子供のコンタクト使用は大丈夫?

子供のコンタクト使用は何歳から?使っても大丈夫?

子供のコンタクトレンズの使用に安全や健康の事を考えると不安になります。最近では、スマホやタブレット等の便利なアイテムの普及で、視力低下の低年齢化がすすんでいます。スポーツをしている子供も多く、そんなお子様をお持ちの保護者はコンタクトレンズが便利なのでは?と思うこともあります。

子供のコンタクト使用は何歳から?使っても大丈夫?

子供のコンタクトデビューはいつから?子供の瞳にコンタクトを使うときに気をつけたいこと

子供がコンタクトレンズを使うのは大丈夫?何歳頃から使えるの?と不安や疑問を持つ方が多いですね。
まず、コンタクトレンズを使いたい!と言うお子さんは、メガネを使用していると思います。スポーツなどをやっていてメガネからコンタクトレンズに変えたい!と言う理由が多いのではないでしょうか?コンタクトレンズを使用する前に、メガネとの違い、コンタクトレンズとはどんなものかを理解した上で専門医に相談してから使用するようにしましょう。

日本眼科医会の調べによると、平成27年の調査でコンタクトレンズ使用率は(注1)

  • 小学生0.2%
  • 中学生8.0%
  • 高校生27%

やはり年齢とともに使用率が増えています。
使用する年齢等を制限する法律があるわけでも無いため、幼い年齢でも使用する事は可能です。
しかしコンタクトレンズを良く理解した上での使用をしましょう。

コンタクトレンズは、直接眼の中にレンズを入れて使用するので、本当の自分の眼の様にピントがずれる事も無く使うことが出来ます。自然に見え、視野も広く、メガネと違いレンズが曇る心配が無い、事から、大変に便利な利点があります。又、強度の近視・左右の視力が大きく異なる場合等は、視力の矯正に効果的です。

逆に直接眼の中にレンズを入れる事で、角膜を傷つける危険もあるため、使用する際には十分気をつけなくてはいけません。目に疾患等問題がある場合は使用できません。
コンタクトレンズは大変手軽で便利なものでもありますが、使い方によっては危険を招くと言う事を理解しましょう。

視力矯正用コンタクトレンズを検討中…どんなときに使うべき?何歳から使うべき?

視力矯正コンタクトを検討する母と娘

視力矯正用コンタクト(オルソケラトロジー)とは、就寝時に装着する酸素透過性コンタクトレンズです。(注2)

眠っている間に角膜にクセをつけ、光の屈折率を調整して視力の回復をさせてくれる特殊なコンタクトになります。このコンタクトを使用する事で、日中は裸眼で過ごす事が出来ます。

軽度・中度の近視、子供の近視に効果的と言われています。子供の角膜は柔軟性があるので、形状が変わりやすく、効果が出やすく早く安定すると言う特徴があります。

ハードコンタクトレンズと同じ扱いのため取り扱いも簡単で、7歳~65歳前後まで使用可能とされていますので、専門医と相談してから使用を決めましょう。

メガネで支障が生じるとき

小学生が、コンタクトレンズを使う理由としてスポーツをするから!と言う理由が多い様です。

勉強時にメガネを使用する事に不安を感じませんが、スポーツをする際にメガネの支障を感じるようです。

また、女の子は見た目でメガネを嫌がる子も多くいます。昔と違い今は、メガネもお洒落なアイテムの一つになっていますが、子供のうちはメガネに抵抗がある様ですので、お子さんとよく相談することが大切です。

外見の問題

小学生も高学年になるにつれ、段々と外見を気にするようになりますね。

メガネをかけていると真面目過ぎる印象で見られる、眼鏡越しだと瞳が小さく見える。お洒落もしたくなれば、好きなファンションや髪型とメガネが合わない!など外見を気にしてコンタクトレンズに変えたいと言う理由も多くなります。

バレエやダンスなどメガネを使いにくいスポーツ時

激しい運動に強いソフトコンタクトレンズ

スポーツをする際にどうしてもメガネを使いにくい場合があります。

比較的激しいスポーツには、メガネの破損による怪我などの心配があります。また、バレエなどは、衣装とメガネが合わない等の理由でメガネを使用したまま舞台に上がることはありませんね。

スポーツ中にメガネが外れたり、落としたりして、コンタクトレンズの方が安全な事もあります。

子供のコンタクト使用は中学生から

コンタクトレンズ使用デビューは、大抵は小学校高学年~中学生が使用を始める目安として一番多い時期です。

習い事やクラブ、部活とスポーツを始める時期にもあたりますし、自分でコンタクトレンズの管理が出来る年齢にもあたります。

性別の違いもあり、見た目重視!と使い捨てコンタクトレンズの普及により、女の子のコンタクトデビュー低年齢化は珍しい事ではなくなりました。

忘れられがちなコンタクトのリスク・コンタクトレンズは『高度管理医療機器』です!

すっかり生活に溶け込んでいるコンタクトレンズですが、使用するお子様も含めコンタクトに対する危機管理意識が低くなっています。コンタクトレンズはペースメーカーや人工呼吸器などと同じ『高度管理医療機器』で、生命や健康に重大な影響を与える恐れがあるため、適切な管理を必要とする医療機器です。

デリケートな角膜に直接装着するので、眼を守るために十分に理解し気をつけなくてはいけません。

子供にコンタクトを使うとき

コンタクトレンズを買うため眼科に通う女の子

子供にコンタクトレンズを使用するにあたり、使用開始の時期に決まった時期があるわけではありません。レンズを使用するには、いくつかのルールがあります。

コンタクトレンズを使いたい!と思っていても、専門医での検診結果によっては、レンズが使えない場合もあります。まず、コンタクトレンズは、メガネの補足として使うと言う事を考えておくべきです。

メガネとは違い、コンタクトレンズとはどんなものかを理解した上で専門医に相談してから使用するようにしましょう。

必ず医師の診断のもとで使用すること

自分の目に合ったコンタクトレンズを選ぶためには、視力を正しく矯正し、正確な視力や涙の量、目の病気の有無や眼球のカーブなどを、眼科医の検査によって確認しましょう。

眼科医が処方し、それに基づきコンタクトレンズを購入しますから、カラコン等は、安易にインターネットやドラッグストアで購入して使わせないように注意しましょう。(注3)

メガネとの併用※眼鏡は必ず用意すること!

