3歳児健診で発達具合を見る

3歳児健診でわかること・診察内容と発達具合のチェック

3歳児健診では体の発達だけでなく心の発達もチェックします。コミュニケーションを通じた言葉の発達や社会性の発達から成長を確認するのが3歳児健診の目的です。また子供の発達だけでなく子育てが初めてのママには嬉しい育児の悩みも解決してくれます。具体的な検査内容を確認しましょう!

3歳児健診でわかること・診察内容と発達具合のチェック

3歳児健診で発達具合の何を見る?健診内容とチェック項目

3歳児健診とは、3歳0ヶ月から4歳未満の幼児が無料で受けられる健診で、母子健康法により各自治体で行うよう義務付けられている【3歳児健康診査】のことです。
内容は、問診、身体測定や内科診察、保健指導などで、お母さんの育児の悩みや栄養相談に乗ることも目的としています。

子供が3歳ともなると、赤ちゃんから一気に子供らしくなりますよね。活発な子、大人しい子、全然おしゃべりしない子、大好きなタオルを手放せない子…ひとりひとりが違った個性や発育を見せてくるため、傍で発達を見守る親にはこれまでの育児とはまた違った不安や心配が生じて来たり、一方でめまぐるしい毎日、孤独な子育てとの戦いでノイローゼ気味になってしまう人もいます。
定期健診は子供の心身の健康を管理するだけでなく、親のメンタル面での健康も守るために実施されますので、この場を上手く活用し、徹底的に相談してストレスを軽減したり、不安に感じることにアドバイスをしてもらいましょう。

集団健診を受けたくない!

3歳児健診の準備をする親子

母子健康法による健診時期は1年間と開きがありますが、各自治体では1年間のうちでも若干健診対象となる月齢が異なることに加え集団健診はあらかじめ日程が決まっているため、当日や予備日の体調不良や引っ越しなどといった事情が3歳児健診のタイミングと重なってしまうなどすると、上手い具合に健診を受けられないこともあります。

ですが、乳幼児定期健診のなかでも3歳の健診では、とくに子供の身体面精神面に問題を早期発見し適切な措置を行うために、心身の健康上に問題がないかをチェックする『国が定める健康管理』といった目的があります。

中には1歳半健診でなんらかの嫌な思いをしたために集団健診にいきたくないと考える人もいますが、そういった場合でも健診は必要です。健診の通知や問い合わせをただ無視するのでは、疑いの目で見られてしまうことにもなりますので、地域の保健師やかかりつけの小児科医で健診を受けられるかを相談してみましょう。

3歳児健診での診察内容

3歳児期は身体能力も精神的にも大きな成長を感じる時期ですが、発育の個人差よりも、個性の違いが目立ってくるために、その子その子で不安や疑問がわいてくるのは3歳の子育てならではです。
また、いつもは気になっていなかったことが、お医者さんが今まで見てきた他の子と比べて見ると、「あれ?」と違和感を感じる部分であることも。

そんな中、発育や病気の有無の指針となるこの時期の健診はとても大事なものなのです。健診内容からどのようなチェックをしていくのかを見ていきましょう。

自宅で事前準備があることも

自治体によって違いはありますが、事前に行う準備が必要な場合もあります。そのときは事前に問診票の記入、視力検査キット・聴力検査キット・尿検査キットなど必要なものが送られてくる場合があります。
尿検査など失敗してしまったり、緊張などでうまく出来なかった場合もあります。そのときは提出の際に伝えると後日の提出を案内してもらえたりするので安心してください。

身体測定

まずは身長・体重・胸囲や頭囲の測定をします。もっとも成長が目に見えやすい数値ですよね。
3歳児の平均身長と体重は、女の子の場合96.7cm/14.3kgで、男の子の場合は、96.3cm/14.9kg。

これより体重が軽い・重いときは、栄養指導や栄養管理が必要かも知れないので、お医者さんに相談してみると良いかも知れません。

問診

3歳児健診の問診を担当する医師

問診は、子供本人と親に対して行われます。問診では、子供の身体的な発達、精神的な発達、知能などを総合的に見ていきます。

運動能力を確認チェック!

運動面でも、ボールをキャッチ出来たり、その場ジャンプなども出来るようになり、とても活発になります。片足だけで3秒程度立っていられるかどうか・交互に足を出し階段を登れるかどうか・30cm程度の高さからジャンプして着地できるかなど一定の運動能力を確認していきます。

言葉の発達状況をチェック!

