算数好きになる足し算の教え方

足し算の教え方は?算数好きの子供になる易しい教え方

足し算の教え方により算数を好きになるか嫌いになるかが決まるかも。繰り上がりの教え方は?指を使って計算してもいいの?いつまで指を使ってもいいの?計算が苦手な子への教え方は?子供が分かりやすい教え方を紹介します。興味を引く教え方など、まずは足し算を好きになってもらいましょう。

足し算の教え方は?算数好きの子供になる易しい教え方

算数の基本は足し算から!算数が得意になる子供への教え方

足し算は子供が最初に出会う算数であり、これから長い時間をかけて覚えていくたくさんの数式の元になるものです。だからこそ、嫌いになってもらっては困りますし、苦手意識を持たせるわけにもいきません。

「算数ができる=頭が良い」これは誤解です。頭が良いから算数ができるのではなく、解き方を教わり、解けるようになるのです。
算数に才能は必要ありません。必要なのは何度も繰り返し問題を解いていくことです。

必要なのは何度も繰り返し問題を解いていくこと

子供に問題を解かせたとき、上手く解くことができる子は「知ってる!」と言いませんか?何度も繰り返し演習問題を解くことで解き方を覚え、正解に辿り着く方法を知ったからです。
決して勘やひらめきではありません。もし仮にひらめいたとしても、辿り着く行程が間違っていればそれは正解とは呼べませんよね。
算数は才能よりも繰り返し問題を解くことが重要なので、みんなが同じように理解できます。それなのに、私たちの教え方で子供が算数を嫌いになってしまうこともあるため教えるほうも責任重大ですよね。

どうすれば得意になってくれるのか、自分の教え方は正しいのか、足し算の教え方を一緒に学んでいきましょう。

足し算は算数の基本中の基本!子供に数字を理解してもらう

足し算とは合わせた数を出すことです。そして全ての計算の元になるものであり、もちろん、もうすぐ習い始める引き算の基礎でもあります。

基本は「質より量」です。繰り返し学習してもらいましょう。

繰り返し書いて勉強する

  • まずは数字を綺麗に書けるようにしましょう
  • 10までの数の順番を理解してもらいましょう。1の次は2、2の次は3と、数字の意味や順番を理解してもらってください
  • 10までの数の集まりを見ただけで理解できるようにしましょう。「○○○○○→5」などです。
  • 数と数の関係を表すことができるようにしましょう。「3→○○○」などですね。

ここまでをまずきちんと理解するとスムーズに足し算に入ることができます。

最初にならう理由は足し算が計算の元になっているから

とっつきやすいこと、○(丸)などを用いることで視覚的に理解させやすいこと、単純なので発展させやすいことなどが大きな理由ですが、何より最大の理由は全ての計算の元になるからではないでしょうか。足し算を習得しないまま次に進むことはできませんね。

足し算は考え方がシンプルなので、計算方法にアレンジやコツが必要ありません。特に10までの足し算は、道具を使ったり指を使ったり、ときには自分たち一人一人をコマに見立てて10人までの集まりを作ったり、絵に描いてみたりと体をフルに使って習得させることができるので、数についての感覚を豊かにすることもできます。

お家で足し算を教えるときの注意点

計算方法や理論など難しいことは学校で先生が上手に教えてくれます。私たちは、教わってきたことをしっかり覚えてもらえるように、繰り返し学習できる環境を作るサポーターに徹してあげたいですね。

家庭ではあくまでも楽しく習得する

家庭ではあくまでも楽しくサポートしてあげる

学校で新しいことを教わるとき、子供の頭の中は「理解できるかな」「難しいな」「覚えられるかな」と不安で一杯ではないでしょうか。
新しく足し算を習って、学校では解けていても家に帰ってきて同じように解けるかというと、まだまだ覚えたばかりで忘れていることもあるでしょうし、上手く解けないこともあるでしょう。それに私たちが思っているよりもたくさんの時間がかかるかもしれません。

