言われたときにはどのように対処すれば良いのでしょうか。

体力は必要なので部活動以外のことをするのも手

体がつらくて勉強もなかなかできないような状態の場合、部活動をやめるのも一つの手でしょう。ただし、体力は必要です。急に部活をやめて、体がなまってしまうこともあります。
体力をつけるのに必要なものは部活動だけではありません。自分で毎日走ることも体力維持には役立つでしょう。部活動はやめても良いが、体力はつけようと提案するのが良いかもしれません。

部活動以外のことをする

3.友達・先輩との関係に問題がある場合

前述した通り、友達や先輩との関係に問題があって部活動をやめたいという場合もあります。そうした場合、どのように対処すれば良いのでしょうか。

いじめがあるようなら無理をせず子供を守る

友達と先輩とちょっと喧嘩したぐらいであれば良いのですが、いじめにまで発展している場合もあります。そうした場合、なぜ部活動をやめたいのかの理由を話してくれない場合もあります。

子供の様子をよく観察して、子供の様子に変化がある中で部活動をやめたいと言われたら、子供の意志を尊重してあげましょう。その上でゆっくり原因について話を聞いてみましょう。大きな問題に発展する前に対処できるかが重要です。

学校が辛いと打ち明けられた時の子供に寄り添った対応
学校が辛いと打ち明けられた時の子供に寄り添った対応
学校生活が辛いと子どもに告白されたとき、あなたはどう受け止めてあげられますか?学校が辛いという子どものリアルな現状を探り、親としてどう対応すべきなのか、学校以外の選択枠などについても詳しく解説します。

4.先生との関係に問題がある場合

前述した通り、先生との関係に問題がある場合もあります。先生との関係に問題があると分かった場合、どのように対処すれば良いでしょうか。

部活動は休ませましょう

部活動の中で先生の力は絶大ですよね。先生と合わなければ選手になれないこともあります。また、先生と合わない場合、部活動をやめる以外の選択肢はほとんどありません。そのため、まずは部活動を休むという選択肢を取るしかありません。その後、本人の意志を確認しつつどうするか考えていきましょう。本人が希望すれば学校側とも話し合う必要があるかもしれません。中に転校する人もいます。本人とよく話し合うようにしましょう。

先生と問題がある場合部活動は休ませましょう

5.自分の時間が欲しい

部活動は時間を拘束されるのは前述しました。時間の拘束が長くなれば、部活をやめて自分の時間が欲しいと思うのは自然の流れでしょう。そうした場合、どのように対処すれば良いでしょうか。

家で遊ぶだけにならないように注意しましょう

自分の時間が欲しいと言われ、それでも部活をやるべきだと強制することはできません。ただ部活をやめたことで余った時間を無駄に使う子供もいます。毎日、ゲームをしているようなら部活動をやっていてくれた方が良いと思うのは親として当然です。部活動をやめるのは良いが部活で使ってきた時間をどのように使うつもりなのかは本人に聞いておくのが良いでしょう。部活動が無くなったら勉強をするでも良いですよね。

家庭で悩んだ時は学校と協力して解決しましょう

担任の先生との良い関係の築き方、相性が悪いときの対策
担任の先生との良い関係の築き方、相性が悪いときの対策
担任の先生の存在は子どもの学校での生活を大きく変える要素となります。小学校ともなると幼稚園保育園ほど担任との接触頻度も多くないため、限られた機会で担任の先生と良い関係を築く方法やマナーが必要です。

部活動は強制的に続けさせるものではありません。もしやめたいと言われたら本人の意志を尊重してあげましょう。ただ、部活動をただやめるだけではその時間を有効に使うことはできません。せっかく時間ができるのですからその時間をどう使うか計画を立てるようにしましょう。

また、人間関係で部活をやめたいと思うこともあります。そうした場合は学校と相談しつつ問題を解決していくようにしましょう。その場合も部活は休ませたり、やめたりしても良いでしょうね。