3歳頃になると、自分の名前や年齢を言えるようになったり、大人の質問を理解して答えたり出来るようになります。
自分の名前と年齢を聞かれたあとには、遊びながらおもちゃの色や大きさの質問に答えられるかを見ていきます。これらでは、日常会話を理解できているのか、二語文が話せるかを見ています。

子供によっては見知らぬ環境で見知らぬ医者に聞かれても上手く答えられない…ということも多々。一回目上手くできなくても、時間をおきもう一度チェックしたり、普段の様子を聞くことで総合的に子供の成長を判断します。

社会適応能力を確認

日常生活の質問では精神面の成長も確認します。
家ではひとりで食事ができるか、ボタンのついた服をひとりで着脱できるか、お絵かきをするか、丸と四角を描けるかなどが聞かれます。

3歳ともなると手先もかなり器用になり、色鉛筆やクレヨンを使って顔を描いてみたり、ハサミを使えるようになります。
ですが、普段あまりに過保護にしているのならこれらの質問から実態が垣間見えてしまうことも…!一般的に適度に正しい躾がなされているなら、2歳のときと比べると食べこぼしやわがままはあまり見られません。

同年代の友達と遊んでいるかの確認をして協調性を確認することも。
友達関係ではママと遊ぶときのようなワガママは子供なりに控え、友達のことを考えながら遊べるようになります。極端に出来ない場合は発達が少し遅いかな?と判断されます。
が、我儘は発達異常ではありませんので、基本的には3歳では他者を不自然に避けるなどかかわりに極端な違和感がなければOKです。

視力・聴覚チェック

赤ちゃんの視覚と聴覚を確かめる医師

視覚検査の重要性

視力検査は、大人がするものと同じで2.5m離れた所からの検査と、絵が描かれたカードを少し離れた所から見せて、描かれたイラストが分かるかを見る立体視検査、斜視の有無を見たり人形などを顔に近づけたり遠ざけたりして、目の向き動きが集中し安定しているかを見る眼位検査があります。

生まれたばかりの赤ちゃんの視力はぼんやりとしていますが、以降視力はどんどん上がり、2~3歳では視力は7~8割完成する勢いで発達します。5~6歳頃には眼球は大人と同じ程度の大きさになり視力も1.0~1.2程度に達するのだそう。つまり、小学校迄にはほぼ視力の発達は終わるということが出来るため、視力の異常にはできるだけ早期に発見し視力発達を促す矯正などの必要措置を施す必要があります。このため、3歳児健診での視力検査は非常に大切なのです。

聴覚検査と発見出来る病気

聴覚検査も行います。事前に各自で検査を行う場合は、それを元にお医者さんが診察します。
乳幼児期はおたふくや中耳炎など難聴のリスクがある病気が身近にあります。中耳炎やおたふくによる難聴を早期に発見するためにも、しっかり行いましょう。
子供は周りの音や声からもたくさんの刺激を受け学ぶために、難聴になってしまうと言葉の発達やコミュニケーション能力にも影響を及ぼします。

おたふく中耳炎は、慢性化してしまうと難聴になる可能性が高くなります。各家庭でも、鼻詰まりなどが気になったときには早めに受診するようにしましょう。

全身の確認

聴診や触診にて子供の全身の健康状態をチェックしていきます。

聴診で心音や呼吸音をチェックし、お腹の部分も触診しへそヘルニアなどの異常の有無を確認します。
湿疹や感染症などの皮膚の状態異常の他、骨格の変形がないかも見ていきます。手足の確認では、O脚かX脚の傾向もチェックされます。通常、O脚X脚は痛みがなく歩行に問題が無いものがほとんどで、どちらかの傾向があるケースも珍しくありませんが中には治療が必要なO脚X脚もあります。

これらの大きな異常の大半はこれまでの乳幼児健診でもチェックし何らかの問題があればほとんどが発見されている可能性は高いものの、2~3歳頃に認められる変化の有無を確認することは大切なことです。

3歳児の遊び方!子供の好奇心をつつく遊びで心と体を育てる
3歳児の遊び方!子供の好奇心をつつく遊びで心と体を育てる
好奇心が強いけど飽きやすい3歳児の心と体の発達にピッタリな遊び方は?体を動かし、脳を鍛え、感受性や芸術センスを磨いていく、好奇心のカタマリ3歳児の興味を引きつける遊び方を探しましょう!

歯科健診

3歳児健診では歯科健診も行います。歯を1本1本確認しながら、虫歯の有無や処置歯か未処置歯かを記録したり、普段のデンタルケアなど日常的な歯科指導があります。後日歯科医院でのフッ素の塗布を行ってくれる自治体も。

普段の生活で必要な習慣

挨拶や歯磨き、食事を残さないといった行動は3歳頃までに、習慣化しておくと4歳以降の学びに向かう力が高まります。厳しく躾けるのではなく、多少の我慢ができる、親や保育士の話が聞ける、挨拶やお返事、後片付けをする…など年齢に応じた言動ができるように誘導してあげましょう。

3歳では保育園に入っている子も多くいますが、こういった躾は園に丸投げするのではなく日々家庭でも対応して行かないとなかなか身につきません。

発達障害の可能性。平均的な発達状況は?