そんなとき注意したいこと。ミスをしても怒らないことはとても重要です。正しい答えは1つしかありませんが間違った答えは考え方の数だけあります。
大事なのは正しい答えが出せなかったことではなく、なぜその答えが出たかということです。その原因を突き止めなければ、どれだけ叱ったとしても子供は計算を理解することは出来ません。

子供は叱られたことで萎縮して苦手意識を持つこともあります。大人だって同じだと思いますが、分からない物には苦手意識を持ってしまいますよね。こんな悪循環じゃ算数を好きになることは難しくなってしまいます。

何度も復習をして計算力を磨く

何度も繰り返し問題を解く

最近は単純計算を軽視する風潮があるようです。一通り計算を教えるとすぐに応用問題に移行することが多いです。

ここでママに質問です。これまでにスポーツをしたことはありますか?
スポーツはテクニックも重要ですがそれよりも体力が必要だと感じませんか?

スポーツを算数だとします。すると、スポーツでいうところの体力の部分は算数でいうところの計算力です。
スポーツに体力が必要なように、算数には計算力が必要です。最終的には早く正確に解けるようになって欲しいのですが、最初は考え方が合っていれば計算ミスが多少あっても大丈夫です。
計算ミスは数をこなすことでだんだんと減ってきます

今は予習よりも復習が大事なときです。何度も何度も繰り返し計算することで計算力を磨き、ここまでに習ったことを完全に出来るようにしておきましょう。

女の子の育て方は難しい?共感できる同性ならではの子育て
女の子の育て方は難しい?共感できる同性ならではの子育て
女の子を育てるときは、男の子と比べるとどのような違いがあり、どのような点に注意するべきなのでしょうか。また、同性の先輩としてママができること等についても説明します。

数の合成と分解の理解を導く

10までの数の合成と分解を完璧に覚えることで、繰り上がりの計算にもスムーズに移行することができます。
最初は5の数の合成と分解から始めると分かりやすいかもしれません。

5を1と4や、2と3、3と2や、4と1を合わせた数と見ることを5の合成と言います。
逆に5を1と4や、2と3、3と2や、4と1に分けて見ることを5の分解と言います。
5の合成と分解ができるようになったら次は6の合成と分解、その次は7の合成と分解と順に進めていき、最後に10の分解と合成ができるようになれば完成です。

繰り上がりのない足し算から繰り上がりまで!足し算ステップ

私たちが1桁の足し算を暗算で完璧に出来るのは、何十年も足し算に触れてきたからです。初めて足し算を習った子供とは年季が違います。
子供たちはまだまだ足し算の初心者。時々間違えながらだんだんと出来るようになりますので、算数への興味を養ったり、楽しいと思ってもらえる環境作りから始めてみましょう。

1.最初は積み木を使って

最初は積み木を使って

視覚に訴えることは足し算だけでなく、色々なことを覚えることに役立ちます。
簡単な問題から始めましょう。まずは1+1や1+2からがいいですね。

1つ積み木を取って、手元に置いてもらいましょう。次に、もう1つ積み木を持ってきて手元に置いてもらいます。手元には積み木が2つになりますね。これが1+1なんだということを教えてあげてください。

同じように1+2や2+3など、実際に積み木を動かして答えを出す練習をします。慣れるまでは、合計が5までの数で繰り返すといいでしょう。
慣れてきたようであれば問題を出して、一人で積み木を使って答えてもらいます。正解したら大げさなくらい誉めてあげてください。

大事なのは叱られながら泣きながらやった経験ではなく、成功の経験です。誉められた喜びは次のステップに進むエネルギーになります。

2.ゲーム感覚で計算になれよう

勉強よりも遊びの感覚で行う方が子供の集中力も持続します。おすすめは、トランプやさいころを使ったゲームです。

トランプは、まずじゃんけんで先攻と後攻を決めます。後攻の人が出題し、先攻の人から答えてもらいましょう。
まず後攻の人がトランプの山の中から2枚カードを取ります。そしてその2枚のカードの合計を先攻の人が答えるゲームです。正解は1点、間違えると0点で、答えたら先攻と後攻を入れ替えて今度は先攻の人が問題を出して後攻の人が答えます。