子供に限らず、コンタクトレンズを使用する場合、メガネは必需品です。

眼に何だかのトラブルが起きた場合には、コンタクトレンズの使用は出来ません。無理な装着は、症状の悪化に繋がりかねません。
眼に違和感やトラブルがある等、コンタクトレンズがつけられない場合は、メガネを使う様にしましょう。

定期的に検査を受けること!

コンタクトレンズを作るため眼科に訪れた親子

コンタクトレンズを初めて使う場合は、レンズ装着から1週間後に来院し検査を受けます。その後も1ヶ月~3ヶ月毎又は、専門医の指示に従い定期検査を受け、異常のない状態をキープする事が大切です。

度数が合わない等、日頃使っているうちに気になる事などを相談する機会にもなります。

コンタクトレンズの取扱いルールは親子でしっかり理解すること

日常のコンタクトレンズの取り扱い(レンズのケア・取り外し)について、お子様が一人で対処できるかどうか?とても大切なことです。単純に、装着しているレンズが外れたり、ずれたりする事も想定しておかないといけません。そんな時に自分で対応できるのかどうか?が求められます。

普段から保護者と一緒に確認し練習しておくことが必要です。

保護者の管理の下で使用すること

コンタクトレンズを使用する際は、お子様との間でルールを決めて守らせることが大切です。

レンズの長時間の装着は、年齢にかかわらず眼のトラブルの原因に繋がります。

一日あたりの使用時間を決め、必要な時のみ使用させるようにすること。レンズをつけたまま寝るなど無い様に、保護者の管理の下で使用させましょう。

コンタクトレンズの種類と特徴・子供におすすめは?

コンタクトレンズは、19世紀末ごろから使われ始めたもので、当初はガラス製。現在のプラスチック製のものは、1930年以降に出現しました。
眼球に密着(コンタクト)させて目の屈折異常を矯正する小さく、薄いレンズの事を言います。角膜に直接装着して使用する医療器具です。

お子様の場合、専門医に相談し、メガネと併用しながらの1dayがおすすめです。
コンタクトレンズの種類と特徴を紹介します。

耐久性のある硬いハードレンズ

眼科で検査をする視力が悪い女の子

角膜より小さいサイズで水分を含まない、硬いレンズです。
ソフトレンズに比べ、耐久性があるため長期間の利用が可能で安全性も高いと言われています。

視力の矯正に優れていて、その中でも乱視の矯正が可能です。素材が酸素を多く通す酸素透過性ハードコンタクトレンズが主流です。
レンズが硬いため、慣れるまで異物感がありゴミやほこりが入ると痛く、ずれやすく外れやすい難点もあります。

プラスチック製で柔らかいソフトレンズ

ハードタイプとは逆で、水分を含む柔らかいプラスチック製のレンズです。

その名の通りに柔らかく水分を沢山含んでいるため、つけ心地がとても良いレンズです。初めてでも慣れやすく、激しいスポーツも可能で種類が豊富です。
使い捨てとされるレンズは全てソフトレンズです。耐久性が劣る事と、水分を含んでいるため、汚れを取り込みやすく、つけ心地が良いため、眼の傷等に気がつき難い難点があります。
小学生以下、スポーツの為にコンタクトレンズの使用を考えている場合は、ソフトレンズがおすすめです。

1日で交換するタイプ

1dayコンタクトの特徴は、朝装着して夜外して捨てる!と言う清潔さと手軽さを考えられたコンタクトレンズです。
毎日、新しいものに付け替えるので衛生的。レンズを洗浄するなどケアも必要ありません。
レンズ1枚当たりのコストも安いメリットもあります。

2週間で交換するタイプ

その名の通り使用期限が2週間と定められたコンタクトレンズです。
個人差はありますが、一日12時間位の使用を目安にしましょう。レンズを外した後は、洗浄して保存する毎日のケアが必要になります。

子供の瞳にコンタクトを使うときは親と眼科医の管理指導が必須

お子様のコンタクトレンズデビューにあたり、安易に考えるのではなく、使用するお子様も含めコンタクトレンズについて、よく理解しておくことが大切です。

現在の若者の中では、コンタクトレンズはお洒落で手軽な必須アイテムの1つになっています。
しかし、コンタクトレンズはお洒落で手軽なアイテムではなく、『高度管理医療機器』と言う適正な管理を必要とする医療機器です。これらを理解せず使用する事で、コンタクトレンズが原因とされる眼のトラブルが起こります。

角膜に直接装着するため、角膜を傷つけてしまうと失明につながる場合もあります。デリケートな部分に直接装着するので、眼を守るためにレンズを取り扱う場合は十分に気をつけなくてはいけません。

これらの事を良く理解し、専門医と相談した上でお子様のコンタクトレンズ使用の開始時期を決める事がおすすめです。コンタクトレンズの正しい使い方のルールを守りしっかりとマスターし保護者の管理の下、安全に取扱いましょう

結論的には、コンタクトレンズデビューは何歳がベスト!と言う明確な答えはありませんが、お子様とのルールを決めてお子様のコンタクトレンズデビューの希望を叶えてあげて下さい。

おすすめコンテンツ