ママを見つめる3歳の女の子

どんどん子供たちが個性的になる3歳。発達や成長の度合いは本人の性格も関与するところもありますが、遅く感じたときには「大丈夫かしら…」と漠然に発達障害の不安を抱えてしまうこともあるでしょう。

ただし、成長は子供それぞれで違うものなので不要な心配をしすぎるのは良くありません。平均的な発達の傾向から若干の遅れが気になるときは、不安を抱えっぱなしでいるのではなく意思や保健師さんに相談するようにしましょう。

3歳児の発達状況

3歳になれば、ほとんどの子が卒乳・断乳を終え、食事での栄養補給が出来るようになります。フォークやスプーンから、お箸も使えるように少しずつ慣らしていく時期です。
前にも触れたとおり、身長や体重は平均的に96cm/14kg前後、手先も少し器用になり、折り紙が折れるようになったり、お絵かきも上手に出来るようになります。
感情が豊かになり、イヤイヤ期が続いている子も居ますが、お友達と遊ぶときのルールなども理解できるようになるので、仲良くおもちゃを貸し合うことも出来るようになります。

イヤイヤ期はないとダメ?第一次反抗期と子供の心の成長
イヤイヤ期はないとダメ?第一次反抗期と子供の心の成長
イヤイヤ期がないのは大丈夫?イヤイヤ期がないと発達に問題、思春期に反動が来る…など心配な噂を聞くこともしばしば。イヤイヤ期がこない理由と、イヤイヤ期がなかった子がどう成長したか、体験談を紹介。

3歳児健診で確認できる発達障害

3歳児健診を終え帰路につく親子

発達障害には知的障害を伴うもの、知的障害は伴わないが社会性を身につけるまでに困難を伴うものなどがあります。
ダウン症など染色体異常と違い、発達障害は子供が1~3歳を過ぎてから診断されるケースがほとんど。3歳よりも前からも症状が出ていても、もともと1~3歳頃は成長度合いのばらつきが大きい年齢でもあるため、それまでは個性の範疇と見誤られることもあります。そのため、どんな子でもある程度のことができるようになる3歳児健診で疑いが濃くなって今後の対応を決めていく…と言うケースは多くあります。

発達障害には、大きく『広汎性発達障害』『注意欠陥・多動性障害(ADHD)』『学習障害(LD)』の3種類に分けられ、いずれも低年齢のうちにその症状が発現する脳機能の障害と定義され、詳しい原因は明らかではありません。

広汎性発達障害/自閉症

広汎性発達障害自体は小児自閉症、アスペルガー症候群、小児期崩壊性障害、レット症候群を含みます。このうちレット症候群以外は自閉症スペクトラムとも呼ばれます。

知的障害のない発達障害であり、コミュニケーションや感情などの表現が苦手で、他人と楽しみなどを共有できないのが特徴です。自分がどのように行動するか、どちらから動かすかなどの順番にこだわりを持ち、それが実行できないとパニックになってしまいます。
原因はまた不明で、親のしつけや生活環境等によるものではなく遺伝子が原因の脳機能障害と考えられています。

注意欠陥・多動性障害(ADHD)

他に、注意欠陥多動性障害(ADHD)も他の障害を併せ持っている可能性もあるものの、それ自体は知的障害のない発達障害で不注意・多動性・衝動性などの特徴があります。この障害の原因も詳しくは不明ですが、遺伝子が原因の先天性の脳機能障害と言われます。

詳しい症状としては、「不注意」は忘れ物・ミスが多い・集中力が無い、「多動性」は整理整頓ができない・授業中などでもジッとしていられない、「衝動性」は急に叫んだり走り出すといった特徴があります。

忘れ物が多い子供がすぐ忘れてしまう理由&忘れんぼう対策
忘れ物が多い子供がすぐ忘れてしまう理由&忘れんぼう対策
子供はなぜ忘れ物が多いのか、その原因と忘れ物が多い子供の共通点、子供の忘れ物を減らすために有効な忘れ物対策をご紹介します!ADHDが忘れ物が多い原因である可能性を含めその場合の対処方法についても解説。

3歳児健診の診察は緊張しすぎないのがコツ

生まれたばかりの頃の乳児健診では、もちろん我が子が問題なく順調に大きくなっているかも多少は心配ですが、どれくらい成長したかな?と楽しみな気持ちをもって行く人は少なくありませんが、1歳半健診から1年以上空いた3歳児健診では、病気や障害がないかもテストするので親も少しだけ身構えてしまうこともあるようです。

ですが、3歳児健診は問題の早期発見が目的でもあります。3歳の今、治療や措置を開始することで、矯正や回復の余地が見えてくるものは少なくありませんし、問題が無い場合でも自分の素人判断と専門家の診察では安心レベルが違いますね!
いろいろなテストで子供の発育を見るのですから、大人はつい身構えてしまいますが、ママが身構えてしまっては子供も緊張してしまいます。専門医や保健師さんは子供には遊びのような感覚で接しようとしますので、あまり緊張せずにリラックスして挑むと良いかもしれませんね。

おすすめコンテンツ