何回か繰り返して得点の高い方が勝ちになりますが、大人と子供が対戦するときは、色々とルールに工夫をして大人にハンデをつけましょう。
我が家では、子供が答えるときは1~5までのカードの山から出題し、大人が答えるときは6~13のカードの山から出題、しかも大人は制限時間1秒にしています。
その他にも大人はカードを3枚使うとか、色んなアレンジを楽しんでみてください。

サイコロ

サイコロも同様に2個のサイコロを振って合計を答えます。子供が答えるときは1個ずつサイコロを振り、大人が答えるときは2個同時に振る、計算が得意な人なら3個同時に振る、制限時間も忘れずにつけることで結構盛り上がります。

このゲームは引き算にも応用できますよ。

3.スピードプラスのタイムトライアルで足し算力を鍛える

今度は子供にも制限時間内で答えてもらいましょう。「1足す2は?」と出題すると答えられなくても「1と2を合わせていくつ?」など出題の仕方を変えてみると答えられる子もいます。足し算が出来ることと+(プラス)の概念を理解することはまた少し意味が違います。理解できない子もたくさんいるので初めは問題ありません。

出題し、手拍子を3回する間に答える。3回では答えられないようであれば5回から始めてもいいと思います。最初は子供が手拍子に焦って上手く答えられなかったりしますが、時間切れは悔しいらしく「もう1回!」とせがんできますよ。
まだ時計を上手く利用できる年齢ではありませんので「長い針がここにくるまで」とか砂時計を利用するなど、目で時間の進み具合が確認できるようにしてあげると良いですね。

繰り上がりのある足し算のコツ

さくらんぼ計算

繰り上がりはひっ算に進むためには必ずクリアする必要があります。ただし、つまずきやすいところでもあり、苦手意識を持つ子が多いところでもあります。間違えても叱らず、解ける喜び=楽しいという気持ちが持てるようにしたいですね。

繰り上がりに必要なのは10までの数の合成と分解です。10のまとまりを作るために、学校によっては「さくらんぼ計算」で教えているところも多いようですね。
さくらんぼ計算とは、例えば「6+8=」という式があったとき10のまとまりを作りやすくするため「6+4+4=」というように後ろの数を2つに分ける計算の仕方です。
「8+9=」であれば「8+2+7=」ですね。この場合は「10+7=」になり答えが17となります。

10までの数の合成と分解が完全に理解できている子は、さくらんぼ計算を利用することで繰り上がりを計算しやすくなりますが、10までの数の合成と分解を完全に理解出来ていない子はさくらんぼ計算で混乱することもあります。
そんなときは、更に視覚に訴えるために数字ではなく物を使ってやってみましょう。

10個きっちりと物が入る箱(10個までしか物が入らない箱が望ましい)を用意します。そこに詰める物(お菓子や飴、おはじきやボタンなど)を18個用意します。そして、箱のふたには「10」と書いておいてください。
ここでは8+5で考えてみましょう。
先に8個を箱に詰めます。10個入りの箱にするために、あと何個詰めればいいのか考えてもらいます。
その結果子供が2つ物を箱に詰めますね?そしたら箱のふたを閉じます。(10個のかたまりができましたね)箱の外には、箱に入らなかった物が3つ残っていると思います。これで10のかたまりが1つと残りが3で答えは13になると導き出すことが出来ました。

コツは箱に詰めるときに、親が正解に誘導せず子供に考えさせることだけです。現物を使って計算することに慣れたら、また数字を使った計算に戻しましょう。
10までの数の合成と分解は、例えば親が4と言えば子供が6と答え、親が7と言えば子供が3と答えるなど、ひたすら10を作っていくことをゲーム感覚でやると、だんだん出来るようになります。

足し算が苦手な子への教え方

足し算が苦手な子に「どこが分からない?(苦手?)」と聞いてみてください。どこが分からないかがまず分からないことが多いと思います。

苦手な子には簡単な事を繰り返し教える

足し算が分からない子は

  • 数字が書けない。数字の意味が分からない。
  • 10までの数の順番、順序が分からない。1の次は2、2の次は3だということが理解できない。
  • 10までの数の集まりが分からない。「○○○○○→ご→5」「○○○→さん→3」が理解できない。
  • 数と数の関係を表すことができない。「3→さん→○○○」「2→に→○○」が分からない。
  • +(プラス)の概念→足すであり、合わせる、一緒にする、増える、もらう、来る、買うなどがよく分からない。

だいたいこの5つのうちのどれかが原因で足し算が分からなくなっています。
まず、どこでつまずいているのか色々な問題や質問で明らかにして下さい。分からない部分が分かればその部分を理解してもらうだけです。
ここで苦手意識を持ってしまうと、これから先の算数、数学とずっと苦手な学問になってしまいます。

大切なのは出来るところまでを徹底的に繰り返し学習させること、子供にとって出来ること=簡単なことを少しずつ増やしていくことです。

嫌がる子には物を使って教える

嫌がる子には物を使って教える

分からないことを覚えることは大人だって大変です。まして子供は集中力が持続する時間も限られています。子供が悪いことをしたときに長々とお説教してもほとんど聞いてくれませんよね。集中力が切れているからなんです。
反対に、好きなことをさせてみてください。いつまでもやっていませんか?やめなさいと言ってもやめない子もいるのではないでしょうか。

苦手だから嫌がる。何で苦手なのかは「分からないから」かもしれませんし、もしかしたら「間違えたら叱られるから」って子もいるかもしれません。
では、これが子供にとって楽しいことなら?子供は喜んでやってくれるでしょう。

子供が勉強しない時に親ができる適切な対応・アドバイス
子供が勉強しない時に親ができる適切な対応・アドバイス
子供が勉強しないことを嘆くママパパは少なくありません。子供が勉強したくないと言う気持ちを理解しつつも、意欲をかき立てる方法や勉強に興味を持たせる方法について探っていきます。

最初は物を使って下さい。いきなり数字と向かい合わせるよりとっつきやすいはずです。 まずは5までの数の合成と分解から始めます。出来るようになったら10までの数の合成と分解をしましょう。出来るだけ簡単なことから始めて「出来る」を積み重ねてください。自信をつけさせてあげましょう。

数字があらわす『数』を覚えるトレーニング

子供と一緒にお風呂に入ったとき上がる前に10数えたり、階段を数えながら上ったり下りたり、エレベーターの回数の表示を見ながら子供と数を数えたり。私たちが普段何気なく行っていることで子供は1~10までの数字の順番を覚えたりします。
数字の順序のトレーニングをしようとか、数字の順番を暗記させようと力んでいたわけでもないのに不思議ですよね。

同じように、数字の読み方や意味も出来る限り楽しみながら覚えるようにしたいですね。童謡で「すうじのうた」っていうのがあるのですが、聞いたことはありませんか?1を煙突に見立てたり2をガチョウに見立てる歌です。
この歌のように数字を何かに見立てたり一緒に歌を歌うのも楽しいかもしれません。

また「ドッツカード」というものがあるのを知っていますか?数字の意味を覚えるだけなら10までの数のカードがあれば十分なので手作りでもいいと思います。

厚紙をトランプくらいの大きさに切って片面に丸いシールを貼ります。反対側の面には丸の数の数字を書いてください。例えば、5の裏側は○○○○○です。
1~10の数字をランダムに読み上げながら○の面を見せることで子供の頭の中では「いちは○」「には○○」というように認識をします。

後半は1~10の数字をランダムに読み上げながら数字が書いてある面を見せてください。そうすることで「いちは1」「には2」というように認識をしてくれます。数字を理解するまで続けるようにしましょう。

指で足し算はいけないの?

最初のうちは指を折って計算している子が多いですね。でもこれって続けていいのでしょうか。物事には必ずメリットとデメリットが存在します。
指を使って計算をすることのメリット、デメリットを正しく理解して、あなたの子供は指を使った方がいいのか、指を使わせないのか判断してあげてください。

指で足し算のつらいところ

まず初めにデメリットを紹介します。どちらもすぐに思いつくデメリットですが、案外致命的なデメリットです。

片手で5、手の合計10、足指合わせても20が限界

指で足し算のつらいところ

家でなら足の指までフル活用できますが、靴下を履いて上履きを履いている学校では、なかなか足の指までフル活用して計算することができません。でもどうにか足の指まで使っても最大20までしか計算できないのはすごく不便ですね。

次に7+8を指で計算してみましょう。パーにした手から1本ずつ指を折って数を数えますか?それともグーにした指から1本ずつ指を伸ばして数を数えますか?
5を過ぎて折り返すとき、7と8を作った手の形はどうなっていますか?2にも3にも見えませんか?
同じように2や3を作ったつもりでも、パーから1本ずつ指を折って数を数えていると不思議なことに7や8と同じ形になってしまいますね。

解く問題が1~2問であれば指でも混乱せずに計算できそうですが、10~20問となると、後半は集中力も切れて、どっちの数を作りたかったのか分からなくなることだってあります。3と7などを勘違いしたまま計算すると、もちろん問題の正しい答えには辿り着けませんね。

計算が遅い

問題を見ます。鉛筆を机に置きます。数を数えながら元になる数を指で作ります。次に足す数を元の数に数えながら合わせていきます。
完成した指の形を見て数え直して数を確認します。答えが分かるとまた鉛筆を持ち直して記入します。

かなり時間がかかりますね。スムーズに進んでもこれだけの行程が必要なのですが、途中でどこまで数えたか分からなくなったりすると更に時間がかかることもあります。

指で計算の良いところ

次はメリットです。一生懸命指を折って計算している姿を見るのはとてもかわいくて癒されますよね。指を使うことで計算が視覚化されるので分かりやすいのではないでしょうか。

指は天然のそろばんみたいなもの

私たちは簡単な計算であれば頭の中で暗算をします。でも足し算を習い始めたばかりの子供はなかなか頭の中だけで計算を完結させることができません。だから、指と言う道具を使おうとします。
何といっても持ち運びが便利で片付けの手間もいりません。それに指を使うことで脳に刺激を与えることもできます。

何より10までの計算が暗算に比べると確実にできるというメリットもあります。

足し算を始めたばかりの幼児~小学校1年生前半ならOK

足し算を始めたばかりの幼児~小学校1年生前半なら指でもOK

指を使って計算することは、子供にとっては計算を上手にするための知恵です。指という道具を使うことで正しい答えを出そうとしているのです。
暗算に移行することはもちろん大事なことですが、暗算を強制すると子供は時々とんでもないことをします。

私の子供は指を使うことを禁止すると、計算式と答えを暗記していた時期がありました。指を使わなくてもできるようになったと喜んでいたらただの丸暗記で、結局指を使うところからやりなおしたことがあります。ちなみにこの子はひらがなを読むのも苦手だったので、国語の教科書を音読させると読めてないのに丸暗記してやりすごしていたこともあります。

すごい記憶力ですが理解とはかけ離れたところにいるのであれば、引き戻すのも親の仕事です。
やり過ごすことより指を使ってでも計算させることが重要です。

計算に慣れれば指を使わなくなる?

結果から言うと使わなくなります。指を使うということは10までの数の分解と合成が完全に理解できていないということです。もしくは理解はできていても瞬時に処理することができていない状態です。
また指を使うことで数字を視覚化しているだけなのです。

10までの数の分解と合成は、基礎になる問題を繰り返し解かせることで必ず身につきます。一度10までの数の分解と合成が身に付くと頭の中で必ず処理できるようになります。
頭の中で出来るようになれば、わざわざ指を使って計算しなくてもよくなります。

また、例えば5+2が本当に7になるのか目で確かめて安心しているような場合もあります。いずれにしても基礎の問題の積み重ねで必ず解決します。

矯正するならいつ

無理に矯正する必要はありません。大人になっても指で計算をしている人は一定数おられるようです。大学に行かれている方、経理の仕事をされている方など決して計算ができないわけではないのですが、指で確認してしまうという話を見聞きしました。

矯正したい理由は何ですか?と聞いたとき「みっともない」と答える方もおられるようですが、指を使って一生懸命問題を解くことを禁止したことで、全く問題が解けなくなってしまうことはどう思われるのでしょうか。

ただ矯正するのではなく徹底的に基礎問題を反復させること10までの数の分解と合成を完璧に習得させることが矯正には何より重要なことです。

指を使わせないようにするのであれば「指がなくても十分正しく問題が解ける」と子供がしっかり自信を持ってから、親はその自信を育んでからにしましょう。

足し算を好きになってもらうミニコラム

足し算を好きになってもらうグッズ

この記事を執筆するにあたって同時進行で足し算がとてつもなく苦手な私の子供に、記事の中でお勧めしたゲームを全部やってみました。
その結果、我が家には派手にデコレーションされた10の箱が3つ出来ました。
箱を作るところから子供と一緒にやってみた結果です。

きっちり10個入るように作ったはずなのに、頑張って11個入れてふたが閉まらなくなったり、10個入ってなかったり、繰り上がりをさせないために箱を隠してしまったりとなかなかの脱線具合となりましたが、足し算嫌いの子供の口から「楽しい」という言葉が出たことと10の数の分解と合成ができるようになったことは大きな進歩だと思っています。何より「出来た!」「分かった!」が聞けたことで満足しそうな自分がいます。

時々「うちの子は1年生なのにもう掛け算ができる」とかいう話を耳にして焦ってしまいますが、何も気にしなくていいんです。
今は基礎を固める時期です。理解できないところを残したまま先に進んでも子供は混乱するだけです。
先取りよりも解ける問題を繰り返し解くことが何より重要です。

好きな(得意な)単位を探そう

勉強が楽しい子だけが知っている【勉強が楽しくなるコツ】
勉強が楽しい子だけが知っている【勉強が楽しくなるコツ】
「勉強は楽しいですか?」と聞かれれば、大体の子供は首を横に振るのではないでしょうか?何故勉強はつまらないものになってしまったのでしょう?たのしく勉強をすすめるために、必要なことを解説します。

学校で使う算数のセットの中におはじきが入っています。このおはじきはとても優秀なんですがこれを使っても足し算ができないという話をよく聞きます。

私の周りにも何人かいるのですが、不思議なことにお金だと結構大きな金額でも計算できてしまう子がいます。そこで、いつでも練習できるようにとその子のママがおもちゃのお金を買ってきたんですが、それだと計算出来ない。お金には魔力があると聞いたことがありますが、こういう意味?首を傾げてしまいます。

また、飴を使って計算し「答えが正解だったらあげる」と約束すると無類の計算能力を発揮できる子も知っています。
一方私の子供はその頃、祖父宅の金魚をおはじきに見立てようとして、どれがどの金魚か分からなくなってしまい癇癪を起こしていました。

子供のモチベーションはすごいなと思います。うまく誘導してあげられたらすごい力を発揮してくれます。小難しい勉強はこの際先生にお任せして、自分の子供が何に対してなら興味を持ってくれるのかを改めて探してみる心の余裕も必要ですよね。

親子で楽しむ心の余裕を持ちましょう

いい点数をとれて嬉しいこども

足し算だけに限ったことではないのですが、出来ることや出来ることで誉めてもらえることは楽しい記憶になり、やる気に繋がります。
特に、子供のころはお父さんやお母さんに誉められることが何より嬉しかったり、100点のテストを見て喜んでくれるその顔が見たくて頑張ったことがある人は多いと思います。

足し算は苦手でも、国語は得意かもしれない。じゃあ足し算を休憩して漢字の練習をしてもいいと思います。気が向いたらまた足し算にチャレンジすればいいんです。
理解させることも重要ですが嫌いにさせないことが最重要です。

誉めておだててやる気を引き出す。きめ細かなケアはおうちの人の仕事です。かっこいい姿を引き出して、たくさんたくさん誉めてあげてくださいね。

おすすめコンテンツ